大工原銀太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大工原銀太郎

大工原 銀太郎(たいくばら ぎんたろう、1868年1月27日慶応4年1月3日〉 - 1934年昭和9年〉3月9日)は、日本の科学者土壌酸性による影響がアルミニウムによることを世界で初めて発見した研究者。

信濃国伊那郡南向村(現長野県上伊那郡中川村)の鈴木家に生まれ、のちに飯田の大工原孝吉の養子となる。東京農林学校を経て1894年帝国大学を卒業後、農商務省農事試験場技師、東京帝国大学講師、特許局技師、九州帝国大学教授、朝鮮総督府勧業模範農場技師を経て、九州帝国大学第3代総長に着任する。さらに1929年同志社大学の9代総長に就任した。

1934年3月9日、盲腸炎により死去。

エジプトやローマにおいて彫刻のモデルとして使われる、死者の顔を形に止めた大工原のデスマスクが現存する。

外部リンク[編集]

先代:
海老名弾正
同志社総長
第9代: 1929年 - 1935年
次代:
湯浅八郎