白蓮グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白蓮グループ(びゃくれんグループ)は、創価学会女子部に所属する24歳以下の未婚女性会員を中心に構成されているグループ。

概要[編集]

創価学会の歴史と理念を学び、大きな会合の運営に携わっている。会合が開催される際には、会館内での受付や場内整理などを行っている。仏道修行として、無償で活動している。シンボルカラーは若草色で、着任時は、若草色の制服を着用する。

訓示[編集]

白蓮グループ指針

泥沼にあって、しかも汚れることなく清らかに咲く花「白蓮華」(びゃくれんげ)

役職[編集]

委員長、副委員長、書記長

備考[編集]

  • 今までに、制服は数回変わっている。
  • 白蓮グループの女性のほとんどが仕事を持っているのが現状である。
  • かつては恋愛禁止などの規則があったが、今は規則はゆるやかになった。
  • 香城会は、婦人部で構成されているグループであり、日中に創価学会本部幹部会衛星中継行事が開催される際、駐車場の整理や入場案内などの会合運営をおこなっている。

関連項目[編集]