南部バプテスト連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南部バプテスト連盟(なんぶバプテストれんめい、: Southern Baptist Convention)は、アメリカ合衆国南部バプテスト派の最大勢力。本部をテネシー州ナッシュビルに置く。南部バプテスト派は、アメリカ合衆国パティキュラー・バプテスト派から、奴隷制度に関する意見の対立で1845年に分裂したバプテストの一派を起源とし、現在は米国プロテスタント系キリスト教の最大教派である。米国内の信徒数は約1,600万人で、カトリックの約6,800万人に次ぐ(2006現在)。聖書無誤説聖書原典の内容は、あらゆる面で完全に正しいとする立場)を取る信者も多く、他の教会や信徒団体にくらべ神学的・政治的に保守キリスト教右派的なキリスト教根本主義の傾向が強いとされる。

近年においては、女性の主任牧師を認めず、パウロ書簡にある女性の男性への服従義務を信仰告白に明記するなど、保守化傾向をさらに強めている。これに反発する者もおり、アメリカではジミー・カーター元大統領をはじめ信徒の脱退・転会も確認され、またリベラル日本バプテスト連盟も批判を行っているが、現在は同性婚を容認するような説教が行われるなど多様化している[1]

2019年、指導者やボランティアおよそ380人が、性的虐待を行っていた疑いがあることが発覚し、テキサス州の新聞社2社の報道によると、1998年以降の被害者は700人以上に上る[2]

歴史[編集]

南部バプテスト派は、アメリカ合衆国パティキュラー・バプテスト派から、1845年に分裂したバプテストの一派を起源としている。

キリスト教としての信仰の確立の歴史[編集]

イエスの復活信仰の確立・ナザレのイエスの死を通しての贖罪信仰の確立・主イエス・キリスト信仰の確立・終末信仰の確立については、プロテスタント#キリスト教としての信仰の確立の歴史を参照

聖書は神の言葉という信仰の確立[編集]

聖書は神の言葉という信仰の確立については、旧約聖書#神の言葉として成立した聖書の歴史を参照

教義[編集]

おとめマリアより生まれたイエス[編集]

  • ナザレのイエスは、処女マリアから生まれた、と信じる。聖書に書いてある通りである。

ナザレのイエスは死んだけれども、よみがえった[編集]

  • 罪がないナザレのイエスは死刑になったが、死んでから三日たってからまた生き返った、と信じる。聖書に書いてある通りである。

ナザレのイエスは天に昇って行ってから、神の右に座った[編集]

  • ナザレのイエスはみんなの見ている前で、天に昇って行った、と信じる。聖書に書いてある通りである。
  • ナザレのイエスは再び天から降りてきて、最後の審判の時に、今現在生きている者と、すでに死んだ者とをさばくと信じる。
  • すでに死んだ人でも生き返ると信じる。イエスを救い主と信じる人は、神の国が到来したら、新しい命がもらえると信じる。

聖書は神の言葉だと信じる[編集]

指導者が聖霊に満たされて語る言葉は、神の言葉とされているので、聖霊に満たされて書かれた聖書は、神の言葉である。[3]

主な人物[編集]

関連団体[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 米最大の福音派新リーダー、政治や文化戦争からの後退を説教 2013年10月23日WSJ日本版。
  2. ^ 米最大のプロテスタント教派で性的虐待、被害者700人以上” (2019年2月13日). 2019年2月16日閲覧。
  3. ^ なお、聖書が神の言葉として成立した経緯については旧約聖書#神の言葉として成立した聖書の歴史を参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]