津田梅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つだ うめこ
津田 梅子
Tsuda Umeko Portrait c1900.png
生誕1864年12月31日
Flag of Japan (2000 World Factbook).svg 日本江戸牛込南御徒町
(現・東京都新宿区南町
死没 (1929-08-16) 1929年8月16日(64歳没)
日本における郵船商船規則の旗 日本神奈川県鎌倉町
墓地東京都小平市津田塾大学構内)
国籍日本における郵船商船規則の旗 日本
出身校Flag of the United States (1891–1896).svg ブリンマー大学
著名な実績日本における近代女子教育の確立
子供津田眞(養子)
津田仙(父)
津田初子(母)
栄誉勲六等宝冠章(1915年)
勲五等瑞宝章(1928年)

津田 梅子(つだ うめこ、1864年12月31日元治元年12月3日〉- 1929年昭和4年〉8月16日)は、日本の教育者。日本初の女子留学生の一人。女子英學塾(のちの津田塾大学)創立者であり、日本における女子教育の先駆者と評価される。また、欧米の学術雑誌に論文が掲載された最初の日本人女性である。

初名はうめ(「むめ」と書いた)[1]。戸籍上はであったが、明治35年(1902年)に父である津田仙の戸籍から分籍した際に梅子に改めた[2][注 1]

生涯[編集]

1864年(元治元年)12月3日(新暦では12月31日)、津田仙(旧幕臣・東京府士族下総佐倉藩出身)・初子夫妻の次女として、牛込南御徒町に生まれる[6]。父・仙は幕臣であり、梅子が生まれた当時は外国奉行に勤めていた[7]。梅子が3歳の頃には幕府の使節の随員として福沢諭吉らと共に渡米するなどしたが、元号が明治に改まるとともに官職を辞した[8]明治2年(1869年)、仙は外国人の旅行者のために設けられた「ホテル館」という洋風旅館へ勤めはじめ、津田家は向島へ移った[9]。その頃から梅子は手習を始め、浅草まで踊りの稽古に通った[9]。当時の梅子は踊りが好きで、その筋の良さを師匠も認めていたと伝えられている[9]

アメリカ留学[編集]

日本最初の女子留学生[編集]

明治5年(1872年)、シカゴ滞在中に撮影したとされる女子留学生5名[10]。左から、永井繁子、上田悌子、吉益亮子、津田梅子、山川捨松[11][12]
渡米直後の梅子(明治5年〈1872年

明治4年(1871年)に仙は北海道開拓使嘱託となり、津田家は三田へ移った[13]。同年10月、アメリカ訪問時に男女平等・女子教育の必要性を実感した開拓次官黒田清隆太政官正院に伺出て実現させた開拓使による女子留学生のアメリカ派遣事業に、仙は梅子を応募する[14][15]。結果、募集に応じた最年少の梅子(満6歳)を含む女子5名を開拓使が推挙し、正院にて承認された[14][16]。出発に先立ち、女子留学生5人は士族の子女としては歴史上初めて皇后に拝謁を賜り[17]、11月に他の官費留学生とともに岩倉使節団に随行して渡米した。新暦1871年12月23日(本節は以下新暦で記す)に横浜を出港し、1872年1月15日にサンフランシスコに入港[18]。同年1月31日にサンフランシスコを5両編成の貸切列車で出発し、大陸横断鉄道を経由してワシントンD.C. ヘ向かったが、40年ぶりとされる大雪により日程が遅れた(ソルトレイクシティで18日間待機)[19][20]。2月25日にシカゴに到着、翌日の夜にはワシントンに向けて出発した[21]。5人の女子留学生はアメリカに到着後もなかなか洋服を買ってもらえずにいたが、岩倉具視に談判の末シカゴでようやく洋服を買い与えられた[21][注 2]。その時に撮影したとされる5人の記念写真が残されている[23][24]

第二の両親、ランマン夫妻[編集]

2月29日にワシントンD.C.に到着すると、梅子は吉益亮子とともにワシントンD.C.近郊のジョージタウンに住む、チャールズ・ランマン 英語版に引き取られた[23]。著名な画家・著述家・旅行家であった[注 3]ランマンは、当時、日本弁務使館書記官(Secretary of the Japanese Legation)を務めていた[23][注 4]1872年5月1日(新暦)には駐米少弁務使森有礼の斡旋で、留学生5人はワシントン市内に集められて同じ家に住まわされ、生活に必要な最低限の英語の勉強をさせられた[27]。同年10月末(新暦)には、上田悌子は体調不良を、吉益亮子は勉強に支障が出るほど目を悪くしたことを理由に帰国した[28]。残った3人がうめ、山川捨松(のちの大山捨松)、永井しげ(のちの瓜生繁子)である。この3人は生涯親しくしており、梅子がのちに「女子英学塾」(のちの津田塾大学)を設立する際に2人は助力する(→#女子英学塾を創設)。

2人の留学生の帰国を機に残った3人は再び別々にアメリカの家庭に預かられることとなり、梅子は再びランマン家に預けられた[29]。梅子はそこで十年を過ごすこととなった。ランマン家は家計にゆとりがある文化的な家庭であり、ランマン夫妻は梅子を実の娘同様に慈しんだ[25][注 5]。当初はランマン家に梅子が預けられるのは1年間の予定であったが、期限が近づいた時期の、ランマン夫妻の書簡(出典には宛先の記載なし)には「仮に梅子の留学が打ち切られるようなことがあれば、私どもが梅子の養育費や教育費を負担して預かり続ける覚悟です」という旨が記載されている[31]。梅子自身もランマン夫妻を深く敬慕し、日本に帰国した明治15年(1882年)から、ランマン夫人が大正3年(1914年)に88歳[32]で亡くなる直前まで[注 6]、数百通に及ぶ手紙をランマン夫人に書き送っている[33]

梅子は英語、ピアノなどを学びはじめ、市内のコレジエト・インスティチュートへ通う。日本宛の手紙も英文で書くようになる。この頃にはキリスト教への信仰も芽生え、ランマン夫妻には信仰を薦められていないが、明治6年(1873年)7月に特定の教派に属さないペンシルベニア州フィラデルフィア独立教会洗礼を受けた[34]。梅子に洗礼を授けた牧師は「感性と表現力は幾つか年上のアメリカの子より優れている。」[35]と梅子を評した[35][注 7]。明治11年(1878年)にはコレジエト校を卒業し、私立女学校であるアーチャー・インスティチュートへ進学。ラテン語フランス語などの語学英文学のほか、自然科学心理学芸術などを学ぶ。ピアノはかなりの腕前に達し、帰国後は何度も人前で演奏した[37]。また休暇にはランマン夫妻に連れられて各地への旅行を体験した[38]

モリス夫人との出会い[編集]

アーチャー・インスティチュート在学中の梅子は、父の知人であるウィリアム・コグスウェル・ホイットニーの紹介により、1882年(明治15年)2月または3月に、フィラデルフィアの資産家・慈善家・敬虔なクエーカーであるメアリ・モリス夫人[39](Mrs. Mary Harris Morris[40]. 1836年-1924年[39]. 夫はフィラデルフィア有数の大富豪であるウィスター・モリス[41])と知り合った[41][42][43]。梅子は、日本に帰国した後も、モリス夫人と文通を続けた[42][43]

モリス夫人は梅子の良き理解者となり、

  1. 梅子の2回目のアメリカ留学(明治22年〈1889年〉から明治25年〈1892年〉)の実現。
  2. 日本の女性をアメリカに留学させる「日本婦人米国奨学金」の創設(明治25年〈1892年〉)。
  3. 梅子が日本で創設した女子英学塾(現:津田塾大学)を経済的に支援する「フィラデルフィア委員会」の設立(明治33年〈1900年〉)

のいずれにおいても主導的な役割を果たし、アメリカから梅子を支援し続けた。

帰国[編集]

開拓使からの明治14年(1881年)9月までの帰国命令により[44]ヴァッサー大学音楽科(3年制)を同年6月に卒業した永井繁子は、命令通りに10月に帰国した[45]。一方、アーチャー・インスティチュート在学中の梅子、ヴァッサー大学本科(4年制)在学中の山川捨松は、1年間の延長を申請して認められた[44]。梅子と捨松は明治15年(1882年)6月に各学校を卒業し、同年11月21日に帰国した[45][46]

帰国後の活動[編集]

帰国後の待遇[編集]

女子留学を所管していた開拓使はすでに明治15年(1882年)2月に廃止され、梅子と山川捨松の管理は文部省に引き継がれていたが[47]、11年間の留学を終えて帰国した彼女たちに官職が用意されることはなく、二人は強い失望を味わった[48][49]。梅子がそのことをアメリカのランマン夫人に書き送ると、梅子を娘同様に思う夫人は、アメリカに戻って来なさい、と梅子に返答した[48]。梅子は、官費留学生としてアメリカに派遣された以上、日本に留まって恩返しをする「道義的責任」(Moral Obligation)があります、アメリカに戻る訳には行きません、とランマン夫人に再び書き送った[48]

山川捨松と永井繁子[編集]

