東京第一長老教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
築地バンドから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京第一長老教会(とうきょうだいいちちょうろうきょうかい)は、築地にあった長老派の教会である。

C.カラゾルス宣教師

築地の築地大学校の学生であった田村直臣原胤昭らが、1874年(明治7年)10月18日、C・カラゾルスから洗礼を受けた。田村と原に東京基督公会安川亨を加えて教会を設立した。

この教会を中心に、カラゾルスから洗礼を受けた人々の群れを「築地バンド」と|いう。

カラゾルスが仮牧師、安川が長老になった。後に瓜生外吉戸田三郎も参加した。

1876年(明治9年)にカラゾルスはミッションの問題で宣教師を辞任し、ミッションから離れて、文部省お雇い外国人になった。

教会も、芝露月教会(しばろげつきょうかい;後の日本基督教団芝教会)とカラゾルス派の日本独立長老教会の銀座教会(後の日本基督教団巣鴨教会)に分裂した。後に、田村直臣が銀座教会の牧師になる。

参考文献[編集]

  • 片子沢千代松「東京第一長老教会」『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 『長老・改革派教会来日宣教師事典』新教出版社、2003年