山川均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山川均
マルクス経済学労農派
生誕 1880年12月20日
岡山県窪屋郡倉敷村
死没 (1958-03-23) 1958年3月23日(77歳没)
影響を
受けた人物
滝本誠一
影響を
与えた人物
日本社会党ブレーンの経済学者
実績 社会党左派の理論的支柱となった
テンプレートを表示

山川 均(やまかわ ひとし、1880年明治13年)12月20日 - 1958年昭和33年)3月23日)は、在野の経済学者で、社会主義者・社会運動家・思想家評論家労農派マルクス主義の指導的理論家であった。

生涯[編集]

岡山県窪屋郡倉敷村字城ノ内(現・倉敷市)に生まれる[1]同志社尋常中学部に学び、新島襄柏木義円らから影響を受ける。同志社を中退して上京。1900年(明治33年)、守田有秋らの友人と語らって発行していた雑誌『青年の福音』に掲載した皇太子の結婚事情について書いた論説「人生の大惨劇」が不敬罪に問われ、重禁固刑を受ける。これは、不敬罪が適用された最初である。出獄後、いったんは倉敷に戻るが、ふたたび上京。

1906年(明治39年)に堺利彦らの日本社会党に入党、日刊『平民新聞』にも参加し、社会主義運動に加わった。1908年(明治41年)には赤旗事件で入獄し、獄中で「大逆事件幸徳事件)」の報を聞く。出獄後、一時故郷で薬局を開業するも、再三上京し堺の売文社に入社。社会主義冬の時代を評論活動で糊口を凌ぐ。

1917年にロシア革命が起き、世界革命を目指すロシア共産党(ボリシェヴィキ)は1919年にコミンテルンを設立、各国に支部を作っていく。同年に山川は、山崎今朝弥より『社会主義研究』を引き継ぐ。

1921年(大正10年)4月に堺利彦近藤栄蔵橋浦時雄渡辺満三高津正道らとともに東京で「日本共産党準備会」(「コミンテルン日本支部準備会」)を秘密裡に発足。8月頃には水曜会を設立する。

1922年(大正11年)1月、学術研究誌の体裁を採っていた『社会主義研究』が新聞紙法の規定により時事評論を掲載することが出来なかったため、当局に保証金を納入し田所輝明上田茂樹西雅雄らとともに時事評論誌として『前衛』を創刊した。同年7月15日には日本共産党第一次共産党)が創立(治安警察法違反のため非合法)されると、総務幹事となる。日本共産党は、同年11月のコミンテルン第4回大会に代表を派遣して、コミンテルン日本支部として正式に承認される。

山川イズム[編集]

山川は「無産階級運動の方向転換」(『前衛』1922年7・8月合併号)などを発表、大衆運動との結びつきを重視する「方向転換論」(山川イズム)を提唱した。しかしまもなく解党論の中心となり、1924年(大正13年)に共産党はいったん解散する。その後福本和夫の提唱する党建設重視の福本イズムに基づき共産党が再建(第二次共産党)されたが、これに距離を置き参加しなかった山川は「日和見主義者」「解党主義者」として共産党主流派から厳しい批判を受けるようになった。これに対し山川は堺、荒畑寒村猪俣津南雄らと1927年(昭和2年)に『労農』を創刊し、共同戦線党論を展開する。1935年神奈川県村岡村(現・藤沢市)に借地を手に入れ、翌年妻とともに転居し、ウズラの飼育施設を設けて生計を立てるようになる[2]。1935年の時点でマスコミからは山川が文筆を捨ててウズラ飼育を始めるという報道がなされ、これに対して山川は「転向常習者の手記」を発表し、自らの立場を述べた[2]1937年(昭和12年)、人民戦線事件で検挙。

戦後の活動[編集]