山川捨松は、帰国前には日本に女子のための学校を設立する希望を持ち、就職先が見つからない中で、女子に英語を教える私塾を独力で設立する計画を立てたが実現には至らなかった。また、文部省より東京女子師範学校(現・お茶の水女子大学)への奉職を打診されたが、日本語能力が乏しい為に辞退せざるを得なかった。明治16年(1883年)11月、捨松は政府高官(陸軍中将・参議陸軍卿)で18歳年上の大山巌と結婚し、政府高官夫人の立場で留学で得た学識を生かす道を選んだ。

一方、ヴァッサー大学音楽科でピアノを専攻した永井繁子は、西洋音楽とピアノの専門知識及び技能を有する唯一の日本人であり、日本語能力が乏しくてもピアノの演奏と教授は可能であることから、帰国の4か月後、明治15年(1882年)3月2日付で文部省直轄の音楽取調掛(後の東京音楽学校、現・東京芸術大学音楽学部)の教師に採用され、日本最初のピアニストとして活躍した。繁子は、明治15年(1882年)12月に、アメリカで出会った瓜生外吉(海軍大尉)と恋愛結婚したが、その後も教師としてのキャリアを継続した。

縁談を断る[編集]

帰国した翌年の明治16年(1883年)、梅子はアメリカのランマン夫人、及び上野栄三郎(梅子の姉琴子の夫)の二人から、アナポリス海軍兵学校出身の海軍士官(海軍大尉[50]で、「武人たる神学者」[51]と呼ばれた敬虔なクリスチャンである世良田亮(せらた たすく[50]。梅子より8歳年上。梅子は留学中に世良田と知り合っていた[41][52][53]との結婚を再三勧められた[41][54][51]瓜生外吉(海軍大尉[55]。世良田とはアナポリスの同期生で親友[51]。外吉と世良田は、同じ時期に同じ経緯でクリスチャンになった[56]瓜生繁子夫妻も、二人の結婚を取り持とうとした[53]

ランマン夫人と上野は、いずれもアメリカ留学中の世良田に会って好印象を持ち、繁子がアメリカで出会った外吉と幸せな結婚生活を築いていることからも、世良田は梅子の配偶者にふさわしい、と考えた模様である[54]

しかし梅子は世良田との縁談を断り、ランマン夫人への手紙に

「どうぞセラタ氏のことはもう書かないで下さい。」(明治16年5月26日付、原文は英語、大庭みな子による和訳、[57]
「もうこの話題は終りにしたい。私がもう一度掘りおこしたいと思うのでなければ、これが最後です。」(明治16年6月10日付、原文は英語、亀田帛子による和訳、[58]

などと書き送った[54][注 8]

伊藤博文との再会[編集]

帰国後の1883年6月から6週間、瓜生繁子の口利きにより海岸女学校青山学院の源流)で夏季休業中の英語教師として働く[61][62]

同年11月3日、外務卿井上馨の邸で開かれた天長節祝賀パーティに出席した梅子は、岩倉使節団で同行して以来初めて伊藤博文と再会する[63][注 9]。11月26日、梅子は伊藤夫妻と共に、華族子女を対象とする私塾・桃夭女塾(桃夭女学校とも)を主宰していた下田歌子を訪問し、「梅子が下田に英語を教えること」、「下田が梅子に日本語を教えること」、「梅子が伊藤の妻と娘に英語や西洋式マナーを教えること」などが取り決められた[63]。同年12月8日、伊藤邸での最初のレッスンを行った際、伊藤から客分として住込みの家庭教師を提案され、梅子は父親との相談の上で伊藤の提案を承諾、同年12月20日頃に伊藤邸へ引っ越した[63]

伊藤家の客分となった梅子は、下田と英語・日本語を教え合い、伊藤家の家庭教師兼通訳として働き、伊藤の娘にはピアノの指導も行った。明治17年(1884年)3月1日からは、梅子は桃夭女塾に英語教師として出講した。伊藤は、自邸に滞在する梅子に様々なことについて意見を求め、討論した。[63]

梅子は、母の初子が病気になったため、同年6月末、半年間の家庭教師生活を終え、自宅に戻った。梅子は、伊藤による様々な便宜や、政府高官である伊藤が対等に接してくれたことを深く徳とし、後年まで伊藤と伊藤家に対して厚誼を欠かさなかった。[63]

華族女学校教授となる[編集]

明治18年(1885年)には伊藤の推薦で、学習院女学部から独立して設立された華族女学校で英語教師として教えることとなった(1885年〈明治18年〉9月、華族女学校教授補[64]、宮内省御用掛、奏任官高等官)に准じ取扱い、年俸420円[65]。さらに明治19年(1886年)2月には職制変更で嘱託に、同年11月には華族女学校教授となった(高等官6等、年俸500円)[64]。同校の女性教師のうち、高等官に列するのは学監の下田歌子(年俸1500円又はそれ以上)と梅子のみであった[66]。梅子は華族女学校で3年余り教えたが、上流階級的気風には馴染めなかったと言われる[要出典]

ふたたび留学[編集]

ブリンマー大学在学時(1890年(明治23年))

明治21年(1888年)に来日した留学時代の友人アリス・ベーコンに薦められ、梅子は再留学を決意。フィラデルフィアのモリス夫人に手紙で留学について相談すると、モリス夫人は、懇意にしているブリンマー大学ジェームス・E・ローズ英語版学長に梅子の受け入れを要請し、ローズ学長はそれを即諾すると共に、梅子に対する「授業料の免除」と「寄宿舎の無償提供」を約した[67][68][69][70][71]。また、華族女学校校長西村茂樹は、梅子に同校教授として規定通りの俸給を受けながらのアメリカ留学(2年間)を許可した[67][68][69][注 10]

梅子は明治22年(1889年)7月に再び渡米。当時は進化論におけるネオ・ラマルキズムが反響を呼んでおり、梅子はブリンマー大学で生物学を専攻する。梅子の2回目の留学は、当初は2年間の予定であったが、1年間の延長を華族女学校に願い出て認められた(但し無給休職の扱いとなり、代わりに1年分の手当として300円支給[73][74]

留学3年目の明治24年(1891年)から明治25年(1892年)の冬に、梅子は「蛙の発生」に関する顕著な研究成果を挙げた[75]。ローズ学長による、同大学理事会への1891年度報告書は「ミス・ツダの蛙の卵の軸の定位に関する研究は、その優秀性のゆえに、特に言及しておかねばならない。」(原文は英語、亀田帛子による和訳、[76])と特記している[76]。そして梅子の研究成果は、指導教官であるトーマス・ハント・モーガン博士(1933年 ノーベル生理学・医学賞)により、博士と梅子の2名を共同執筆者とする論文「蛙の卵の定位[76]」( "The Orientation of the Frog's Egg"[77])にまとめられ[注 11]、明治27年(1894年)にイギリスの学術雑誌 Quarterly Journal of Microscopic Science, vol. 35.[78]に掲載された[75][76]梅子は、欧米の学術雑誌に論文が掲載された最初の日本人女性である[79][80][注 12]。モーガン博士は、帰国した梅子宛の手紙(明治26年〈1893年〉10月14日付)において「私たちはあなたにすぐにアメリカに戻って欲しいといつも願っています。」(原文は英語、亀田帛子による和訳、[76])と、科学者としての梅子を高く評価する言葉を記している[76]

さらに、教育・教授法に関してはペスタロッチ主義教育の中心校として知られるニューヨーク州オスウィーゴ師範学校で半年間学んだ[81]

なお、アリス・ベーコンは日本習俗に関心を持ち、日本女性に関する研究をしていた。ベーコンがアメリカへ帰国し、研究成果 Japanese girls and women[82]を出版する際に梅子は手助けした。これは梅子が日本の女性教育に関心を持つきっかけになったとも言われている。留学3年目に入った梅子は、日本女性のアメリカ留学のための奨学金設立を発起し、講演や募金活動などを始めた(→#日本婦人米国奨学金)。

教育者として[編集]

明治25年(1892年)6月にブリンマー大学での2年半の修学を終えた[83]梅子は、同大学での生物学研究の継続を提案されたが辞退し[84][85]、明治25年(1892年)8月に帰国し、再び華族女学校に奉職した。教職を続けながら、梅子は自宅に寄宿させるなど女学生への積極的援助を行い、明治27年(1894年)には明治女学院講師も務めた。明治31年(1898年)5月、女子高等師範学校教授を兼任。翌6月にはコロラド州デンバーで開催された万国婦人連合大会(GFWC International Convention)に日本婦人代表として参加するため私費で渡米。三千人の聴衆を前に日本の女子教育について演説を行ない、翌日には新聞に「小さな日本婦人の演説」と掲載されて反響を呼んだ[86]。その後英国各地やパリを訪問し、英国ではナイチンゲールとの面会も果たし、翌明治32年(1899年)7月に帰国した[86]。明治32年(1899年)の暮、梅子は高等官5等に昇格し、年俸は800円となった[87]

女子英学塾を創設[編集]

成瀬仁蔵の女子大学創設運動や、明治32年(1899年)の高等女学校令私立学校令による法整備で女子教育への機運が高まると、梅子は「自らの学校」を開く活動を開始。

フィラデルフィアのモリス夫人、ブリンマー大学学長であるM・ケアリ・トマス英語版など、梅子の志に共鳴するアメリカの人々は、モリス夫人を委員長とする「フィラデルフィア委員会」(The Philadelphia Permanent Committee for Tsuda College[88])を明治33年(1900年)春に組織して、梅子の学校(Miss Tsuda's School[89])を支える寄付金を継続的に集めて日本へ送り続けた[88][90][91][注 13]

