植木朝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

植木 朝子(うえき ともこ、1967年3月19日 - )は、日本国文学者同志社大学文学部教授。日本中世文学専攻。夫は文芸評論家武蔵野音楽大学教授の武藤康史

来歴[編集]

1990年お茶の水女子大学文教育学部国文学科卒業、1992年同大学院修士課程修了、1995年同比較文化学専攻博士課程単位取得満期退学、同助手、1996年十文字学園女子短期大学専任講師、1998年「今様の世界」でお茶の水女子大学人文科学博士。2001年十文字学園女子大学助教授、2002年日本歌謡学会志田延義賞受賞、2005年同志社大学文学部国文学科助教授、2007年博士課程前期課程教授、2012年博士後期課程教授。2015年より同志社大学文学部長。2017年4月から副学長。2019年11月8日にあった学長選挙で、第34代学長に選出された。同志社大では初の女性学長となる。任期は2020年4月1日から4年間[1]

人物[編集]

  • 専門は中世歌謡であるが、そこを起点に古代から近現代に至るまで幅広い論考がある。
  • 宝塚歌劇のファンで観劇案内も書いている。

著書[編集]

  • 梁塵秘抄とその周縁 今様と和歌・説話・物語の交流』三省堂 2001
  • 『中世小歌愛の諸相 『宗安小歌集』を読む』森話社 2004
  • 『梁塵秘抄の世界 中世を映す歌謡』角川選書、2009
  • 今様』笠間書院〈コレクション日本歌人選025〉、2011
  • 『風雅と官能の室町歌謡 五感で読む閑吟集』角川選書、2013
  • 『梁塵秘抄』ちくま学芸文庫、2014。編訳

共編著[編集]

脚注[編集]