柏木義円

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
晩年の柏木義円
30歳頃の柏木義円

柏木 義円(かしわぎ ぎえん、万延元年3月9日1860年3月30日) - 昭和13年(1938年1月8日)は日本の牧師キリスト教思想家である。山川均に影響を与えた。日本組合基督教会牧師。

生涯[編集]

1860年越後国与板藩真宗大谷派西光寺の住職の家に生まれる。1878年東京師範学校東京教育大学筑波大学の前身)を卒業[1]した後、小学校教員として働く。1884年に群馬県下の小学校在職中、安中教会海老名弾正に影響を受けて入信、海老名より洗礼を受ける。

その後、同志社英学校で学び、新島襄に薫陶を受ける。1889年同志社を卒業する。同志社予備校、熊本英学校、熊本英語女学校の教職を務めた。1892年熊本英学校事件が起こると10名の教師と共に熊本英学校を辞職する。

1893年に、『同志社文学』の編集に従事、井上哲次郎の国家主義および教育勅語を批判する。

1897年に日本組合基督教会安中教会牧師になる。1898年より『上毛教界月報』を創刊し、安中で地域伝道と政治・社会批判運動を活発に展開した。

足尾鉱毒事件廃娼運動未解放部落問題朝鮮人虐殺問題など時代批判を幅広く行った。日露戦争以降は、一貫して非戦を主張した。

1910年日韓併合後の、日本組合基督教会による渡瀬常吉らの植民地伝道を批判した。1912年の内務省による三教会同内村鑑三らと共に批判した。満州事変の際には軍部批判を行ったため月報が発禁処分になる。

1935年、安中教会牧師を引退する。

参考文献[編集]

  • 飯沼二郎・片野真佐子編解説 「柏木義円日記」(行路社)
  • 片野真佐子編・解説 「柏木義円書簡集」(行路社)
  • 片野真佐子編・解説 「柏木義円史料集」(行路社)
  • 中村敏 「日本キリスト教宣教史」
  • 沖田行司編 『新編 同志社の思想家たち 下』 晃洋書房、2019年 ISBN 9784771031333

脚注[編集]

関連項目[編集]