旧友の再会
左から、津田梅子、アリス・ベーコン瓜生繁子大山捨松

アリス・ベーコン(梅子を助けるためにアメリカから来日[93][94][95])、大山捨松[注 14]瓜生繁子新渡戸稲造[注 15]巌本善治[注 16]上野栄三郎[注 17]桜井彦一郎(櫻井鴎村)らの協力者[98][99][100]の助力を得た梅子は、明治33年(1900年)7月に華族女学校教授 兼女子高等師範学校教授を辞し[101][注 18]、私立学校令に基づく「女子英学塾」の設立願を東京府知事に提出して認可を受ける。同年9月14日「女子英学塾」を東京市麹町区一番町(現:千代田区三番町[104])の借家に開校、塾長として華族平民の別なき女子教育を志向して、一般女子の教育を始めた。開校時の学生は10名であった[105][注 19]

女子英学塾は、それまでの良妻賢母主義的な女子教育と違い、進歩的で自由なレベルの高い授業が評判となった。学生数10名で明治33年(1900年)に出発した塾は、8年後の明治41年(1908年)には学生数150名に達した[107]

一方で、塾の教育の厳しさも評判となり、開校当初は脱落者が相次いだ(→#厳格な英語教師)。

梅子、アリス(明治35年〈1902年〉に2年の任期を終えて帰国)アナ・ハーツホン(明治35年〈1902年〉にアリスと入れ替わりで来日して、昭和15年〈1940年〉まで一度も報酬を受け取らずに塾で教鞭を執り、病に倒れた梅子の志を引き継いで生涯を塾に捧げた[108]らは無報酬で塾に奉仕していたものの[注 20]、授業料収入(学生1名につき年額24円)のみでは学生・教師の増加に伴う塾の拡張(土地建物購入)も見込めず、塾の経営は常に厳しかった[111]。資金面で大きな助力となったのは、主にアメリカの支援者からの寄付金で、梅子は支援者への手紙を書き続け、一か月に300通を書いたこともあった[112][113]。塾顧問を務めていた大山捨松を介して、ヴァッサー大学の同級会(クラス・オブ・’82)から送られてきた50ドルの寄付金に対し、深く感謝を表し、使途の詳細を伝えた梅子の手紙(明治35年〈1905年〉8月31日付)が残っている[114]

東京市麹町区一番町で明治33年(1900年)9月に発足した塾は、麹町区元園町(現:千代田区麹町[115]。明治34年〈1901年〉4月に移転[116])を経て、明治36年(1903年)2月、新築落成した麹町区五番町(現:千代田区一番町[117])の恒久的な校舎に移った[118][119]。明治35年(1902年)夏の五番町の土地建物購入時の代価は1万円で、ボストンのウッズ夫人(Mrs. Henry Woods)から寄せられた大口の寄付金で大部分が賄われた[119]

明治36年(1903年)3月に専門学校令が公布されると、塾は翌明治37年(1904年)3月に専門学校の認可を受け[120]、同年9月には、「社団法人女子英学塾」の設立許可により、社団法人に移行した[121][注 21]。さらに明治38年(1905年)9月、塾は私立女子教育機関としては初めて、無試験検定による英語教員免許状の授与権を与えられた[105][注 22]

明治38年(1905年)10月17日、梅子を会長として日本基督教女子青年会(日本YWCA)が創立された[124]。大正4年(1915年)8月には、軽井沢の夏期学校で「日本の婦人運動」(Women's Movement in Japan )と題して講演、長時間議論を行った[125]。その要旨は「ジャパン・アドバタイザー」で紹介され、後に米国の「クリスチャン・サイエンス・モニター」に掲載された[126]

長期の闘病、死去[編集]

1917年の春ごろ、梅子は体調を崩して入院する[127]。2ヶ月後に退院したものの、その後も入院と退院を繰り返した[128]。3度の入院を経てこれ以上塾長を務めることが難しいと自覚した梅子は、1919年の1月初めに塾の社員会に対して辞意を示した手紙を送った[129]。同年2月に辻マツが塾長代理として就任し、梅子は塾長としての実質的な活動を終えた[130]

1919年の10月ごろ、親戚一同の計画で建てられた北品川御殿山の住居が完成する[131]。4度目の入院をしていた梅子は退院後ここに移り住み、以後10年間この家で過ごした[131]

1928年11月12日、昭和天皇即位の大典に際して勲五等に叙せられ、瑞宝章を授けられる[132]

1929年1月、弟・純の四男真を養嗣子として迎える[132]。同年7月には、鎌倉の別荘に移り住んだ[133]

昭和4年(1929年8月16日脳出血のため死去[134]。満64歳没[135]。梅子の葬儀は、東京市麹町区五番町の女子英学塾講堂での校葬(キリスト教式)として行われ、会葬者は約1千人に上り、昭和天皇皇后から祭祀金一封が下賜された[136][137]。墓所は、東京都小平市に在る津田塾大学の構内にある[4]

塾のその後[編集]

塾は、広い校地を得られる郊外への移転、さらには早くからの梅子の念願であった「真の女子大学の設立[注 23]」を目指して、大正11年(1922年)に東京府北多摩郡小平村(現:東京都小平市)に2万5千の校地を取得し、塾の拡張・女子大学の設立を目指す募金活動を開始した[138][139]。しかし、大正12年(1923年)の関東大震災で、大火災に見舞われた東京市中心部に位置する麹町区五番町の校舎は全焼し、女子大学の設立どころか塾の存続すら危ぶまれる窮境となった[140][注 24]。この危機に際し、既に63歳になっていたアナ・ハーツホンは、急遽アメリカに帰国し、梅子の実妹、かつ塾の卒業生でサンフランシスコに在住していた安孫子余奈子(1880-1944[141])の協力を得て、50万ドル[142](公定為替レートで100万円)を目標とする募金活動を展開した[143][144]。3年間に渡るアナの献身的な努力により、塾は目標金額を達成する寄付金(総額は85万1784円12銭、利子を加えると100万円を超えた[145])を得て、塾の復興と小平キャンパスの建設を果たした[118][142][146]

塾は、昭和6年(1931年)に落成した小平キャンパスに移転し[118][注 25]、梅子の死去から4年が過ぎた昭和8年(1933年)に梅子を記念して校名を「津田英学塾」に改めた[149][注 26]。塾は太平洋戦争の戦禍を乗り越え[注 27][注 28]、戦後の学制改革を経て「津田塾大学」となり、梅子の女子教育への思いを今に継承している[149][152]

紙幣肖像に採用[編集]

令和6年(2024年)上半期を目処に執行される予定の紙幣改定に於いて、五千円紙幣に梅子の肖像が使用されることが決まった[153][154]

日本婦人米国奨学金[編集]

梅子は、一回目のアメリカ留学(1871-82年)の際に、ペンシルベニア州フィラデルフィアの資産家・慈善家であるメアリー・モリス夫人(Mrs. Mary Harris Morris. 1836-1924[39])の知遇を得ていた[40][42][43]。二回目のアメリカ留学(1889-92年)中の明治24年(1891年)に梅子が日本女性をアメリカに留学させるための奨学金の創設活動を始めると、梅子の訴えに共鳴したモリス夫人は募金委員長を引き受けて8千ドルの基金を集め、明治25年(1892年)に「日本婦人米国奨学金[155](American Scholarship for Japanese Women[156][157])が発足した[40][156]。この奨学金は、基金の利子によって3-4年おきに1名を日本からアメリカに留学させ得る規模であった[40][156]。この奨学金は、昭和51年(1976年)に発展的に解消するまでの間に、計25人[158]の日本女性のアメリカ留学を実現させた[40][159]

後に著名になった受給者として下記の5名が挙げられる。

以上のように、この奨学金によって留学した多くの女性が、日本における女子教育の指導者となった[165][164][166]

また、梅子の母校であり、奨学金留学生を受け入れたブリンマー大学の卒業生には、レオニー・ギルモアなど、日本で英語教師となった者もいる[要出典]

人物像[編集]

生涯、母語は英語[編集]

幼少からのアメリカ生活で、梅子は日本語を完全に忘れていた[167]。留学時に梅子より年長であった捨松と繁子は、比較的早期に日本語を取り戻したが、梅子は日本語の習得に苦しんだ[168][169]。生涯を通じて、梅子の話す日本語は外国人風の発音で、梅子の母語(思考の言語手段)は英語であった[170]。捨松の娘の証言によると、捨松・繁子・梅子の3人同士の会話は常に英語であったという[171]

現存する梅子の書き物は、公的書類に「津田梅子」と漢字で署名したようなケースを除き、ほとんど全て英語である[172]。生涯を通し、梅子が自らの名で発表した日本語の刊行物は少なくないが、いずれも梅子が自ら書いたものではなく、梅子が話すのを編者・記者が口述筆記したものと考えられる[172]

厳格な英語教師[編集]

