片山潜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
片山 潜
Sen Katayama.jpg
生年: (1859-12-26) 1859年12月26日
生地: 徳川葵 江戸幕府
美作国久米南条郡羽出木村
没年: (1933-11-05) 1933年11月5日(73歳没)
没地: ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
思想: マルクス・レーニン主義
活動: 労働運動
母校: 岡山師範学校(中退)
片山潜記念館(岡山県久米南町)

片山 潜(かたやま せん、1859年12月26日安政6年12月3日) - 1933年昭和8年)11月5日[1])は、日本労働運動家・社会主義者・マルクス主義者・思想家社会事業家。号は深甫。

生涯[編集]

25歳の片山潜。1884年

美作国久米南条郡羽出木村(後の弓削町、現在の岡山県久米郡久米南町羽出木)に庄屋藪木家の次男として生まれる。幼名は菅太郎(すがたろう)。

1877年明治10年)10月、神目村(現在の久米南町神目中)の親戚・片山幾太郎の養子となる。この養子縁組兵役忌避が目的だったと言われている。安達清風の私塾で学んだのち、1880年(明治13年)に岡山師範学校(現在の岡山大学教育学部)に入学するが、翌1881年(明治14年)に退学して上京。攻玉社にて塾僕として勤務し、1884年(明治17年)、友人岩崎清七に続いてアメリカ合衆国へ渡る。岩崎とは、岡鹿門の私塾で塾僕をしていたときに知り合い、岩崎の故郷の森鴎村の塾僕を務めたり、潜に続いて岩崎も攻玉社で学ぶなど親しい間柄だった[2]。留学中も金欠の片山のためにイェール大学学友の大久保利武松方幸次郎に寄付を頼んで仕送りするなど生涯にわたって支援した[2]

サンフランシスコ郊外サンラフェールという村の小さな家塾で皿洗いをして働く。その後、サンフランシスコ下町の大工の家、ポノマの宿屋、アラメダの家庭にコックをして住み込む。アラメダで中国人のキリスト教会に通い英語とキリスト教を学ぶ[注釈 1]。そして、1886年11月組合教会の教会でキリスト教の洗礼を受ける[3]。その後、苦学してメリーヴィル大学グリンネル大学アンドーヴァー神学校エール大学神学部で学び社会的キリスト教の感化を受ける。また、プラトンソフォクレスなどの原典を通じて、西洋古典学を修め[4]、学位を取得して1896年(明治29年)、帰国した。

1901年頃の片山潜

帰国後は牧師か伝道師を志望したが叶わず、イギリスを源流とするアメリカセツルメント運動に共感。宣教師ダニエル・クロスビー・グリーンの支援を受け、友人である高野房太郎とともに神田区三崎町の自宅を改良し、キリスト教社会事業の拠点として1897年(明治30年)、日本人最初の隣保館である「キングスレー館」を設立した。

キングスレー館の運営の傍らで片山は労働運動に力を尽くし、1897年(明治30年)12月『労働世界』を創刊し主筆を務め、日本で最初の労働組合である職工義勇会(労働組合期成会)の設立に大きな役割を果たす。1897年(明治30年)4月に中村太八郎の社会問題研究会(後の社会主義研究会)結成に加わり、1901年(明治34年)に社会主義研究会を改組した日本で最初の社会主義政党である社会民主党幸徳秋水らとともに入党した。

また1903年(明治36年)12月に再度渡米し、翌1904年(明治37年)、第二インターナショナルの第五回大会で安部磯雄とともに本部員に選ばれていた片山はアムステルダムで開催した万国社会党の第六回大会に出席。折しも日露戦争の最中にあって、ロシア代表のプレハーノフとともに労働者の反戦を訴えた。

1906年(明治39年)、日本社会党結党に参加。しかし、片山と安部らは議会政策論を説き[5]、直接行動論を採る幸徳秋水らと対立し袂を分けた。1911年(明治44年)、東京市電ストライキの指導を行ったとして逮捕され投獄された。1912年大正元年)9月、大正天皇即位の大赦[6]によって出獄。その後、1914年(大正3年)にアメリカへ亡命し、1917年(大正6年)のロシア革命により、マルクス・レーニン主義に傾倒。アメリカ共産党メキシコ共産党の結党に尽力するなど北米での共産主義活動を行った。

1921年(大正10年)、ソビエト連邦に渡り、コミンテルン常任執行委員会幹部となる。国外にあって日本共産党結党の指導を行い、また国際反帝同盟を指導し反戦運動に従事した。

