インブリー事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

インブリー事件(インブリーじけん、Imbrie Affair)は、1890年明治23年)に第一高等中学校の学生が明治学院アメリカ人宣教師ウィリアム・インブリーに重傷を負わせた事件である。

概要[編集]

1890年5月17日、明治学院の白金倶楽部と第一高等中学校の野球の試合が本郷向ヶ丘グラウンドで行われた。試合は6回の時点で6-0と明治学院が大量リードする展開となっていた。

インブリーが試合開始時間に遅れて到着し、垣根を越えてグラウンドに入ると、一高応援団に取り囲まれた。インブリーと押し問答を繰り返すうちに、生徒の一人が凶器のペンナイフでインブリーの顔面を刺し、重傷を負わせた。この事件は、在日欧米各誌が"Imbrie Affiar"(インブリー事件)として取り上げて、一時外交問題に発展しそうになったが、インブリーの配慮で事件は収まった。

この事件の背後には、鹿鳴館時代に代表される明治政府の極端な欧米化主義に対する反動があると言われている。一高の応援席には当時一高生の正岡子規が観戦しており、日記に事件の様子を書き残している。

参考文献[編集]

  • 藻岩豊平『一高魂物語』博文館、1925年。ASIN B008YDDSM2
  • 『向陵誌』第一高等中学校寄宿寮、1925年。ASIN B0096NXKQ8
  • 功力靖雄『明治野球史 (1969年) (新体育学講座〈第53巻 竹内虎士,大石三四郎編〉)』逍遙書院、1969年。ASIN B000J9NH3Y
  • 木下秀明『スポーツの近代日本史』杏林書院体育の科学社、1970年。ASIN B000J9NN88
  • 君島一郎『日本野球創世記―創始時代と一高時代』ベースボール・マガジン社、1972年。ASIN B000J9MVMM
  • 『明治学院百年史資料集〈第1集〉』明治学院百年史委員会、1975年。ASIN B000J9LZ9M
  • 池井優『白球太平洋を渡る―日米野球交流史』中央公論新社、1976年。ISBN 978-4121004475
  • 大和球士『真説日本野球史 明治篇』ベースボール・マガジン社、1977年。ISBN 978-4583017716
  • 城井睦夫『“野球”の名付け親―中馬庚(ちゅうまんかなえ)伝』ベースボール・マガジン社、1988年。ISBN 978-4583027036
  • Robert Whiting『和をもって日本となす〈上〉』玉木正之ベースボール・マガジン社、1992年。ISBN 978-4583025926
  • 鈴木範久『一高不敬事件〈上〉 (内村鑑三日録)』教文館、1993年。ISBN 978-4764262881
  • 城井睦夫『正岡子規―ベースボールに賭けたその生涯』紅書房、1996年。ISBN 978-4893810892
  • 菅野真二『ニッポン野球の青春―武士道野球から興奮の早慶戦へ』大修館書店、2003年。ISBN 978-4469265385
  • 中島耕二、辻直人、大西晴樹『長老・改革教会来日宣教師事典 (日本キリスト教史双書)』新教出版社、2003年。ISBN 978-4400227403
  • 小沢三郎『内村鑑三不敬事件 (日本キリスト教史双書)』新教出版社、2005年。ISBN 978-4400407836
  • 中島耕二『近代日本の外交と宣教師』吉川弘文館、2011年。ISBN 978-4642038096
  • 小関順二『野球を歩く: 日本野球の歴史探訪』草思社、2013年。ISBN 978-4794220141
  • 星亮一『井深梶之助伝: 明治学院を興した会津の少年武士』平凡社、2013年。ISBN 978-4582836134

外部リンク[編集]