英語教師として女子英学塾の教壇に立つ際は、極めて厳格であったことを示す逸話が多い。

開校当時の女子英学塾では、あまりの厳しさから脱落者が相次いだ[173]。塾が開校した6年後の明治39年(1906年)に刊行された女学生向けのガイドブック[注 30]には「女子英学塾の教育は極めて厳しく、並大抵の勉強ではついて行けない」旨が記されている[174]。厳しさの背景には、高等女学校の英語教育のレベルが一般的に低い状況において[注 31]、塾における3年間の教育で、英語教員免許状を取得できるレベルまで学生を鍛え上げねばならない、という事情もあった[175]

塾の学生たちに対しては「自学自習が基本であり、授業は疑問を解決する場」という方針を示し、学生たちは完璧な予習を求められた[173]。英語の発音指導は特に厳しく、”No, no! Once more! Once more!” [176]と、正しい発音をできるまで何十回でも繰り返させた[152][177][176][注 32]

塾の第1回卒業生の一人は、下記のように述べている。

私はあのやうに身にしみた授業を受けた事は曽てなく、……、先生は何事も何事もいい加減な事はお嫌ひでありました。……自分で辞書の隅から隅まで探し、適訳を見つけさせました…… — 出典には氏名の記載あり、[178]

女子英学塾塾長(第2代)・津田塾大学学長(初代)を務めた星野あい(明治39年〈1906年〉女子英学塾卒業)は、下記のように述べている。

先生から直接指導を受けたのは一年半に過ぎなかったが、その授業の徹底、少しのごまかしも許さぬ厳しさは身に沁みて今に至るも忘れることは出来ない。 — 昭和30年(1955年)、星野あい[107]

塾の教え子の一人は、下記のように述べている。

先生は日本婦人に稀にみる熱と力の人で、その熱と力を集中しての訓練は、峻厳をきわめ、怠け者や力不足の者は学校に居たたまれぬほどであった。
その代わりに学生の態度が真剣で熱心であると、人一倍喜ばれた。はなはだしい愚問でないかぎり、生徒がいくらくどく質問しても、決していやな顔をされず、得心のいくまで教えられた。時には生徒が先生を言い負かすようなことがあっても、怒られぬのみかかえってその意気を喜ばれた。 — 教え子の氏名などは出典に記載なし、[179]

女子英学塾の第10回卒業生である山川菊栄の回想(『山川菊栄集 8 このひとびと』〈岩波書店、1982〉)によると、良家の令嬢が集う華族女学校や女子高等師範学校の教授を務めていた時の梅子は、アメリカの習慣通りに鞭を持って教室に現れて令嬢たちを驚愕させた、という[62]

素顔の梅子[編集]

女子英学塾の第5回卒業生である岡村品子(明治15年〈1882年〉- 昭和59年〈1984年〉)の、昭和56年(1981年)における回想によると、塾の教壇に立つ時の梅子は基本的に和服姿(着物に)で、懐中時計を常に帯びていた[177][注 33]。梅子は岡村より小柄であった[177]。岡村は塾の寄宿生で、塾に住み込んでいる梅子と寝食を共にしていたが、教壇を降りた梅子は朗らかで良く笑う人であり、アメリカ育ちとは思えないような、日本的かつ質素な生活をしていた[177]。雑談をするときの梅子は、本題は英語で話し、次いで日本語で説明をする、といった、英語と日本語を随時切り替える話し方をした[177]

古木宜志子は

華族女学校に就職してから一、二年間、梅子がおしゃれに気を使い、名士と交わり、鹿鳴館で踊ったことがあったとは信じられないほど、二度目の留学後はすっかり落ちつきを見せ、塾設立以後、学生の思い出が語る梅子は禁欲的なまでに奢美をさけた生活を送った。 — 古木宜志子、[180]

と述べ、クエーカー(清貧を尊び、平等主義を旨とする。ブリンマー大学はクエーカーが作った大学であり、盟友であるアナ・ハーツホンは敬虔なクエーカーであった)の梅子への影響を指摘している[180]

人物評[編集]

山川菊栄の評[編集]

女子英学塾の第10回卒業生であり、明治43年(1910年)前後に梅子の授業を受けた山川菊栄は、下記のように記している。

津田先生にとつては教へることが最大の快楽であり、唯一の趣味であるとさへ見えた。どんなに暗い、ムツツリしたお顔で教室へ入つて来られた時でも、授業の進行と共に、先生のお顔は晴れやかに輝き、最後には快活な笑ひ声と共に、凱旋将軍のやうに意気揚々と、恰かも又ほしい物をあてがはれた赤児のやうに、満足し切つて出て行かれるのだつた。 — 山川菊栄、塾同窓会『会報』第35号「津田梅子先生記念号」、昭和5年〈1930年〉7月、[176]

寺沢龍の評[編集]

寺沢龍は、梅子を下記のように評している。

その頑固さと実直さは父親ゆずりのものであり、妥協を許さない潔癖な性格であった。人柄は地味で表立ったことを好まなかったが、内心には熱く一徹なものを秘めており、正義感と責任感がつよく、いったん思い込むと容易に信を曲げなかった。気短で癇癪のつよいところも父親に似て、感情が直截にあらわれたともいわれている。 — 寺沢龍、[179]

大庭みな子の評[編集]

大庭みな子は、梅子を下記のように評している。

いったい梅子は幼いときから、日本人、アメリカ人、女性、男性を問わず、どうしてこうも次つぎとめぐり逢う有力な人びとに助けられる運命にあるのか。まず、チャールズとアデリン・ランマン夫妻、伊藤博文森有礼大鳥校長、西村校長、アリス・ベーコン捨松繁子、モリス夫妻、それぞれの立場で助力を惜しまなかった。そして冒頭に述べたアンナ・ハーツホンなどはまさにその一生を津田塾のために捧げたといってよいくらいである。 — 大庭みな子[181]
実際梅子には私利私欲というものがほとんどなかった。 — 大庭みな子[182]
梅子自身に聊かも私心がないだけに、この素直すぎるといえる援助を願う気持ちは不可思議に相手の心を動かした。 — 大庭みな子[183]
梅子は塾の創立を含め生涯に亙ってこの種の基金を集める教育事業家としても異様な才があった。彼女は自分のためには信じられないくらい質素で、集められた金は全て後進の女性を育てるために使われた。それ故にこそこれほどの浄財が彼女のもとに寄せられたのである。 — 大庭みな子[184]

山崎孝子の評[編集]

山崎孝子は、梅子を下記のように評している。

既存の資料を整理し、梅子の教えを親しく受けた人々から思い出などを聞きつつ、私が知ったことは、梅子がみずから語ったごとく、稀にみる「ふしぎな運命」を受け、選ばれた女性の栄光に満ちた道をたどりながらも、名利を求める心がいささかもなく、虚栄・虚飾から遠い地点を苦難を負って歩んだ、ということであった。梅子に関する資料が少ないことも、こうした梅子の美質と無関係ではない。多少あった現資料も、関東大震災・太平洋戦争の戦災などで焼失した。梅子の住んだ家・別荘の類も何一つ現存しない。ただ私どもの眼前に津田塾大学が現存し、同大学の東北隅には梅子の墓所がある。これが梅子が世に遺したすべてであった。 — 1962年3月 山崎孝子、[185]

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

著作[編集]

共著

  • 『女子大正りーだず Girls' Taisho Readers』シリーズ (共著:熊本謙二郎) 東京開成館、1916年。
  • 『女子新大正りーだず Girls' New Taisho Readers』シリーズ (共著:熊本謙二郎) 東京開成館、1921年(修正3版)。
  • 『ぱーる、りーだず Pearl Readers』シリーズ (共著:熊本謙二郎) 東京開成館、1925年。

英訳

  • 『国文英訳 花がたみ Leaves from Japanese literature』(註:南日恒太郎) 英文新誌社、1906年。

校訂・編集

  • 『Selected Stories in English』(for Japanese students arranged with notes) "The Present English" Office、1900年。
  • 『名家小品 English Stories』(selected for Japanese students) 文武堂、1901年。
  • 『英文 希臘神話 Old Greek Stories』(by James Baldwin) 英学新報社、1902年。
  • 『英文 頓機翁物語 The Story of Don Quixote』(retold by Calvin Dill Wilson; adapted and abridged for Japanese students、解説:畔柳都太郎) 英学新報社、1902年。
  • 『英文 法螺先生 The Adventures of Baron Munchausen』(retold by Ume Tsuda and Anna C. Hartshorne) 英学新報社、1902年。
  • 『英文 氷洲の少年 The Story of Jon of Iceland』(by Bayard Taylor) 英学新報社、1903年。
  • 『英文 二都譚 A Tale of Two Cities』(by Charles Dickens) 英学新報社、1903年。
  • 『英語小品 Easy English Stories』(adapted for students of English) 英文新誌社、1905年。
  • 『ハリファックス John Halifax, Gentleman』(by Miss Mulock; adapted for Japanese students) 三省堂、1909年。
  • ミゼラブル Les Misérables』(by Victor Hugo; adapted and abridged for Japanese students) 三省堂、1912年。
  • 『英文小品五題 Five Stories』(by Miss Edgeworth) 丁未出版社、1910年。
  • 『英文小品』 全14題、丁未出版社、1918年。

