タムソン塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タムソン塾は、アメリカ合衆国長老教会宣教師ディビッド・タムソン東京築地で開いていた洋学私塾である。

1863年にディビッド・タムソンが来日する。東京での宣教活動に専念するために横浜公会をヘンリー・ルーミスに託して、1873年(明治6年)2月に小川義綏夫妻と共に東京築地の居留地に転居した。東京転居後まもなく、切支丹禁制の高札が撤去された。1873年9月20日には築地居留地17番A号の東京ユニオン・チャーチを借りて、横浜公会のメンバー8人によって東京基督東京公会(新栄教会)を創立した。

タムソンは築地で私塾を始め、青山昇三郎北原義道服部章蔵鈴木銃太郎小林格谷崎全次渡辺利兵衛らが学んだ。

1877年(明治10年)にオリバー・マクリーン・グリーンウィリアム・インブリー築地六番神学校(長老教会神学校)とブラウン塾ワデル塾(スコットランド教会塾)と合同して、東京一致神学校を開校し、タムソン塾は発展解消した。タムソン塾の7名の塾生は東京一致神学校に入学し、タムソンは神学校で旧約聖書釈義を受け持った。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 『長老・改革教会の来日宣教師事典』新教出版社、2003年