巌本真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1948年

巖本 真理(いわもと まり、1926年1月19日 - 1979年5月11日)は、ヴァイオリニスト。出生時の戸籍名は巖本メリー・エステル、後に巖本真理と改名。

教育者巌本善治若松賤子の長男である巌本荘民(まさひと)と、米国人マーグリトの間の長女として東京西巣鴨に生まれ、メリー・エステルと名づけられる。6歳からヴァイオリンを小野アンナに学ぶ。

ハーフとして差別を受け、病弱だったためもあり、1935年、私立帝国小学校を4年生で中退[1]。自宅でヴァイオリンの英才教育を受け、1937年日本音楽コンクールで一位となり、天才少女と呼ばれる。1939年11月11日、レオ・シロタの伴奏で第一回独奏会を開く。1942年、英語が敵性語とされたことを受け、真理と改名。

1946年、20歳で東京音楽学校教授となるが、1950年、辞職して渡米。帰国後、演奏活動を再開、1959年芸術選奨文部大臣賞、芸術祭奨励賞受賞。1964年、民放祭最優秀賞受賞、1965年ブラームスの室内楽曲の全曲連続演奏を行い、毎日芸術賞受賞、1966年、「巌本真理弦楽四重奏団」を結成、1970年レコード・アカデミー賞受賞。1971年、再度芸術選奨受賞。1974年モービル音楽賞受賞。

1977年乳癌に罹り手術するが、再発し、53歳で死去。日本初の室内楽定期演奏会94回の偉業を達成した。

墓所は豊島区駒込染井霊園

脚注[編集]

  1. ^ 『巌本真理 生きる意味』pp.29-34

参考文献[編集]