系譜[編集]

生家の津田家は、桓武平氏織田氏流で織田信長とは同族[191]。晩年に甥にあたる津田眞を養子に迎える。津田眞の娘・あい子と西郷隆盛の曾孫・西郷隆晄の次男として生まれた写真家津田直は祖父・津田眞と養子縁組をし、2000年津田梅子家当主を継いだ。また、司法通訳翻訳論者、社会学者、フィリピン研究者の津田守は又甥にあたる。梅子の伯母にあたる母 初の姉 武子/竹子は徳川家達の生母。梅子の祖母フクは栗沢汶右衛門(千人同心)の実姉と言われる。

関連作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 明治17年までの初回米国留学に関する公文書(アジア歴史資料センター)では「津田梅」が使用され、明治18年9月22日付官報・官庁彙報欄では「宮内省御用掛被仰付奏任官ニ準シ取扱候事 津田梅子」と表記されている(明治期の女性名での子の使用については「子 (人名)」参照。論点については「ノート:津田梅子#本名」参照)。また、大正5年(1916年)に梅子が上梓した英文書籍 Girl's Taisho Readers, Tokyo: Kaiseikwan, 1916. では、梅子のフルネームは ”Umé Tsuda” とクレジットされている[3]津田塾大学・小平キャンパス構内にある梅子の墓所(昭和6年〈1931年〉に建立[4])の墓碑銘は ”UME TSUDA / DECEMBER 31-1864 / AUGUST 16-1929” である[5]
  2. ^ 瓜生繁子(旧姓:永井)が晩年に記した回想記に「洋服は二、三日でできあがってきて、私たちは幸せだった」(原文は英語、亀田帛子による和訳、[22])と記載されている[22]
  3. ^ チャールズ・ランマン 英語版の著書は30点を超えるが、特に Private Life of Daniel Webster, 1852. が有名である。チャールズ・ランマンは、アメリカ東部の著名知識人の一人であった。[25]
  4. ^ 当時、ランマン家には画家の川村清雄も寄宿しており、滞在中に梅子の看病をおこなったという記録も残っている[26]
  5. ^ ランマン夫妻には子供がなかった[30]
  6. ^ 現存する、梅子からランマン夫人あての最後の手紙は、明治44年(1911年)のもの[33]
  7. ^ 梅子に洗礼を授けた牧師が、梅子の洗礼について新聞に寄稿した[36]。新聞の名称などは不明[36]。梅子が新聞の切り抜きを後年まで所持していた[36]
  8. ^ 梅子は、世良田亮との縁談以外に、神田乃武(英学者)、中島力造(倫理学者)の2名とも縁談があったという[59][60]
  9. ^ 伊藤博文は、岩倉使節団の大使の一人であり、使節団と共に渡米した、梅子たち女子留学生の面倒を親身に見ていた[63]
  10. ^ 古川安の研究によると、梅子は2回目の留学にあたり辞職願を華族女学校に提出していた[72]。古川は、学習院院長大鳥圭介と華族女学校校長西村茂樹の取り計らいにより、留学から帰国後も華族女学校に勤務するという条件で、同校教授としての俸給を受けながらの2年間の留学が認められたのであろう、と推測している[72]
  11. ^ 1933年にノーベル生理学・医学賞を受賞するモーガン(弟子及び孫弟子8人がノーベル賞受賞)の指導の下、梅子はカエル卵の卵割と体軸の方向性について1891年から1892年にかけて実験を行い、1892年春に成果をまとめた。モーガンは1893年春に華族女学校の教師津田うめとの共著論文として全5章からなる論文にまとめたが、梅子の成果は第2章にほぼそのままの形で使用された[77]
  12. ^ 古川安は、「保井コノが明治44年(1911年)にイギリスの Annals of Botany に論文を発表したのが、日本人女性の論文が欧米の学術雑誌に掲載された最初の事例である」とする論述が散見されるが、それは誤りであり、梅子は保井に17年先んじている、と述べている[79]
  13. ^ オーシロ・ジョージは、女子英学塾を支援し続けたフィラデルフィア委員会に参加した人々の多くが、梅子と親しかった新渡戸稲造・メアリ夫妻の人脈に連なる人々であったことを指摘している[92]
  14. ^ 明治33年(1900年)に梅子が女子英学塾を創設した際の新聞広告や報道記事には、必ず「女子英学塾 顧問 侯爵夫人大山捨松」と記載されている[96]。捨松は同年9月14日の開校式に出席し、『私立女子英学塾日誌』の記事には「大山侯爵夫人臨席」と特記されている[96]
  15. ^ 新渡戸稲造は、女子英学塾が開校した明治33年(1900年)9月にはアメリカに滞在していたが、明治34年(1901年)1月末に日本に帰国すると、塾での課外講義を何度も担当した[97]
  16. ^ 巌本善治は、二週間に一度、塾での課外講義を担当した[97]。巌本の講義は、塾の学生から人気が高かったという[97]
  17. ^ 上野栄三郎は、梅子の実姉である琴子の夫、クリスチャン、実業家[98]。現役の実業家として塾の経営と経理財務を指導し、自らの社会的信用と人脈を駆使して、塾のために何度も資金を調達した[98]
  18. ^ 高等官5等、年俸800円[102]。当時の36歳の日本人女性にとっての最高の職業的地位[103]
  19. ^ 明治33年(1900年)9月11日から13日までの3日間で「入学試験」を梅子とアリスの二人で行った[106]。ただし、この「入学試験」は、選抜試験ではなく、それぞれの学生の学力を把握して、適切なクラス(学年)に振り分けるための試験であった[106]
  20. ^ アリスは兼任していた女子高等師範学校嘱託[109]としての報酬で、梅子は女子高等師範学校講師としての報酬、山階宮家岩崎家三菱財閥)での家庭教師としての報酬で、それぞれ生活していた[110]。梅子とアリスは共に塾に住み込んでいたが、アリスは「家賃」を塾に支払って苦しい経営を助けた[110]
  21. ^ 明治37年の設立時の社団法人女子英学塾の理事は津田梅子、大山捨松の2名[122]。社員は巌本善治元田作之進新渡戸稲造桜井彦一郎上野栄三郎、阿波松之助の6名[122]
  22. ^ 無試験検定による教員免許状の授与権は、高等師範学校帝国大学・官立高等学校・官立専門学校、及び、「文部省が認可した公立学校・私立学校」に与えられていた[123]
  23. ^ 大正11年(1922年)の時点で、日本に「大学令に基づく女子大学」は未だ存在しなかった。女子英学塾を含め、日本の女子高等教育機関は、専門学校令に基づく旧制専門学校のレベルに留まっていた。
  24. ^ 関東大震災で東京市麹町区五番町の建物を全て失った塾の財産は、五番町の校地・小平の新校地のみであり、塾の基本金は5万円に満たなかった[140]
  25. ^ 昭和6年(1931年)の8月末に小平キャンパスの校舎や寄宿舎など主要な建物が竣工し、同年9月から小平キャンパスでの授業を開始した[147]。全工事が完了したのは昭和7年(1932年)1月30日、新築落成式が挙行されたのは同年5月21日であった[148]
  26. ^ 女子英学塾の英文校名は創設当初から”Tsuda College”であり、日本国内でも「津田塾」と通称されていた[149]
  27. ^ 昭和10年(1935年)頃からのアメリカ・イギリスとの関係悪化による「英語不要論」の台頭により、全国の高等女学校の英語科が全廃に近い状態になったことは、明治33年(1900年)の創設以来、「英語科教師の育成」を第一にして来た塾にとって強烈な逆風となった[150][151]。塾の卒業生の主な進路である英語科教師の需要は激減し、塾への入学志願者も激減した[151]。第2代塾長を務めていた星野あいは、昭和17年(1942年)に、理科(数学科と物理化学科)を増設して、校名から「英学」を外して「津田塾専門学校」とすることを決定して認可を申請し、昭和18年(1943年)1月に認可された[150]
  28. ^ 塾の小平キャンパスは、昭和20年(1945年)当時の東京市街地、軍需工場、軍事施設のいずれからも遠く離れており、太平洋戦争末期の空襲による被害を免れた。
  29. ^ ブリンマー大学の卒業生一覧[161]に名前の記載がある。
  30. ^ 中村千代松『実地精査 女子遊学便覧』(女子文壇社、1906年国立国会図書館デジタルコレクション)。
  31. ^ 塾の開校から10年以上が過ぎた1910年代半ばに塾で学んだ卒業生は、自分の卒業した高等女学校の英語教師が「本校での英語教育の目的は、結婚後に夫の洋書を本棚に逆さに並べないようにすること、輸入品の缶詰の中身が何なのか分かるようにすることである」という旨を言っていた、と回想している[175]
  32. ^ 梅子が自ら塾の教壇に立っていた時代(明治33年〈1900年〉の開校から、大正5年〈1916年〉頃まで)、梅子のような「英語の正しい発音を教える能力」を有する英語教師は稀であった。
  33. ^ 津田塾大学 津田梅子資料室には、梅子が愛用した金側の懐中時計が所蔵されている(「津田塾大学デジタルアーカイブ」)。

出典[編集]

