日本共産党国際主義者団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本共産党国際主義者団(にほんきょうさんとうこくさいしゅぎしゃだん)は、日本共産党1950年代に分裂した際の分派の一つ。 指導者は、野田弥三郎徳田球一野坂参三率いる所感派を「チトー主義者」として激しく非難したが、ソ連共産党が徳田派を正当なものとみなす通達を発表すると、ただちに自己批判して、日本共産党中央に復帰した。

関連項目[編集]