大塚節治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大塚 節治(おおつか せつじ、1887年3月3日 - 1977年11月18日)は、大正昭和期のキリスト教神学者、文学博士。旧姓は沖田。同志社第13代総長京都市名誉市民1973年)。

経歴[編集]

1887年明治20年)広島県高宮郡飯室村(現在の広島市安佐北区安佐町)生まれ。広島県立師範学校講習部から同志社普通学校に学び、1912年渡米。ユニオン神学校コロンビア大学留学ジョン・デューイらの下で哲学倫理学を専攻しマスター・オブ・アーツの学位を受ける 1916年帰国し同志社大学神学部助教授就任。1919年教授となり、多くの著書、論文を発表、キリスト教倫理学および組織神学を講じた。学風は自由主義神学の伝統を踏襲しつつ、弁証法神学を取り入れたもので、日本では未開拓に近かったキリスト教倫理の基礎を築いた。

1925年文学部長、戦後1949年文学博士1950年同志社大学学長、同志社理事長後、同年、同志社13代総長就任。1963年まで13年間その任にあって、戦後の世相および学制改革に伴う混乱期、時代の要請に応じ、同志社諸校の校舎拡充など、戦後の同志社発展の土台作りに尽力した。

1957年同志社大学名誉教授1972年同志社大学名誉神学博士1964年勲二等瑞宝章受章。私学振興の多大の貢献と京都市の学術文化の向上寄与により1973年、京都市名誉市民の栄誉を受けた。1977年逝去。

太平洋戦争中、キリスト教は迫害を受け学問の自由も束縛された。その反省から、戦後は学者として新憲法を護る発言を続けた。

主な著書[編集]

  • 基督教倫理学序説、基督教思想叢書刊行会、1935年2月
  • 基督教人間学、全国書房、1948年10月
  • 近代文明の禍根、同志社、1959年2月
  • 日本国憲法と基督教、同志社、1960年3月
  • 新島先生を偲ぶ(NHK人生読本放送)、同志社、1961年2月
  • 人間は何故神を信ずるか、同志社、1961年2月
  • 神の算盤(大塚節治先生謝恩記念事業委員会)、新教出版社、1965年7月
  • キリスト教要義、日本基督教団出版局、1971年10月
  • 学術用語集・キリスト教学編、学術審議会学術用語分科会キリスト教学用語専門委員会主査(文部省)、丸善、1972年3月
  • 回顧七十七年、同朋社、1977年7月

参考文献・ウェブサイト[編集]