  1. ^ 山崎 1988, p. 20
  2. ^ 橘木 2022, p. 125
  3. ^ Miss U. Tsuda, Prof. K. Kumamoto, Girl's Taisho Readers, Book Four, Tokyo: Kaiseikwan, 1916.(国立国会図書館デジタルアーカイブ)
  4. ^ a b 山崎 1988, pp. 284–286, 五 晩年:3 墓地
  5. ^ plum garden:津田塾探訪 #2 - 津田梅子墓所”. 津田塾大学. 2022年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月12日閲覧。
  6. ^ 山崎 1962, pp. 16–17.
  7. ^ 山崎 1962, pp. 19–20.
  8. ^ 山崎 1962, pp. 23–24.
  9. ^ a b c 山崎 1962, p. 24.
  10. ^ 亀田 2005, p. 14
  11. ^ 寺沢 2009, p. 32
  12. ^ 山崎 1988, p. 49
  13. ^ 山崎 1962, pp. 24–25.
  14. ^ a b 井上 2019, p. 8-9
  15. ^ 山崎 1962, pp. 27–31.
  16. ^ 山崎 1962, p. 31.
  17. ^ 山崎 1962, pp. 36–37.
  18. ^ 山崎 1962, pp. 43–46.
  19. ^ 寺沢 2009, pp. 28–29, 第1章 アメリカの熱狂的な歓迎:暁のサンフランシスコに入港
  20. ^ 山崎 1962, p. 49.
  21. ^ a b 山崎 1962, pp. 49–50.
  22. ^ a b 亀田 2005, pp. 10–15, 第1章 岩倉使節団と五人の女子留学生:1 出発
  23. ^ a b c 山崎 1962, p. 50.
  24. ^ 寺沢 2009, pp. 30–32, 第1章 アメリカの熱狂的な歓迎:和服を洋服に替えた岩倉大使と五人の少女
  25. ^ a b 山崎 1988, pp. 50–58
  26. ^ 高階 2003, pp. 3–4.
  27. ^ 山崎 1962, p. 66.
  28. ^ 山崎 1962, p. 71.
  29. ^ 山崎 1962, pp. 71–72.
  30. ^ 亀田 2005, pp. 28–30, 第2章 ジョージタウンでの生活-ランマン夫妻とともに:1 ランマン夫妻
  31. ^ 古木 1992, pp. 37–39, 第3章 アメリカ時代:ランマン夫妻の愛着
  32. ^ 大庭 2019b, 位置番号 2841。
  33. ^ a b 大庭 2019b, 位置番号 149 - 166。
  34. ^ 山崎 1988, pp. 80–81, 二 少女時代:5 梅子の修学 その1:梅子とキリスト教、山崎 1988, pp. 83–85, 二 少女時代:5 梅子の修学 その1:梅子の洗礼
  35. ^ a b 古木 1992, pp. 43–44, 第3章 アメリカ時代:梅子の受洗
  36. ^ a b c 古木 1992, pp. 59–60, 第3章 アメリカ時代:註
  37. ^ 亀田 2005, p. 83
  38. ^ 山崎 1988, pp. 97–98, 二 少女時代:7 梅子の修学 その2:梅子の旅行・ナイヤガラの滝をみる
  39. ^ a b c 飯野ほか編 2000, pp. 178–180, 第8章 メアリ・H・モリス奨学金-日本の女性に梅子と同じ機会を(内田道子):1 モリス家と日本人:梅子の願い
  40. ^ a b c d e Louise Ward Demakis, "No Madame Butterflies: The American Women's Scholarship for Japanese Women"「『蝶々さん』イメージを払拭して-日本の女子高等教育を支えた米国婦人奨学金」, (PDF), 1989年, 上智大学
  41. ^ a b c d 亀田 2005, pp. 55–60, 第2章 ジョージタウンでの生活-ランマン夫妻とともに:6 梅子とモリス夫人との出会い
  42. ^ a b c 山崎 1988, pp. 121–122, 三 私塾創立への歩み:3 留学の希望:モリス夫妻に留学の希望を伝える・モリス夫妻の紹介者ホイトニー
  43. ^ a b c 大庭 2019b, 位置番号 2153。
  44. ^ a b 亀田 2005, pp. 52–54, 第2章 ジョージタウンでの生活-ランマン夫妻とともに:5 留学延長の措置
  45. ^ a b 寺沢 2009, pp. 94–96, 第4章 五人の別離とアメリカでの新しい生活:三人の女子留学生に帰国命令
  46. ^ 寺沢 2009, pp. 120–121, 第6章 帰国女子留学生の困惑と苦悩:十一年ぶりに日本に帰った捨松と梅子
  47. ^ 北海道立文書館所蔵「留学女生徒処分之件」明治15年2月20日~明治15年6月2日。
  48. ^ a b c 寺沢 2009, pp. 131–132, 第6章 帰国女子留学生の困惑と苦悩:帰国しても仕事がなくて悩む捨松と梅子
  49. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 14–15, 第1章 津田梅子とその時代-女子高等教育発展との関わりを中心として(伊勢田耀子):1 留学前後と教育界:帰国女子の受入れ体制
  50. ^ a b 秦 2005, p. 222, 第1部 主要陸海軍人の履歴:海軍:世良田亮
  51. ^ a b c 生田 2017, 第4章 文部省音楽取調掛:海軍中尉瓜生外吉との結婚
  52. ^ 生田 2017, 第3章 ヴァッサー・カレッジ時代:卒業-ショパンを弾く
  53. ^ a b 寺沢 2009, pp. 162–166, 第7章 捨松の結婚と梅子の孤愁:梅子は鬱屈した日々を過ごす
  54. ^ a b c 飯野ほか編 2000, pp. 81–82, 第4章 瓜生繁子-青春を共有した友として(亀田帛子):2 帰国後:瓜生家-若者たちのサロン
  55. ^ 秦 2005, p. 188, 第1部 主要陸海軍人の履歴:海軍:瓜生外吉
  56. ^ 寺沢 2009, pp. 89–91, 第4章 五人の別離とアメリカでの新しい生活:繁子と若き日本海軍士官の異国の恋
  57. ^ 大庭 2019b, 位置番号 836。
  58. ^ 亀田 2005, pp. 74–76, 第3章 帰国から再留学まで:1 帰国直後のできごと:3 山川捨松の結婚と梅子の結婚観
  59. ^ 山崎 1988, pp. 119–120, 三 私塾創立への歩み:3 留学の希望:梅子の悩み
  60. ^ 寺沢 2009, pp. 143–146, 第6章 帰国女子留学生の困惑と苦悩:学校創立の夢と結婚問題に悩む梅子
  61. ^ 亀田 2005, pp. 76–78, 第3章 帰国から再留学まで:1 帰国直後のできごと:4 女子教育への思い
  62. ^ a b 生田 2017, 第4章 文部省音楽取調掛:捨松と梅子-帰国はしたけれど
  63. ^ a b c d e f 亀田 2005, pp. 78–86, 第3章 帰国から再留学まで:2 伊藤博文と津田梅子:1 伊藤博文との再会・2 伊藤邸での日々
  64. ^ a b 山崎 1988, pp. 116–117, 三 私塾創立への歩み:2 華族女学校:当時の華族女学校
  65. ^ 亀田 2005, p. 95
  66. ^ 大庭 2019b, 位置番号 1905。
  67. ^ a b 寺沢 2009, pp. 196–201, 第9章 自己の信念と孤高に生きる津田梅子:津田梅子はふたたび米国への留学を目指す
  68. ^ a b 山崎 1988, pp. 121–122
  69. ^ a b 大庭 2019b, 位置番号 2152 - 2169。
  70. ^ 大庭 2019, p. 278, 解説-「言葉の命」を教えた人(髙橋裕子
  71. ^ 津田塾大学学長 髙橋裕子. “女性の力を信じることがこの国の未来を救う理由”. 朝日新聞. 2022年5月21日閲覧。
  72. ^ a b 古川 2022b, 第1章 アメリカに渡った少女:再留学の夢とその実現に向けて
  73. ^ 古川 2022b, 位置番号 142。
  74. ^ 山崎 1988, p. 134, 三 私塾創立への歩み:ブリンマー - カレッジ:留学期間、1年延期
  75. ^ a b 山崎 1988, p. 128, 三 私塾創立への歩み:4 ブリンマー - カレッジ:モーガン教授との共同研究
  76. ^ a b c d e f 亀田 2005, pp. 133–144, 第4章 ブリンマー大学留学から女子英学塾創設まで:1 ブリンマー大学と津田梅子:5 モーガン博士と津田梅子
  77. ^ a b Morgan, T. H. ,Tsuda, U. (1894). “The Orientation of the Frog's Egg”. Quarterly Journal of Microscopical Science Vol s2-35, Issue 139: 373-405, plate 24, 25. https://resolver.caltech.edu/CaltechAUTHORS:MORqjms94. 
  78. ^ Quarterly journal of microscopical science. 35. London: J. and A. Churchill [etc.]. (1893). https://www.biodiversitylibrary.org/item/49114 
  79. ^ a b 古川 2022b, 位置番号 165。
  80. ^ Tsuda University; Empowering Women to Make a Difference”. Akihisa KODATE, Prof. Dr.-Eng., Vice President for Public Relations and Student College of Policy Studies, Tsuda University. 2022年5月3日閲覧。
  81. ^ 山崎 1988, p. 131, 三 私塾創立への歩み:4 ブリンマー‐カレッジ:オズウィゴー師範学校で学ぶ
  82. ^ Bacon, Alice Mabel (1899). Japanese girls and women. Houghton, Mifflin and Company. LCCN 29-19932 
  83. ^ 山崎 1988, p. 137, 三 私塾創立への歩み:ブリンマー - カレッジ:ブリンマー留学を終了・ローズ学長の「証明書」
  84. ^ 山崎 1988, pp. 137–138, 三 私塾創立への歩み:ブリンマー - カレッジ:帰国
  85. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 111–113, 第5章 M・ケアリ・トマス-傑出したアメリカ女性と梅子の接点(高橋裕子):3 トマスと梅子の接点:ブリンマー大学在学中
  86. ^ a b 山崎 1988, pp. 160–170
  87. ^ 寺沢 2009, pp. 215–217, 第10章 わが道を歩む女子留学生たち:津田梅子は三度目のアメリカ渡航
  88. ^ a b 山崎 1988, p. 198, 4 女子英学塾とともに:フィラデルフィア委員会の送金
  89. ^ 亀田 2005, p. 185
  90. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 184–185, 第8章 メアリ・H・モリス奨学金-日本の女性に梅子と同じ機会を(内田道子):フィラデルフィア委員会
  91. ^ 亀田 2005, pp. 184–192, 第5章 女子英学塾創設:1 支援団体「フィラデルフィア委員会」の設立
  92. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 162–163, 第7章 津田梅子と新渡戸稲造-女子教育における二人のパイオニア(オーシロ・ジョージ):3 アメリカの支援者と新渡戸夫妻:梅子を支援した人びと
  93. ^ 山崎 1988, p. 177, 三 私塾創立への歩み:9 私塾創設:ミス-ベーコンの来日
  94. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 67–69, 第3章 アリス・ベーコンと大山捨松-梅子を支援したベーコン家の〈娘〉たち:おわりに-三人の夢の実現
  95. ^ 亀田 2005, p. 202
  96. ^ a b 亀田 2005, pp. 192–201, 第5章 女子英学塾創設:2 開校:1 開校準備・2 開校
  97. ^ a b c 亀田 2005, pp. 203–204, 第5章 女子英学塾創設:2 開校:3 開校時の授業と教師たち:(3) 課外授業の講師たち
  98. ^ a b c 寺沢 2009, pp. 228–230, 第11章 津田梅子の夢を実現した私塾の創立:津田梅子は「女子英学塾」を創立する
  99. ^ 大庭 2019b, 位置番号 2372。
  100. ^ 山崎 1988, pp. 177–178, 三 私塾創立への歩み:9 私塾創設:ミス-ベーコンの来日・桜井彦一郎幹事となる・創立の協力者
  101. ^ 華族女学校教授兼女子高等師範学校教授津田梅子依願免兼官ノ件”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2022年5月15日閲覧。