戦後の1946年(昭和21年)に三浦銕太郎石橋湛山らと民主人民戦線をつくり、民主人民連盟委員長となるが病気で活動できず、共両党の対立を解消できぬまま連盟は雲散霧消する。その後は社会党左派の理論家として活動し、1951年(昭和26年)に社会主義協会が発足した際には大内兵衛と共に代表を務めた。山川は向坂逸郎らと共に社会主義協会において非武装中立論を説き、この理論は日本社会党に強い影響を与えた。しかし山川の非武装中立論は、永世非武装国家を志向したものではなかった。山川は日本が復興する間のみの非武装(復興時非武装中立論)を説いただけで、ソ連の脅威を十分に認識した上での将来的な武装を認めていた。しかし向坂ら親ソ派はソ連・社会主義陣営に与する立場から、ソ連の脅威に目をつぶり、非武装中立論を日本が社会主義陣営に立つまでの手段であると解釈を変更した[3]

1958年(昭和33年)3月23日膵臓癌のため死去[4]。77歳没。

家族[編集]

1908年(明治41年)5月、愛知県藤川村(現・岡崎市)出身の大須賀里子と結婚(入籍は1911年5月)。1908年6月に起こった赤旗事件で山川は里子とともに入獄している。里子は1913年(大正2年)に病死した[5]

1916年(大正5年)、青山菊栄(山川菊栄)と結婚。菊栄は戦後、片山内閣のもとで労働省の初代婦人少年局長に就任した。

系譜[編集]

山川家(山川家系図
慶長の頃(1596年1615年)、児島郡郡村(岡山市郡)から来て、郷宿や鉱山札差などをやっていた。5代清兵衛が井上から山川に改姓した。倉敷村の新禄と呼ばれた富商の1軒である。
  
井上               山川          分家
清兵衛━清兵衛━清兵衛━┳清兵衛━清兵衛義古━┳繁太郎━━利吉
            ┃          ┃
            ┃          ┣清兵衛義方
            ┃          ┃   
            ┗喜兵衛       ┗光蔵寛━┳半三郎
                            ┃
                            ┣孝太郎
                            ┃
                            ┗━清左衛門知崇━清兵衛知敬━┳浦
                                           ┃
                                           ┗均

著作[編集]

  • 植物の精神 堺利彦編 有楽社 1907 (平民科学)
  • 動物界の道徳 有楽社 1908 (平民科学)
  • 社会主義の立場から 三田書房 1919
  • マルクス伝 堺利彦共著 大鐙閣 1920 (レツド・カヴア叢書)
  • レーニンとトロッキー 改造社 1921
  • 敵陣を腑瞰して 三徳社 1923
  • 井の底から見た日本 更生閣 1924
  • 無産階級の政治運動 更生閣 1924
  • 労農露西亜の労働 文化学会出版部 1925 (社会問題叢書)
  • 無産政党の研究 叢文閣 1925
  • 殖民政策下の台湾 弱少民族の悲哀 プレブス出版社 1926
  • 無産者運動 南宋書院 1927.7 (無産者自由大学)
  • 事象を追うて 白揚社 1928
  • 社会主義サヴェート共和国同盟の現勢 社会科学叢書 第6編 日本評論社 1928
  • 無産者運動と婦人の問題 山川菊栄共著 白揚社 1928
  • 労働組合の理論と実際 時事通信社 1929
  • 単一無産政党論 文芸戦線出版部 1930 (文芸戦線叢書)
  • 無産者講話 無産社 1930
  • 労働組合の話 千倉書房 1930
  • 産業合理化の批判 春陽堂 1930
  • 社会主義の話 千倉書房 1930
  • 無産政党の話 千倉書房 1931
  • 世相を語る 千倉書房 1932
  • 堺利彦伝 堺利彦全集第6巻 中央公論社、1933
  • からす 随筆集 日本評論社 1935
  • 社会主義講話 彰考書院 1946
  • 労働組合講話 彰考書院 1946
  • 日本民主革命論 黄土社 1947
  • 日本の革命を語る 向坂逸郎高橋正雄共著 板垣書店 1948
  • 労働組合運動のために 板垣書店 1949
  • 社会主義政党の話 板垣書店 1949
  • 労働階級の政党 労働文化社 1949
  • 労働者政党のために 板垣書店 1949
  • 階級闘争の追放 改造社 1949
  • ある凡人の記録 朝日新聞社 1951
  • 日本の再軍備 1952 (岩波新書)
  • 対決する二つの日本 東洋書館 1953
  • 社会主義運動小史 社会問題研究所 1953 (研究資料)
  • 昔と今 労働運動のあゆみ 中央公論社 1954
  • 社会主義への道 社会主義政党論 1955 (河出新書)
  • 歴史のうねり 再建社 1957
  • 社会主義への道は一つではない 社会主義の前進のために 合同出版社 1957
  • 山川均自伝 ある凡人の記録・その他 山川菊栄、向坂逸郎編 岩波書店 1961
  • 党建設論 向坂逸郎共著 社会主義協会出版局 1978.12
  • 山川均全集』全20巻、勁草書房、1966年-2003年。
  • 『山川均自伝 ある凡人の記録・その他』(山川菊栄/向坂逸郎編)岩波書店、1961年
  • 近代日本思想大系19 山川均集』高畠通敏編・解説、筑摩書房、1976年

