若松賤子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
若松賤子
(わかまつ しずこ)
Sizuko Wakamatsu.jpg
ペンネーム 若松賤子
誕生 松川甲子(かし)
1864年4月6日
陸奥国会津
死没 (1896-02-10) 1896年2月10日(31歳没)
東京府東京市麹町区
墓地 染井霊園
職業 教育家翻訳家作家
言語 日本語英語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 フェリス女学院高等科
活動期間 1886年 - 1896年
ジャンル 教育評論・童話・英文翻訳
文学活動 女学雑誌ほか
代表作 小公子
デビュー作 『旧き都のつと』
配偶者 巌本善治
子供 清子・荘民・民子
親族 巌本真理(荘民の娘)
テンプレートを表示

若松 賤子(わかまつ しずこ、1864年4月6日元治元年3月1日) - 1896年明治29年)2月10日)は、教育家、翻訳家、作家巌本善治夫人。バーネットの『小公子』の名訳で知られ、日本で初めて少年少女のためのキリスト教文学を紹介した[1]

生涯[編集]

松川勝次郎正義の長女として、会津藩城下の阿弥陀町(現・会津若松市宮町)に生まれた。『甲子』(かし)の名は干支に因む。1歳のとき父正義は隠密となり、1868年(明治元年)の戊辰戦争の間は、母と甲子と妹美也(0歳)だけで過酷な状況に耐えた。正義は翌年、藩の移封先、斗南(現・むつ市)へ去り、母は1870年(明治3年)、会津で没した。

甲子は、若松に来ていた横浜の商人大川甚兵衛に見込まれて養女となり、1871年(明治4年:本人7歳)、プロテスタントメアリー・キダー(Mary E. Kidder)の英語塾(のちのフェリス女学院)に入ってアメリカ式の教育を受けた。1877年(明治10年:本人13歳)の時、日本基督公会(現在、日本キリスト教会横浜海岸教会)で稲垣信牧師より受洗した。

1881年(明治14年:本人17歳)、若松はフェリス女学院高等科を終了し、母校の和文教師として教壇に立った。この頃に名乗った『島田』姓は、父の隠密時代の仮の姓という。

1883年(明治16年)、養父が亡くなり、1885年(明治18年)、上京していた勝次郎のもとへ復籍した。既に肺結核を病んでいた。

フェリスに講演に来た巌本善治と知り合い、1886年(明治19年)、彼の主宰の『女学雑誌』誌に、紀行文『旧き都のつと』と詩『木村鐙子を弔ふ英詩』を若松賤子名で掲載した。若松は故郷、賤子は『神のしもべ』の意という。しづ・賤・某女・賤の女、なども用いた。『甲子』も『嘉志子』と書いた。そして1889年(明治22年:本人25歳)巌本と横浜海岸教会で結婚し、フェリスを退いて善治の『明治女学校』で教鞭を執った。巌本・若松夫妻の二人は後に清子・荘民・民子ら3人の子を授かることになる。

50余篇の記事を女学雑誌に載せ、特に1890年(明治13年)から翌々年にかけて同誌に連載した『小公子』は森田思軒坪内逍遥に激賞され、長く少年層に読み継がれることになった。

1894年(明治27年:本人30歳)からは、英文誌『The Japan Evangelist』(日本伝導新報)の婦人欄と児童欄を担当し、日本の行事や習慣の紹介を70余篇掲載する。

家事と育児と執筆の多忙な中で、若松の結核の病状は進行していく。1896年2月、明治女学校が炎上した5日後に、麹町区下六番町の仮寓において[2]心臓麻痺が原因で死没した。遺体は、染井墓地に葬られた。

おもな文業[編集]

雑誌への投稿(抄)[編集]