  102. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 23–25, 第1章 津田梅子とその時代-女子高等教育発展との関わりを中心として(伊勢田耀子):3 女子英学塾創設前後と教育界:女子英学塾の創設と発展
  103. ^ 大庭 2019, p. 212
  104. ^ RICCA 2021, p. 89
  105. ^ a b 飯野ほか編 2000, pp. 23–25, 第1章 津田梅子とその時代-女子高等教育発展との関わりを中心として(伊勢田耀子):3 女子英学塾創設前後と教育界:女子英学塾の創設と発展
  106. ^ a b 山崎 1988, p. 184, 四 女子英学塾とともに:1 開塾:開校式・十人の塾生
  107. ^ a b 古川 2022b, 第4章 英学塾の裏側で:熱血童女
  108. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 132–148, 第6章 アナ・コープ・ハーツホン-梅子と塾の娘たちのために捧げた一生(亀田帛子):4 女子英学塾教授として / 5 関東大震災とアナ・ハーツホン / 6 晩年 / おわりに-アナ・ハーツホンの遺品が語るもの
  109. ^ 亀田 2005, pp. 206–207, 第5章 女子英学塾創設:3 女子英学塾の発展:1 一番町校舎から元園町校舎へ
  110. ^ a b 寺沢 2009, pp. 231–233, 第11章 津田梅子の夢を実現した私塾の創立:アリスとアンナの梅子への友情
  111. ^ 山崎 1988, p. 208, 4 女子英学塾とともに:塾の財政状態
  112. ^ 山崎 1988, p. 209, 4 女子英学塾とともに:土地・建物の購入費
  113. ^ 大庭 2019, pp. 224–225
  114. ^ 久野 1988, pp. 228–234, 女子英学塾の誕生:発展する女子英学塾
  115. ^ RICCA 2021, p. 99
  116. ^ 山崎 1988, pp. 197–199, 四 女子英学塾とともに:3 元園町一丁目:フィラデルフィア委員会の送金・元園町一丁目の醍醐侯爵旧邸・元園町の間取り
  117. ^ RICCA 2021, p. 102
  118. ^ a b c 津田塾の歴史|津田塾大学” (日本語). 津田塾大学. 2022年3月6日閲覧。
  119. ^ a b 山崎 1988, pp. 206–211, 四 女子英学塾とともに:4 五番町十六番地
  120. ^ 山崎 1988, p. 213, 四 女子英学塾とともに:5 専門学校の認可:専門学校の認可を受ける
  121. ^ 山崎 1988, p. 213, 四 女子英学塾とともに:5 専門学校の認可:社団法人設立
  122. ^ a b 山崎 1988, p. 215
  123. ^ RICCA 2021, p. 106
  124. ^ 東京YWCA五十年のあゆみ
  125. ^ 中央公論社『歴史と人物 第8巻』(1978年)p.140
  126. ^ 昭和女子大学光葉会『近代文学研究叢書 第30巻』(1956年)p.382
  127. ^ 山崎 1962, pp. 248–249.
  128. ^ 山崎 1962, pp. 248–255.
  129. ^ 山崎 1962, p. 255.
  130. ^ 山崎 1962, p. 259.
  131. ^ a b 山崎 1962, pp. 266–267.
  132. ^ a b 山崎 1962, p. 283.
  133. ^ 山崎 1962, p. 276.
  134. ^ 山崎 1962, p. 279.
  135. ^ 山崎 1988, p. 279
  136. ^ 山崎 1988, pp. 280–281
  137. ^ 山崎 1988, p. 308, 略年譜(昭和4年・1929年)
  138. ^ 山崎 1988, pp. 269–270
  139. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 262–263, 第11章 星野あい-嵐の中の30年:2 大学への道:真の女子大学を
  140. ^ a b 飯野ほか編 2000, pp. 235–236, 第10章 安孫子余奈子-関東大震災後の塾再建に注いだ情熱:2 関東大震災と塾救済活動の開始:塾、灰燼に帰す
  141. ^ 飯野ほか編 2000, p. 230, 第10章 安孫子余奈子-関東大震災後の塾再建に注いだ情熱:はじめに
  142. ^ a b 山崎 1988, pp. 270–273
  143. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 237–239, 第10章 安孫子余奈子-関東大震災後の塾再建に注いだ情熱:2 関東大震災と塾救済活動の開始:「女子英学塾臨時救済委員会」設置
  144. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 135–140, 第6章 アナ・コープ・ハーツホン-梅子と塾の娘たちのために捧げた一生(亀田帛子):5 関東大震災とアナ・ハーツホン
  145. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 248–249, 第10章 安孫子余奈子-関東大震災後の塾再建に注いだ情熱:5 推進力:キリスト教
  146. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 229–256, 第10章 安孫子余奈子-関東大震災後の塾再建に注いだ情熱(飯野正子)
  147. ^ 山崎 1988, pp. 284–286, 第5章 晩年:3 墓地
  148. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 138–139, 第6章 アナ・コープ・ハーツホン-梅子と塾の娘たちのために捧げた一生(亀田帛子):5 関東大震災とアナ・ハーツホン:小平新校舎落成
  149. ^ a b c 山崎 1988, pp. 287–289, おわりに
  150. ^ a b 飯野ほか編 2000, pp. 264–265, 第11章 星野あい-嵐の中の30年:2 大学への道:第二次世界大戦と理科創設
  151. ^ a b 飯野ほか編 2000, p. 270, 第11章 星野あい-嵐の中の30年:3 英語教育:英語不要論
  152. ^ a b RICCA 2021, p. 122-125, 9つの質問でわかる! 津田梅子ってこんな人 この本の監修・津田塾大学津田梅子資料室に聞きました。
  153. ^ “新しい日本銀行券及び五百円貨幣を発行します” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 財務省, (2019年4月9日), https://www.mof.go.jp/currency/bill/20190409.html 2019年4月9日閲覧。 
  154. ^ “新紙幣を正式に発表 一万円札の裏は東京駅”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2019年4月9日). https://www.sankei.com/economy/news/190409/ecn1904090008-n1.html 2019年4月9日閲覧。 
  155. ^ 橘木 2022, pp. 87–109, 第3章 アメリカの大学へ留学する
  156. ^ a b c 山崎 1988, pp. 133–134, 三 私塾創立への歩み:4 ブリンマー - カレッジ:「日本婦人米国奨学金」の募集
  157. ^ 寺沢 2009, pp. 201–203, 第9章 自己の信念と孤高に生きる津田梅子:梅子は米国に再留学三年、生物学と教育・教授法を学ぶ
  158. ^ a b c d e f 飯野ほか編 2000, pp. 200–201, 第8章 メアリ・H・モリス奨学金-日本の女性に梅子と同じ機会を(内田道子):メアリ・H・モリス奨学金(ジャパニーズ・スカラシップ)受給者一覧表
  159. ^ 教育の変革を担った女性 津田梅子”. 内閣府. 2019年4月10日閲覧。
  160. ^ a b c d 山崎 1962, pp. 265–266.
  161. ^ Bryn Mawr College Calendar, 1914
  162. ^ 橘木 2022, p. 130
  163. ^ 山崎 1988, p. 266
  164. ^ a b 津田塾大学. “女性の力を信じることがこの国の未来を救う理由”. 朝日新聞. 2022年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月18日閲覧。
  165. ^ 瀬上拡子. “津田梅子” (PDF). 家族史研究会「女性史研究」第10集(1980年6月): 10-11. https://nwec.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=16636&item_no=1&page_id=4&block_id=58. 
  166. ^ 古木 1992, p. 129.
  167. ^ 山崎 1988, pp. 102–103
  168. ^ 飯野ほか編 2000, pp. 58–60, 第3章 アリス・ベーコンと大山捨松-梅子を支援したベーコン家の〈娘〉たち(高橋裕子):2 捨松の夢、梅子の夢、アリスの支え:結婚という岐路-捨松の婚約
  169. ^ 大庭 2019, pp. 71–72, 94
  170. ^ 寺沢 2009, pp. 121–124, 第6章 帰国女子留学生の困惑と苦悩:日本語が通じない困惑と焦燥
  171. ^ 久野 1988, pp. 133–138, 失意の日々:仕事探し
  172. ^ a b 亀田 2005, pp. 154–157, 第4章 ブリンマー大学留学から女子英学塾創立まで:2 塾創立へ向けて:1 梅子の、日本語による講演と日本語による刊行物
  173. ^ a b 山崎 1988, pp. 194–197, 第四章 女子英学塾とともに:2 一番町
  174. ^ 古川 2022b, 第4章 英学塾の裏側で:熱血童女
  175. ^ a b 古木 1992, pp. 161–163, 第9章 女子英学塾開校:英語教育の特色
  176. ^ a b c 亀田 2005, pp. 226–228, 第5章 女子英学塾創設:3 女子英学塾の発展:8 教室での梅子-山川菊榮の目を通して
  177. ^ a b c d e 大庭 2019b, 位置番号 2527 - 2630。
  178. ^ 橘木 2022b, 第4章 帰国後の梅子と津田英学塾:女子英学塾の設立当初の話題
  179. ^ a b 寺沢 2009, pp. 268–271, エピローグ-大山捨松・瓜生繁子・津田梅子の最期:嵐の去った日の津田梅子の臨終
  180. ^ a b 古木 1992, pp. 205–206, 結び:科学と信仰
  181. ^ 大庭 2019, p. 195
  182. ^ 大庭 2019, p. 196
  183. ^ 大庭 2019, p. 224
  184. ^ 大庭 2019b, 位置番号 2264
  185. ^ 山崎 1988, pp. 1–3, まえがき
  186. ^ 『官報』第1123号「叙任及辞令」1887年4月1日。
  187. ^ 『官報』第2966号「叙任及辞令」1893年5月22日。
  188. ^ 『官報』第4276号「叙任及辞令」1897年10月1日。
  189. ^ 『官報』第4964号「叙任及辞令」1900年1月22日。
  190. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。
  191. ^ 丹羽基二『姓氏?苗字研究の決定版』(秋田書店、1970年)[要ページ番号]
  192. ^ 結婚の話なんてしないで! 津田梅子 明治“アラウンド20”の悩み”. 歴史秘話ヒストリア. NHK. 2022年3月5日閲覧。
  193. ^ 八重の桜 第43話「鹿鳴館の華」”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA. 2022年3月5日閲覧。
  194. ^ “知花くらら、本格的に女優デビュー!大河「花燃ゆ」に出演”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年10月11日). https://eiga.com/news/20151011/1/ 2022年3月5日閲覧。 
  195. ^ “広瀬すず“新5000円札”津田梅子を演じる「『私、演じたんです!』って言いたくなると…」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年12月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2218465/full/ 2022年3月5日閲覧。 
  196. ^ “広瀬すず主演ドラマ「津田梅子」にディーン・フジオカ、田中圭、伊藤英明、内田有紀ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年2月3日). https://natalie.mu/eiga/news/464199 2022年3月5日閲覧。 

