東京交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京交響楽団
Tokyo Symphony Orchestra
Muza-May.jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本 東京都新宿区百人町二丁目23番5号
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1946年 -
共同作業者 東響コーラス
公式サイト 東京交響楽団
メンバー 音楽監督
ジョナサン・ノット
桂冠指揮者
秋山和慶
ユベール・スダーン
正指揮者
原田慶太楼
名誉客演指揮者
大友直人

コンサートマスター
小林壱成
グレブ・ニキティン
水谷晃
アシスタント・コンサートマスター
田尻順
廣岡克隆
旧メンバー 永久名誉指揮者
アルヴィド・ヤンソンス
上田仁
遠山信二

公益財団法人東京交響楽団(とうきょうこうきょうがくだん、英語: Tokyo Symphony Orchestra)は、日本を代表するプロオーケストラの一つ。略称は、東響(とうきょう)。2002年から川崎市フランチャイズオーケストラとしてミューザ川崎シンフォニーホールを本拠地とし、法人本部は東京都新宿区百人町に置く。日本オーケストラ連盟正会員。

東宝交響楽団の時代[編集]

1946年に設立された東宝交響楽団[1]は、第1回公演を上田仁指揮のもと、5月14日日比谷公会堂で開催した[2]。翌1947年から本格的な活動を開始し、9月29日に第1回定期公演を日本劇場で開催、指揮は近衛秀麿でベートーヴェンの交響曲をとりあげた[3][4]

定期演奏会と並行して「グランド・コンサート」と名付けられたシリーズも開催され、チャイコフスキーやウェーバーの他、伊福部昭渡辺浦人らの作品もとりあげられた[5]。1948年にはさらに「日米現代音楽祭」と題した演奏会が6月22日日比谷公会堂で開催され、上田仁の指揮で米国からロイ・ハリスの『ジョニーの凱旋』序曲とアーロン・コープランドの『サン・メヒコ』、日本から伊福部昭『ヴァイオリン協奏曲』(独奏江藤俊哉)と早坂文雄ピアノ協奏曲第1番』(独奏梶原完)が演奏された[6][7]。その後東宝交響楽団は、近衛の「日劇定期」でスタンダードな作品をとりあげ、上田の「日比谷定期」で内外の現代作品をとりあげていった[8]。そして1951年1月までに34回の定期演奏会を開催した[9]

東京交響楽団の時代[編集]

1951年に東京交響楽団と改称[1]、回次を引き継いだ第35回定期演奏会が3月に開催された[10][11]。その後演奏活動を重ね、1956年5月には財団法人東京交響楽団となった[1][12]

1964年TBSとの専属契約を打ち切られる等の理由で経営が破綻し、3月26日財団法人を解散、3月31日楽員管理による自主運営のオーケストラに改組して再出発し[13]、4月15日披露演奏会が行われた。その後、1980年に財団法人として再び認可を受けた。1988年からはすかいらーくが、澤田秀雄が理事長に就任した2012年9月以降はエイチ・アイ・エスが、メインスポンサーを務めている。

歴代の指揮者には、近衛秀麿上田仁アルヴィド・ヤンソンスなどがおり、特に称号は贈られなかったが136回もの演奏会を振ったエドゥアルト・シュトラウス2世も初期の貢献者である。1964年から2004年まで秋山和慶が初代音楽監督及び常任指揮者を務めた。2020年4月現在、第3代音楽監督にジョナサン・ノットをはじめ、桂冠指揮者に秋山和慶ユベール・スダーン、特別客演指揮者に飯森範親などを擁する。

これまで19カ国64公演を行ったほか、全国各地で数々の公演を行っている。全国2か所のホール施設で、フランチャイズ・オーケストラとして定期演奏会を行っている。2002年に神奈川県の川崎市とフランチャイズ契約を結び、2004年7月に開館したミューザ川崎シンフォニーホールで、1998年新潟市と準フランチャイズ契約を結び、同年開館の新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)で、それぞれ年数回定期公演を行っている。

題名のない音楽会』(東京12チャンネルテレビ朝日)は、元々TBSとの契約を打ち切られテレビ出演がなくなった同楽団に活躍の場を与えるために作られた番組であり、同楽団は現在も番組に出演を続けている。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の被害により、本拠地のミューザ川崎シンフォニーホールは2013年3月31日までの約2年間利用できなくなった。この間、川崎市教育文化会館昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ、洗足学園音楽大学前田ホールなどで代替公演を実施した。

年に約3か月間、新国立劇場オーケストラピットにおける演奏を担当している。

東京交響楽団専属アマチュア合唱団の東響コーラス(1987年9月11日創立)がある。

2002年より、サントリーホールこども定期演奏会を行っている。

歴代首席指揮者等[編集]

現在[編集]

音楽監督

桂冠指揮者

正指揮者

名誉客演指揮者

過去[編集]

著名な団員[編集]

主な演奏会[編集]

自主公演[編集]

青少年のためのコンサート[編集]

依頼公演[編集]

  • 新潟定期演奏会
    • りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール、年6回。主催:公益財団法人 新潟市芸術文化振興財団)

映画音楽の演奏[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b c 東京交響楽団の歩み|東京交響楽団 2021年12月1日閲覧。
  2. ^ 木村重雄『現代日本のオーケストラ:歴史と作品』日本交響楽振興財団, 1985, p140
  3. ^ 木村, p143
  4. ^ 小川昂編『新編日本の交響楽団定期演奏会記録:1927-1981』民主音楽協会音楽資料館, 1983, p122
  5. ^ 木村, pp142-143
  6. ^ 木村, p147
  7. ^ 松平頼則「日米現代音楽祭」音楽芸術 1948年8月 pp58-60
  8. ^ 木村, p148
  9. ^ 小川, pp122-125
  10. ^ 木村, pp161-161
  11. ^ 小川, p125
  12. ^ 小川, p122
  13. ^ その間に、1964年4月9日、楽団長橋本鑒三郎が自殺体で見つかった。

外部リンク[編集]