1925年

任務の秘匿ができない人物であると同時に、あまりに業務遂行が非効率と判断され、数度の海外任務のあと、モスクワにとどめられた。滞在していたアパートで日本人女性と同居していたが、コミンテルンには娘だと説明している。それまで片山はコミンテルンに既婚であることも報告していなかった。日本共産党はこの「娘」の存在を把握しておらず、コミンテルンは彼女を日本の秘密警察のスパイであると確信したとされる。[7]

1933年昭和8年)11月5日に敗血症のため[8]モスクワで死去。9日に行われた葬儀には15万人のソビエト市民やコミンテルン指導者らが集まった。棺に付き添った14人には、ミハイル・カリーニンヨシフ・スターリンヴィルヘルム・ピーククン・ベーラ野坂参三たちがいた。遺骨はクレムリン宮殿の壁に他の倒れた同志たちと共に埋葬されている。

親族[編集]

長女の片山安子(右)と原信子(左)。ミラノ、1929年

実父の国平は、潜が3歳のときに離婚して僧侶となった[9]。潜は19歳で片山幾太郎と、37歳で片山常吉と養子縁組した[9]。妻の横塚フデ(筆子)は、岩崎清七の遠縁(実弟亀次郎の妻の親戚)で[2]、1897年に結婚し、1899年に長女やす(安子)、1901年に長男幹一をもうけた[9]。1903年にフデが死去したため、1907年に後妻として原たま(賜子)を迎え、翌年次女の千代が生まれる[9]。長女は大正初期に潜と渡米して踊りを習い、原信子と共演するまでになり、原とともに渡欧した[2]。長男はフデ没後、岩崎の弟亀次郎や後妻のたまの実家で育ち、慶応大学予科に入学したが、22歳で病死した[2]。次女は昭和初期にロシアの父親のもとに赴き、モスクワで働いた[2]比叡山大僧正から善光寺大勧進の院主となった水尾寂暁は潜の実弟[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阿川尚之『アメリカが見つかりましたか(戦前篇)』都市出版、1998年。阿川によると、『渡米案内』という片山の『自伝』引用される書物よると、「日曜日に教会に行く機会を得遂に耶蘇教徒となると得たり」と記しているのに、『自伝』では「予は耶蘇教徒になっても熱したこともなく、冷めたこともなかった、アンドーヴァー神学校に学んだ時は聖書を八つ裂きにして研究もしたが、耶蘇に対して変わった感情も持たなかった。最初から、余は耶蘇を神と思わなかったからであらう。」と記している。阿川は、モスクワに身を寄せたマルキスト片山によって、若いころ熱心なキリスト教徒であったのは具合が悪かったのだろうと述べている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『国民年鑑 昭和10年』国民新聞社、1934年、p.550
  2. ^ a b c d e f g 『欧米遊蹤』岩崎清七、アトリエ社、1933、p139-
  3. ^ 辻野功「片山潜」『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年、p297
  4. ^ Watanabe, A. (2008). “Classica Japonica: Greece and Rome in the Japanese Academia and Popular Literature”. Amphora 7: 6f. 
  5. ^ 東京朝日新聞1933年11月7日付
  6. ^ 『官報』第55号、大正元年10月5日、p.141
  7. ^ Aino Kuusinen (1974). Before and After Stalin. Michael Joseph. 
  8. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)8頁
  9. ^ a b c d 片山潜記念館(久米南町)津山瓦版、2017年09月21日

回想[編集]

  • 新版『片山潜 歩いてきた道』日本図書センター「人間の記録」、2000年
  • 片山やす『わたしの歩んだ道 父片山潜の思い出とともに』成文社、2009年
エリザヴェータ・ジワニードワ編/小山内道子編訳
長女(1899年-1988年)、旧ソ連で日本語教師やアナウンサーなどを務めた、ソ日友好協会副会長。

参考文献[編集]

  • 辻野功「片山潜」『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年、p.297
  • 阿川尚之『アメリカが見つかりましたか』都市出版、1998年11月。ISBN 4-924831-79-4
  • 「初期コミンテルンと東アジア」研究会 編著『初期コミンテルンと東アジア』不二出版、2007年2月。ISBN 978-4-8350-5755-2
  • 山内昭人『初期コミンテルンと在外日本人社会主義者 越境するネットワーク』ミネルヴァ書房「西洋史ライブラリー」、2009年
    • 第2章「片山潜、在米日本人社会主義団と初期コミンテルン」
    • 第4章「片山潜、在露日本人共産主義者と初期コミンテルン」

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • 勝野金政
  • 松本武一郎(松本重雄の伯父) - 1899年に片山らと蓄音機とレコードの店「三光堂」開業した