参考文献[編集]

参照個所が示されている文献[編集]

書籍[編集]

  • 飯野正子ほか編 『津田梅子を支えた人びと』津田塾大学、2000年。ISBN 4-641-19950-7 
  • 生田澄江 『瓜生繁子:もう一人の女子留学生』(Amazon Kindle)22世紀アート、2017年。 
  • 大庭みな子 『津田梅子』朝日新聞出版〈朝日文庫〉、2019年。ISBN 978-4-02-261982-2 
  • 亀田帛子 『津田梅子:一人の名教師の軌跡』双文社出版、2005年。ISBN 4-88164-563-3 
  • 久野明子 『鹿鳴館の貴婦人 大山捨松:日本初の女子留学生』中央公論社、1988年。ISBN 4-12-001750-8 
  • 橘木俊詔 『津田梅子:明治の高学歴女子の生き方』平凡社〈平凡社新書〉、2022年。 ISBN 9784582859959
    • 橘木俊詔 『津田梅子:明治の高学歴女子の生き方』(DMMブックス版)平凡社〈平凡社新書〉、2022b。 
  • 寺沢龍 『明治の女子留学生:最初に海を渡った五人の少女』平凡社〈平凡社新書〉、2009年。ISBN 978-4-582-85449-7 
  • 秦郁彦 編著 『日本陸海軍総合事典』(第2)東京大学出版会、2005年。 
  • 古川安 『津田梅子:科学への道、大学の夢』(DMMブックス)東京大学出版会、2022b。 
  • 古木宜志子 『津田梅子』清水書院、1992年。ISBN 978-4389411169 
  • 山崎孝子 『津田梅子』吉川弘文館〈人物叢書 新装版〉、1988年。ISBN 4-642-05122-8 

論文[編集]

マンガ[編集]

  • RICCA(まんが)、蛭海隆志(シナリオ)、津田塾大学津田梅子資料室(監修) 『津田梅子:女性が学ぶ道をきりひらいた明治時代の教育者』集英社〈集英社版 学習まんが 世界の伝記NEXT〉、2021年。ISBN 978-4-08-240078-1 

参照個所が不明の文献[編集]

  • 大庭みな子 『津田梅子』朝日新聞社、1990年。ISBN 978-4022561534
  • 山本志乃『女の旅―幕末維新から明治期の11人』中央公論新社(中公新書)、2012年。ISBN 978-4121021557
  • 亀田帛子『津田梅子とアナ・C・ハーツホン 二組の父娘の物語』双文社出版、2005年。ISBN 978-4881645680
  • アリス・M・ベーコン『明治日本の女たち』みすず書房、矢口祐人・砂田恵理加 訳、2003年。ISBN 978-4-622-08041-1
    • Bacon, Alice Mabel (1899). Japanese girls and women. Houghton, Mifflin and Company. LCCN 29-19932 
  • 高橋裕子『津田梅子の社会史』 玉川大学出版部、2002年。ISBN 978-4472402753
  • 川本静子・亀田帛子・高桑美子 編著『津田梅子の娘たち-ひと粒の種子から』ドメス出版、2001年。ISBN 978-4810705355
  • みやぞえ郁雄・菅谷淳夫『津田梅子―六歳でアメリカに留学した女子教育のパイオニア』小学館(学習まんが人物館)、1997年。ISBN 978-4092701120
  • 週刊雑誌『新マンガ日本史 45号 津田梅子』朝日新聞出版、2011年。ASIN: B005HJ10N0。
  • Rose, Barbara (1992). Tsuda Umeko and Women's Education in Japan, New Haven: Yale University Press. ISBN 978-0300051773.
  • The Attic Letters: Ume Tsuda's Correspondence to Her American Mother. Ed. by Yoshiko Furuki, New York: Weatherhill, 1991. ISBN 978-0834802445.
  • The Japanese in America. Ed. by Charles Lanman, New York: University Publishing Company, 1872.
  • 津田塾大学100年史編纂委員会編『津田塾大学100年史』2003年。
  • 津田塾大学編『津田梅子文書』改訂版、1984年。
  • 津田塾同窓会編『津田梅子伝』1956年。
  • 津田英学塾編『津田英学塾四十年史』1941年。
  • 津田塾大学所蔵『津田梅子遺文』
  • 国立公文書館デジタルアーカイブ「津田梅子叙勲ニ付上奏ノ件」大正12年12月25日(履歴書添付)。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]