羽仁もと子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

羽仁 もと子(はに もとこ、1873年9月8日 - 1957年4月7日)は、日本で女性初のジャーナリスト。また、自由学園の創立者。また家計簿の考案者としても知られている。

はにもとこ
羽仁もと子
生誕 羽仁もと
1873年9月8日
青森県八戸市
死没 (1957-04-07) 1957年4月7日(83歳没)
東京都東久留米市
死因 心臓衰弱
墓地 雑司ヶ谷霊園
国籍 日本の旗 日本
出身校 明治女学院
職業 思想家
教育者
ジャーナリスト
著名な実績 日本人女性初ジャーナリスト、自由学園創設、婦人之友社起業、全国友の会創設
宗教 キリスト教
宗派 無教会主義
配偶者 羽仁吉一
子供 羽仁説子 羽仁涼子 羽仁恵子
親戚 羽仁五郎
受賞 藍綬褒章

来歴[編集]

雑司ヶ谷霊園にある墓

親族[編集]

著書[編集]

1927年より婦人之友社から羽仁もと子著作集の刊行が始まり、戦後に新訂版が出版された。全20巻で完結したが、後に1巻が加えられて21巻となった。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『婦人之友』各号
  • 『羽仁もと子著作集』婦人之友社
  • 秋永芳郎『評伝羽仁もと子』新人物往来社、1969年
  • 羽仁説子『妻のこころ』岩波書店、1979年
  • 羽仁進『自由学園物語』講談社、1984年
  • 斉藤道子『羽仁もと子 生涯と思想』ドメス出版、1988年
  • 自由学園女子部卒業生会編『自由学園の歴史I 雑司ヶ谷時代』、1985年
  • 自由学園女子部卒業生会編『自由学園の歴史II 女子部の記録1934~1958』、1991年
  • 富坂キリスト教センター編『大正デモクラシー・天皇制・キリスト教』新教出版社、2001年
  • 『自由学園80年小史』自由学園出版局、2001年
  • 近代日本を創った7人の女性 長尾剛著 PHP文庫出版 2016年

関連人物[編集]

外部リンク[編集]