三教会同

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三教会同(さんきょうかいどう)は、1912年2月25日に、内務次官の床次竹二郎が主導して、神道(13人)、仏教(51人)、キリスト教(7人)の代表、計71人を華族会館に呼び、行われた会同。集まった代表を前に内務大臣の原敬が挨拶した。

決議[編集]

  1. 我等は各其教義を発揮し、皇運を翼賛し国民道徳の振興を図らんことを期す
  2. 我等は当局者が宗教を尊重し、政治宗教及教育の間を融和し、国運の伸長に資せられんことを望む

神道[編集]

仏教[編集]

キリスト教[編集]

キリスト教界では、日本メソヂスト教会本多庸一日本組合基督教会宮川経輝バプテスト千葉勇五郎日本基督教会井深梶之助日本聖公会元田作之進カトリック教会本城昌平日本ハリストス正教会石川喜三郎が出席。内村鑑三柏木義円はこれに反対した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本キリスト教宣教史』

参考[編集]

  • 『基督教全史』ケアンズ いのちのことば社
  • 『日本キリスト教宣教史』中村敏 いのちのことば社
  • 『日本プロテスタント・キリスト教史』土肥昭夫 新教出版社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]