木村とう子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木村鐙子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「木村鐙子」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
明治女学校取締であった木村とう子

木村 とう子(きむら とうこ、1848年7月26日嘉永元年6月26日) - 1886年明治19年)8月18日)は、木村熊二の妻で、日本の伝道者教育者でもある。木村鐙子とも表記される。儒学者佐藤一斎の曾孫で、田口卯吉の異父姉。

町子(まち)の娘として生まれる。まちが幕臣田口耕三と結婚し田口卯吉が生まれる。曽祖父の儒学者佐藤一斎により「鐙」と名づけられた。1865年に木村熊二と結婚する。1882年(明治15年)下谷教会グイド・フルベッキ宣教師より洗礼を受ける。

1885年(明治18年)9月30日の明治女学校の開校に伴い、取締役になったが、翌年コレラで急逝する。谷中天王寺墓地に埋葬された。

死後[編集]

植村正久は木村鐙子に死去の際に「木村とう子のひつぎを送る歌」として讃美歌を作る。1888年(明治21年)の『新撰讃美歌』に発表され、明治版昭和6年版昭和29年版(479番:『去りにしひとを』)の讃美歌に続いて採用された。

参考文献[編集]