秋笹政之輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋笹 政之輔(あきささ まさのすけ、1903年1月16日 - 1943年7月15日)は、日本の戦前の政治運動家日本共産党中央委員、「赤旗」編集長。

経歴[編集]

埼玉県北足立郡田間宮村(現鴻巣市)出身。本名は正之輔。埼玉県立熊谷中学校を経て早稲田大学附属第二高等学院に進む。同学院在学中に関東学生連合会に加盟、組織部長・常任委員。1926年3月、京都学連事件に連座、軍事教練反対などの運動を指導、退学処分になる。

1927年1月、産業労働調査所に入り機関誌『インターナショナル』の編集発行人。1927年10月、労働農民党に入党、本部書記。1928年7月、日本共産党に入党。1929年4月、四・一六事件で逮捕、懲役5年の判決を受けたが病気で保釈出所。1931年8月頃共産党に復帰、中央アジ・プロ[1] 部員。1932-33年頃『日本資本主義発達史講座』(岩波書店刊)に論文「植民地政策史」を執筆。1933年、党機関紙「赤旗」編集長。同年9月下旬党中央委員候補。

同年12月23日、警察のスパイの疑いによる小畑達夫大泉兼蔵の査問(日本共産党スパイ査問事件)に加わる。同年12月24日、小畑達夫の急死により査問を終了、大泉兼蔵の処分を一任される。この日中央委員に任命される。1934年1月14日、警察の動きを察知し査問場所から逃亡したが、同年4月2日逮捕、検挙され、懲役7年。服役中に精神を病み、獄中で死亡。

参考文献[編集]

  • 立花隆日本共産党の研究講談社、1978年。
  • 「秋笹政之輔」『デジタル版 日本人名大辞典』 講談社、2009年1月。
  • 鴻巣市市史編さん調査会編『鴻巣市史 通史編3 近・現代』 埼玉県鴻巣市、2006年、pp565–567、"東京で活動した秋笹政之輔"の項。

脚注[編集]

  1. ^ アジテーション・プロパガンダ、扇動宣伝