天野有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天野 有(あまの ゆう、1955年 - 2018年10月17日)は、日本の神学者西南学院大学神学部教授

早稲田大学教育学部卒業後、西南学院大学神学部神学科を修了九州大学大学院西南学院大学神学部専任講師を経て、西南学院大学教授となった。西南学院大学を卒業後、父の志をついで牧師の道を進んだが、説教の能力の限界を感じ、カール・バルトの神学の研究者として活路を見いだした。北九州市の高須バプテスト教会の協力牧師も務めていた。 2018年10月17日、食道がんのため死去、62歳[1]

経歴[編集]

西南学院大学神学部講師を経て、教授。

論文[編集]

  • 「カール・バルトにおける創造論のキリスト論的基礎づけ」『哲学論文集』、九州大学哲学会、1988年。
  • Karl Barths Ethik der Vers oehnungslehre. Ihre theologische Rezeption in Japan und ihre Bedeutung fuer die kirchlichgesellschaftliche Situation in Japan, Peter Lang Verlag 1994、博士論文、199?年。
  • 「カール・バルトの『和解論』の倫理学 ―キリスト論的・終末論的倫理学―」(Ⅰ)〜(Ⅲ)、西南学院大学神学論集、1994年1996年
  • 「バルト神学における『イエス論』の地平」(Ⅰ)〜(Ⅱ)『福音と世界』1994年10月号〜11月号(新教出版社)、1994年。
  • 「バルトは聖書をどのように状況的に読んだか。一つのモデル ―《アモス審判予言解釈》(1955年)」、『福音と世界』1995年7月号(新教出版社)、1995年
  • 「バルトの《国家》論のための序論的考察」、『思想のひろば』第8号(特集「国家」への新しい視点)、(滝沢克己協会編、創元社)、1997年
  • 解放をもたらす言葉(Ⅰコリント7,20)―ルター的理解への問いとしてのバルトの『召し/召命(klesis)理解―』、西南学院大学神学論集、2002年
  • 生命倫理の方向性を求めて―神学的倫理学からの予備的考察―」、『生命の倫理―その規範を動かすもの』(山崎喜代子編)、九州大学出版会、2004年所収。

執筆[編集]

  • 岩波 キリスト教辞典』(大貫隆ほか編)、岩波書店、2002年。(以下の13項目を、担当している。 「神の義」・「神の言」・「希望の神学」・「『教会教義学』」・「キリスト論(近現代)」・「ドイツ教会闘争」・「パネンベルク」・「バルト」・「バルメン宣言」・「モルトマン」・「ユンゲル」・「『ロマ書』〔バルトの〕」・「和解」)

訳書[編集]

  • カール バルト『キリスト教的生Ⅰ』、新教出版社、1998年。
  • カール バルト『キリスト教的生Ⅱ』、新教出版社、1998年。
  • カール バルト『国家の暴力について―死刑と戦争をめぐる創造論の倫理―』、新教出版社、2003年
  • カール バルト『国家の暴力』、新教出版社、2003年

共訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]