元和の大殉教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
元和大殉教図

元和の大殉教(げんなのだいじゅんきょう)とは、江戸時代初期の元和8年8月5日1622年9月10日)、長崎の西坂でカトリックキリスト教徒55名が火刑と斬首によって処刑された事件である。日本のキリシタン迫害の歴史の中でも最も多くの信徒が同時に処刑された。この事件後、幕府による弾圧はさらに強化されていく。また、オランダ商館員やイエズス会宣教師によって詳細が海外に伝えられたため、26聖人の殉教と並んで日本の歴史の中で最もよく知られた殉教事件の1つとなっている。

事件の概要[編集]

徳川幕府豊臣秀吉の禁教令を引き継いでキリスト教を禁止し、司祭修道士、同宿(伝道士)を捕らえては牢に入れていた。死亡者のうち33名は大村領鈴田(大村市)、他の者は長崎(長崎市)の牢獄に数年間つながれていたが、全員の処刑命令が出たことを受け、浦上を経由して西坂に連行され、そこで処刑されることになった。

処刑されたのは神父や修道士、老若男女の信徒であった。女性や幼い子供が多いのは、宣教師をかくまった信徒の一家全員を処刑したからであった。

その内訳は、火刑された者が25名であった。その中にはイエズス会、フランシスコ会ドミニコ会の司祭9人と修道士数名が含まれていた。イエズス会員カルロ・スピノラ神父もそのうちの1人であり、彼は数学と科学に精通し、慶長17年(1612年)に長崎で日本初の月食の科学的観察を行って緯度を測定したことで知られている。また、残る30人は斬首となった。斬首された者の中には、日本人だけでなくスピノラをかくまったことで逮捕・処刑されていたポルトガル人ドミンゴス・ジョルジの夫人・イサベラと彼の忘れ形見である4歳のイグナシオもいた。

なお、この処刑の様子を見ていた修道士で、かつてセミナリヨで西洋絵画を学んでいた者が様子をスケッチし、マカオで完成させた油絵がローマに送られた。これは「元和大殉教図」として知られ、イエズス会本部であったローマのジェズ教会に保管され、今に伝えられている。この事件の後、迫害はさらに徹底され、弾圧は凄惨なものになっていく。

1868年ローマ教皇ピウス9世によって55人全員が列福された。

火刑された者[編集]

  • カルロ・スピノラ(イエズス会司祭)
  • アントニオ(朝鮮人男性)
  • パウロ永石(日本人男性)
  • アントニオ三箇(日本人男性)
  • パウロ田中(日本人男性)
  • ルシア・デ・フレイタス(日本人女性。ポルトガル人と結婚。80歳くらい。火刑者の中の唯一の女性)

ほか総勢25名

斬首された者[編集]

  • マリア村山(日本人女性)
  • イサベラ・ジョルジ(ポルトガル人女性)
  • イグナシオ・ジョルジ(ポルトガル人イサベラの息子。4歳)
  • アポロニア(日本人女性)
  • イグナチア(日本人女性)
  • マリア棚浦(日本人女性)
  • マリア秋雲(日本人女性)
  • マリア(朝鮮人アントニオの夫人)
  • ペトロ(朝鮮人アントニオの息子。3歳)
  • カタリナ(日本人女性)
  • ドミニカ(日本人女性)
  • テクラ永石(パウロ永石夫人)
  • クララ山田(日本人女性)
  • ダミアノ多田(日本人男性)
  • ミカエル多田(ダミアノ多田の息子。5歳)
  • クレメント(日本人男性)
  • アントニオ(クレメントの息子。3歳)

ほか総勢30名

関連項目[編集]