加藤直士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 直士(かとう なおし、1873年9月5日 - 1952年2月12日)は、日本の宗教哲学者、ジャーナリスト、実業家。

山形県出身。1891年新潟の北越学館卒。学生時代に受洗し、卒業後は輸出絹物商をするが、失敗。1903年から伝道師をしつつ「新人」を編集し、宗教哲学者として、レフ・トルストイの「我懴悔」などの訳書を刊行。1907年「基督教世界」の主筆となり、1914年滞英中に大阪毎日新聞ロンドン特派員となり、のち英文毎日の主筆を務めた。1927年実業界に入り、日本ゼネラル・モータース外務理事などを歴任[1]

著書[編集]

  • 『恋愛の福音』警醒社ほか 1894
  • 『宗教界の三偉人』警醒社 1905
  • 『ICS語学蓄音会話篇 英語蓄音器附属教科書』小林商店 1906
  • 『文芸ト宗教』昭文堂 1907
  • 『小林富次郎伝』警醒社 1911
  • 『日曜学校教案 少年少女科教案』警醒社 1910-11
  • 『改造の欧洲より』実業之日本社 1920
  • 『パレスチナ印象記』警醒社書店 1920
  • 『東宮殿下の御外遊に陪従して』大阪毎日新聞社 1921
  • 『人の使ひ方使はれ方 人間工学の提唱』東洋経済新報社 1935
  • 『就職より立身へ 人間工学の応用』東洋経済新報社 1936
  • 『世に勝つ 鋼鉄王カーネギーの成功の法則』東洋経済出版部 1939
  • 『人生の設計』偕成社 1941
  • 今井安太郎傳』今井永廣堂 1943

共著編[編集]

  • 『最近思想と基督教』編 基督教世界社 1907
  • 『二問三駁 加藤博士の二問に対する三駁論』共著 基督教世界社編 警醒社 1909
  • 『基督教提要』海老名弾正等著 加藤編 基督教世界社 1910
  • 『関西聯合夏期講習会日曜学校講演集』編 基督教世界社 1911
  • 『日曜学校少年少女科第二年教案』海老沢亮共著 警醒社 1912
  • 『故宮川経輝先生年譜』内田政雄共編 大阪基督教会 1937

翻訳[編集]

脚注[編集]