明治女学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都千代田区六番町の
明治女学校跡

明治女学校(めいじじょがっこう)は、1885年明治18年)から 1909年(明治42年)まで、東京にあった女学校

経緯[編集]

1885年、牧師木村熊二が、九段下牛ヶ渕(現・千代田区飯田橋)に開校した。島田三郎田口卯吉植村正久巌本善治が発起人となり、木村の妻で田口の姉の鐙子(とうこ)が取締役を務めたが、彼女は翌年没し、1887年、巌本が教頭になって実務を執った。

巌本は女学雑誌を主宰してもいたので、同誌への寄稿者、星野天知北村透谷馬場孤蝶戸川秋骨島崎藤村青柳有美らの若者が、教壇に立った。哲学の大西祝、心理学の元良勇次郎、国文学の大和田建樹、音楽の幸田延子、英語の津田梅子若松賤子、医学の荻野吟子らも教え、富井於菟新井奥邃・島田三郎・植村正久・内村鑑三生物学)が講師を勤めた時期もあった[1]

1892年、巌本が2代目校長となった。

巌本もプロテスタントだったが、校内で宗教的儀式は行わず、布教を教育に混ぜ込まなかった。そして、神の下で平等な男女が健全な家庭を営むための心構えを、生徒に躾けた。校舎も寄宿舎もボロ屋で、生徒の服装も質素だった。運営を話し合う評議会には、生徒も参加した。寄宿舎は自治制だった。全国から、良家の子女が集まった。大塚楠緒子は夫君の海外留学中に入学した。

学校は1892年、麹町区下六番町(現・千代田区六番町)に移転し、生徒数300の最盛期を迎えたが、教会や宣教師の経済的援助を受けなかったので、経営は楽でなかった。1896年2月、深夜の失火で、校舎・寄宿舎・教員住宅の大半を失った。焦眉の避難に、寄宿生の服装は乱れていなかったという。

焼け残った教室で残花桜井鴎村らが授業を続けたのち、1897年(明治30年)、東京府北豊島郡巣鴨(現・豊島区西巣鴨二丁目)に校舎を新築した。1904年、巌本は校主に退き、教師で寄宿舎の舎監だった呉久美(呉文聰の姉)が校長になって支えたが、1909年に閉校した。

千代田区六番町三丁目1と豊島区西巣鴨二丁目14 - 11の故地に、記念の標識がある。

関係者の、回想を含む作品[編集]

→ 印の後は、入手可能と思われる改版。

脚注[編集]

  1. ^ 1889年(明治22年)の『女学雑誌』173号には明治女学校の広告が掲載され、巌本善治、植村正久、木村熊二、木村駿吉、島田三郎、内村鑑三が記されている。鈴木範久1983年、48頁

参考文献[編集]

  • 青山なを:『明治女学校の研究』(青山なを著作集 第2巻)、慶應通信 (1982)
  • 藤田美実:『明治女学校の世界』、青英舎(1984)
  • 昭和女子大学近代文学研究室:『近代文学研究叢書 第52巻』、昭和女子大学近代文学研究所(1981)
  • 『女学雑誌・文学界集』、筑摩書房 明治文学全集32(1973)
  • 鈴木範久『内村鑑三』[岩波書店]]、1983年

外部リンク[編集]