宮川経輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「宮川經輝」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
宮川 経輝
Tsuneteru Miyagawa.jpg
生誕 1857年2月11日
死没 1936年3月2日
職業 牧師伝道者教育家思想家
組合教会の三元老

宮川 経輝(みやかわ つねてる、安政4年1月17日1857年2月11日) - 昭和11年(1936年3月2日)は、日本の牧師、女子教育者。熊本バンドのメンバーの一人で、日本組合基督教会の指導者。海老名弾正小崎弘道と共に組合教会の三元老の一人と言われた。

生涯[編集]

肥後国阿蘇出身。リロイ・ランシング・ジェーンズ熊本洋学校に入学して、ジェーンズの薫陶を受けて、1876年学友と一緒に奉教趣意書にサインをする。洋学校の閉校に伴い、金森通倫らと、開校したばかりの同志社に入学する。1879年新島襄の薫陶を受けて、同志社の第一期卒業生になる。卒業演説は「女子教育論」。

同志社卒業後、同志社女学校の教頭になる。1881年5月17日同志社の関係者が、キリスト教大演説会を開いて大盛況になる。

1881年(明治14年)加藤勇次伊勢時雄と共に、女子教育社を設置する。翌年最初の卒業生を出す。1882年(明治15年)大阪基督教会の牧師になる。同年、大阪基督教徒青年会(大阪YMCA)初代会長に就任。1883年(明治16年)に沢山保羅から按手礼を受け正式に牧師になる。1883年、東京で開催された第三回全国基督教信徒大親睦会の議長に選出され、井生村楼での演説会で「基督教教会の伝道」について講演をする。

弟三回全国基督信徒大親睦会の記念写真、宮川は最から3列目の右から4人目


1886年(明治19年)泰西学館を設立する。9月には、内村鑑三を教師として招聘する。1888年(明治21年)大阪基督教会で西村清雄に教える。1895年(明治28年)に経営悪化した泰西学館の館長を辞任する。

1904年(明治37年)日露戦争が始まると、調査団として朝鮮に渡り、在韓日本人に伝道する。本多庸一ともしばしば一緒に戦地を軍隊を慰問した。1910年(明治43年)組合教会で朝鮮伝道部を設けて、渡瀬常吉と共に関わった。

1914年(大正3年)全国協同伝道の西部部長になり伝道活動に邁進する。日本組合基督教会の重鎮として活動し、小崎弘道、海老名弾正と合わせて三元老と呼ばれた。これらの活動が評価されて1921年(大正10年)にオベリン大学より名誉神学博士号が授与される。1925年(大正14年)には大阪教会を引退し、同教会の名誉牧師になる。

著書[編集]