ケリュグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ケリュグマκήρυγμα)とは、新約聖書に8回出てくる。告知者が告知する行為もしくは内容を表している[1]

カール・バルトらの新正統主義において、ケリュグマと宣教が同一視される。また、ケリュグマは新約だけでなく、旧約にも証言としてあるとされている。松木治三郎は、伝道は宣教の一つではないとしている[2]

ルドルフ・ブルトマン聖書非神話化し、ケリュグマこそが聖書の中心であるとした。

脚注[編集]

  1. ^ 山口昇『ケリュグマ(使信)』「新キリスト教辞典いのちのことば社、1991年
  2. ^ NCC大辞典「宣教」

参考文献[編集]