羽仁もと子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はに もとこ
羽仁 もと子
明治時代に撮影
生誕 羽仁もと
1873年9月8日
青森県八戸市
死没 (1957-04-07) 1957年4月7日(83歳没)
東京都東久留米市
死因 心臓衰弱
墓地 雑司ヶ谷霊園
国籍 日本の旗 日本
出身校 明治女学院
職業 思想家
教育者
ジャーナリスト
著名な実績 日本の女性ジャーナリストの先駆け、自由学園創設、婦人之友社起業、全国友の会創設
宗教 キリスト教無教会主義
配偶者 羽仁吉一
子供 羽仁説子 羽仁涼子 羽仁恵子
親戚 羽仁五郎
受賞 藍綬褒章
テンプレートを表示

羽仁 もと子(はに もとこ、1873年9月8日[1] - 1957年4月7日[1])は、日本における女性ジャーナリストの先駆け[2]。また、自由学園および婦人之友社の創立者。家計簿の考案者としても知られている[3]。本名は松岡もと子。

来歴[編集]

羽仁もと子と羽仁吉一
雑司ヶ谷霊園にある墓

1873年(明治6年)青森県八戸市に生まれる[1]1889年(明治22年)上京し[1]東京府立第一高等女学校2年生に編入[1]。在学中に洗礼を受け、生涯にわたってキリスト教を信仰した[4]。ただし、教会に属さない無教会の立場であった。

1890年(明治23年)東京女子高等師範学校を目指すも不合格となる。

1891年(明治24年)「女学雑誌」の編集長である巌本善治が校長を務める明治女学校高等科に入学[1]。明治女学校在学時には「女学雑誌」の校正を手伝い雑誌作りの基礎を学ぶ。

1892年(明治25年)帰郷し尋常小学校盛岡女学校の教員をし、その後結婚するもまもなく離婚[1]

1897年(明治30年)再度上京し、報知社(現・報知新聞社)に入社[4][5]報知新聞の校正係の職を得て[1]、機会あるごとに自主的に書いた原稿で実力を認められて、1899年(明治32年)4月に取材記者に登用された[2]。自伝では、自身を「はじめての女性新聞記者」と書いている[6]

1901年(明治34年)職場で知り合った羽仁吉一と再婚[1]、その後まもなく報知新聞を退職し[4]、吉一が高田新聞社に勤めるのに伴って新潟へ赴く[1]1903年(明治36年)女性雑誌『家庭之友』を創刊[1]。1904年家計簿を刊行する[3]1908年(明治41年)『家庭之友を『婦人之友』へと改題し、婦人之友社を設立する[1]

1914年(大正3年)婦人之友の姉妹誌として、子ども向けの『子供之友』も出版。しかし、国家総動員法のもとで日本出版会による統制によって、『婦人之友』を残して『子供之友』は廃刊となった。戦後に福音館書店から刊行される『こどものとも』は、この誌名を譲渡されたものである。

1921年(大正10年)読者の子への家庭的な教育を目指して、当初は女学校として東京・旧目白(西池袋)に自由学園を創立した[1]。その名称は新約聖書の「真理はあなたたちを自由にする(ヨハネによる福音書 8:32)」に由来している。創立当時、来日していたフランク・ロイド・ライトはファミリースクールへの共感から積極的に校舎の設計を引き受け、後に自由学園明日館として国の重要文化財の指定を受けて一般に公開されている。1925年(大正14年)学校規模の拡大により、現在の東京都東久留米市に購入した学校建設予定地周辺の土地を関係者などに分譲し、その資金で新しい学校施設を建設して移転。

1930年(昭和5年)全国の『婦人之友』愛読者により「全国友の会」が設立される[1]

1957年(昭和32年)脳血栓の後、心臓衰弱のため死去。墓は雑司ヶ谷霊園にある。

親族[編集]

著書[編集]

  • 『家庭小話』内外出版協会 1903
  • 『育児之栞』内外出版協会 1905
  • 『如何に家計を整理すべき乎』鹿鳴社 1906
  • 『ネルの勇気』(少女文庫)編. 愛友社[ほか] 1907
  • 『家庭問題 名流座談』編. 愛友社 1907
  • 『家庭教育の実験』家庭之友社[ほか], 1908
  • 『女中訓』婦人之友社 1912
  • 『赤坊を泣かせずに育てる秘訣』婦人之友社 1912
  • 1927年より婦人之友社から羽仁もと子著作集の刊行が始まり、戦後に新訂版が出版された。全20巻で完結したが、後に1巻が加えられて21巻となった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 創業者 羽仁もと子・吉一の生涯”. www.fujinnotomo.co.jp. 婦人之友社. 2023年9月15日閲覧。
  2. ^ a b 『女のくせに:草分けの女性新聞記者たち』インパクト出版会、1997年1月25日、56-70頁。 
  3. ^ a b 【学長通信】『三千円の使いかた』、家計簿、家計調査”. 大妻女子大学. 大妻女子大学 (2023年3月1日). 2023年9月15日閲覧。
  4. ^ a b c 羽仁 もと子”. www.city.hachinohe.aomori.jp. 八戸市. 2023年9月15日閲覧。
  5. ^ 羽仁もと子 とは - コトバンク(デジタル版 日本人名大辞典+Plus)
  6. ^ 『羽仁もと子著作集 第14巻 半生を語る』婦人之友社、1981年。 

参考文献[編集]

  • 『婦人之友』各号
  • 『羽仁もと子著作集』婦人之友社
  • 秋永芳郎『評伝羽仁もと子』新人物往来社、1969年
  • 羽仁説子『妻のこころ』岩波書店、1979年
  • 羽仁進『自由学園物語』講談社、1984年
  • 斉藤道子『羽仁もと子 生涯と思想』ドメス出版、1988年
  • 自由学園女子部卒業生会編『自由学園の歴史I 雑司ヶ谷時代』、1985年
  • 自由学園女子部卒業生会編『自由学園の歴史II 女子部の記録1934~1958』、1991年
  • 富坂キリスト教センター編『大正デモクラシー・天皇制・キリスト教』新教出版社、2001年
  • 『自由学園80年小史』自由学園出版局、2001年
  • 近代日本を創った7人の女性 長尾剛著 PHP文庫出版 2016年

関連人物[編集]

外部リンク[編集]