  • 『旧き都のつと』、女学雑誌(1886.5)
  • 『In Memoriam』(明治女学校初代校長木村鐙子を弔う詩)、女学雑誌(1886.10)
  • 『お向ふの離れ』、女学雑誌(1889.10)
  • 『すみれ』、女学雑誌(1889.10 - 12)
  • 『忘れ形見』(プロクター(Adelaide Anne Procter)の詩 "The Sailor Boy" の翻案)、女学雑誌(1890.1 - 3)
  • テニソン:『イナック・アーデン』、女学雑誌(1890.1 - 3)
  • バーネット:『小公子』、女学雑誌(1890.8-1892.1)
  • 『我宿の花』、女学雑誌(1892.3 - 1893.2)
  • 『人さまざま』、女学雑誌(1892. 6. 8)
  • ディケンズ:『雛嫁』(『デイヴィッド・コパフィールド』の部分訳)、国民の友(1892.8)
  • インジロー(Jean Ingelow):『ローレンス』、女学雑誌(1893.1 - 3)
  • バーネット『セイラ・クルーの話』(小公女)、少年園(1893.9 - 1894.4)
  • 『ストウ女子小説の一節 大学に入らんとして伯父を訪ふ』、評論(1893.9)
  • ウィギン:『いわひ歌』(クリスマスの天使)、女学雑誌(1893.9 - 12)
  • 『波のまにまに』、評論(1893.11. 12)
  • 『Thinking of our Sister beyond the great sea』(海外のシスターを思う)、The Japan Evangelist(1894.6)
  • 『おもひで』(絶筆)、少年世界(1896.1 - 3)

復刻[編集]

比較的新しい分に限った。

  • 『お向ふの離れ』:(筑摩書房:『現代日本文学大系5』、筑摩書房(1972))に収録
  • 巌本善治編:『巌本嘉志子英文遺稿集』、龍渓書舎(1982)
  • 『女学雑誌』復刻版、臨川書店(1984)
  • 『小公子』:岩波文庫 第30刷(1994)
  • 尾崎るみ編:『若松賤子創作童話全集』(『ひろひ児』『林のぬし』『黄金機会』『鼻で鱒を釣つた話(実事)』『犬つくをどり』『病める母と二才の小悴』『砂糖のかくしどこ』『海底電信の話』『たんぽぽ』『鳥のはなし』『邪推深き後家』『水銀のはなし』『栄公の誕生日』『みとり』『着物の生る木』『猫徳』『小遣ひ帳』『玉とお染さん』『三ツ宛』『おもひで』)久山社 日本児童文化史叢書4(1995)ISBN 9784906563647
  • 川戸道昭・榊原貴教編:『明治の女流文学1 翻訳編 若松賤子集』(ロングフェロー:『世渡りの歌』、プロクター:『まどふこゝろの歌』『優しき姫の物語』『忘れ形見』『わが宿の花』、テニソン:『イナック・アーデン物語』『おうな』、ディケンズ:『雛嫁』、インジロー:『ローレンス』『淋しき岩の話』、ウィギン:『いわひ歌』、作者不詳:『人さまざま』『黄金機会』『アンセルモ物語』『勇士最後の手帋』)、五月書房 明治文学復刻叢書(2000)ISBN 9784772703253
  • 『セイラ・クルーの話』:「川戸道昭、榊原貴教編:『明治翻訳文学全集』 新聞雑誌編21』、大空社(2000)」所収

参考文献[編集]

  • 昭和女子大学近代文学研究室:『近代文学研究叢書 第2巻』、昭和女子大学光葉会(1956)
  • 石丸久編:『年譜 若松賤子』(筑摩書房 明治文学全集32 女学雑誌・文学界集(1973)の巻末)
  • 滑川道夫編:『作品による日本児童文学史 1 明治大正期、2 昭和前期、3 昭和後期』牧書店(1968 - 1972)
  • 山口玲子: とくと我を見たまえ 若松賤子の生涯 新潮社 (1980)
  • 日本児童文学学会編:『児童文学事典』、東京書籍(1988)ISBN 4487731917
  • 尾崎るみ著:『若松賤子 黎明期を駆け抜けた女性』、港の人(2007) ISBN 9784896291780

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「婦人と文学」宮本百合子
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)362頁

外部リンク[編集]