築地大学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

築地大学校(つきじだいがっこう)は、明治初期(1874年(明治7年) - 1876年(明治9年))に東京築地の新湊町に存在したクリストファー・カロザースが設立した英学学校と、1880年(明治13年) - 1883年(明治16年)に築地居留地に存在した英学学校(ヘボン塾の後身)。明治初期では最高レベルの学校で、都築馨六尾崎行雄などの明治時代に活躍した人材を育成した。東京大学とも呼ばれた。

歴史[編集]

カロザースの築地大学校[編集]

  • 1869年(明治2年)
  • 1870年(明治3年)- 築地居留地6番A宣教師館に、カロザース夫妻が居住[1]
  • 1871年(明治4年)- 築地入船に米国のカロザースが英学指導を目的とする私塾を開く。(1872年(明治5年)発行の『新聞雑誌』第69号において、勤学する者は通学或いは学舎を設けて英学を教授する旨を告知し、広く学生を募集した。)
  • 1872年(明治5年)
  • 1874年(明治7年) 初夏 - カロザースが従来の英語塾を拡大して、築地居留地に隣接する新湊町4丁目の借家で、寄宿舎付きの英学校である「築地大学校」を設立[1]。教師は、カロザースの他に、スコットランド一致長老教会の宣教師が4人加わった。カロザースの出身校ペンシルベニア州のワシントン大学に倣って化学と宗教を教えた。
  • 1876年(明治9年)- カロザースが官立の広島英語学校に赴任し、「築地大学校」が閉校[2]

バラの築地大学校(バラ学校、ヘボン塾後身)[編集]

学科課程[編集]

第一年

  • 第一期 読本、会話及び訳読
  • 第二期 万国史、会話及び訳読
  • 第三期 万国史、会話及び訳読

第二年

第三年

出身者[編集]

バラの築地大学校

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 明治学院大学2017年度アジア神学セミナー第9回(12月4日)
  2. ^ a b c 鈴木範久「立教大学校とカレッジ教育」『立教学院史研究』第5巻、2007年、2-16頁、doi:10.14992/00015286ISSN 18841848NAID 110008682386 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]