宮本顕治宅盗聴事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮本顕治宅盗聴事件(みやもとけんじたくとうちょうじけん)とは、日本共産党委員長であった宮本顕治宅の電話盗聴されていた事件。

概要[編集]

1970年、自宅(杉並区在住当時。なおこの自宅は都道整備による立ち退きの対象となったため東京都多摩市に移転している)の電話回線が創価学会の学生部幹部数名により盗聴されるという事件の被害にあった。この事件は当時の創価学会の顧問弁護士山崎正友が主導したものであった(後に同事件を根拠に創価学会を恐喝し、実刑判決を受けた[1])。

山崎自らが、盗聴事件の実行犯は自らを含めた複数の創価学会幹部であることを週刊誌にて告白した1980年に、宮本は特定の個人は不明としながらも、宗教法人としての創価学会に対して、盗聴被害の損害賠償を求める民事訴訟を起こした。1988年東京高等裁判所での控訴審の判決後、学会側が最高裁判所への上告を取り下げたことにより、創価学会側の敗訴が確定した[2]。一方で、山崎が創価学会の機関紙「創価新報」等で報じられた自身に関する記事が名誉を棄損するとして創価学会を訴えた裁判では、2009年(平成21年)1月28日、東京地方裁判所は判決で盗聴事件は山崎の独断で行われたと認定され、宮本委員長が原告の裁判で教団の関与が認定された判決と異なる判断が出た。

2004年に発生したYahoo! BB顧客情報漏洩事件では当事件の判決文で実行犯として挙がった創価学会幹部が不正アクセスに関与したとして警察逮捕されたことが明るみとなった[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 島田裕巳 『日本の10大新宗教』(幻冬舎 2007年11月30日) ISBN 978-4344980600
  2. ^ 宮本顕治委員長(当時)宅電話盗聴事件の判決は?(『しんぶん赤旗』 2004年3月11日付)
  3. ^ 『日刊ゲンダイ』2004年2月27日付1面~2面

関連項目[編集]