翻訳[編集]

  • 労働組合運動史 シドニー・ウェッブ,ビアトリス・ウェッブ 荒畑勝三共訳 叢文閣 1920
  • マルクス学説体系 ルイス・ブディン アルス 1921 (アルス社会科学叢書)
  • 文明人の野蛮性 ハワアド・ムウア 三徳社書店 1921 (民衆科学叢書)
  • マルクス経済学 アーネスト・ウンタアマン 大鐙閣 1921
  • 植物の心 アール・エツチ・フランス 三徳社 1922 (民衆科学叢書)
  • 無産階級の哲学 ヨゼフ・デイーツゲン 改造社 1924
  • 近代科学と唯物論 エリオット 白揚社 1924
  • マルクス学説体系 ルイス・ブディン 白揚社 1925
  • レーニン著作集 第1巻 新経済政策 レーニン著作集刊行会 1926
  • 動物と植物の生活 クロポトキン 白揚社 1927 (科学叢書)
  • 政治教育講話 第1巻 ベルドロニロフ,スウェトロフ 白揚社 1927
  • マルキシズム修正の駁論 カウツキー 世界大思想全集 第47巻 春秋社 1928
  • 唯物論と経験批判論 反動哲学の批判的考察 ニコライ・レーニン 大森義太郎共訳 平凡社 1928
  • 弁証法的唯物観 ヨゼフ・ディーツゲン 1929 (改造文庫)
  • 哲学の実果 ヨゼフ・デイッゲン 1929 (改造文庫)
  • 1848年から1850年に至るフランスの階級闘争 マルクス 彰考書院 1948
  • 哲学は何をしたか 唯物弁証法の哲学 ヨゼフ・ディーツゲン 玄理社 1948
  • フランスの内乱 マルクス 彰考書院 1948 (マルクス・エンゲルス政治論集)

参考文献[編集]

  • 川口武彦『山川均の生涯』戦前編(社会主義協会出版局、1986)
  • 川口武彦『山川均の生涯』戦後編(社会主義協会出版局、1987)

脚注[編集]

  1. ^ 久米雅章・松永明敏・川嵜兼孝 『鹿児島近代社会運動史』 南方新社2005年12月1日、101頁。
  2. ^ a b 関口すみ子「『主婦の歴史』と『特攻精神をはぐくむ者』―月刊誌『新女苑』における山川菊栄と柳田国男―[1]『法學志林』第110巻第2号、2012年
  3. ^ 山口二郎・石川真澄『日本社会党 戦後革新の思想と行動』日本経済評論社、2003年
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)29頁
  5. ^ 『新編 岡崎市史 総集編 20』 新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、60頁。

外部リンク[編集]

山川均「無産階級運動の方向転換」