クシシュトフ・ウルバンスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クシシュトフ・ウルバンスキ
出生名 Krzysztof Urbański
生誕 (1982-10-17) 1982年10月17日(36歳)
出身地 ポーランドの旗 ポーランド Pabianice
学歴 ショパン音楽アカデミー
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
活動期間 2007年 -
公式サイト http://krzysztofurbanski.com/wp/

クシシュトフ・ウルバンスキ(Krzysztof Urbański, 1982年10月17日- )は、ポーランドのオーケストラ指揮者

略歴[編集]

家族に音楽家はおらず、12歳から音楽の勉強を始める。
ポーランド・パビャニツェのミュージックスクールでホルンを専攻。[1][2]

元々作曲志望で15歳の時に書いた室内オーケストラのための作品をコンサートで披露する際、テンポを提示する人がいなかったため、自ら持っていた箸で指揮をした際に指揮の面白さを知り、プロの指揮者になりたいと志す。幸か不幸かその時自分の作曲した曲は酷いものであり、作曲の才能のなさを思い知った(本人談)。[3][4]
ワルシャワショパン音楽アカデミーでは、アントニ・ヴィトの下で指揮を学ぶ。 ヴィト氏は「指揮の授業で一度もスコアを開けたことがなかった」と当事から彼の突出した暗譜能力を認めていた。[5]
さらにクルト・マズアのマスタークラスでも研鑽を積み技術を磨く。[6]

2007年 ショパン音楽アカデミー卒業の年、第62回プラハの春国際音楽コンクール指揮部門で優勝。
2007年から2009年まではワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のアシスタントコンダクターを務める傍ら、ポーランドの主要なオーケストラの客演指揮者として実績を積み、2008年-2009年はポーランドに加え、中国スイスドイツイギリス日本にも登場する。
2010年 アメリカインディアナポリス交響楽団音楽監督、ノルウェー・トロンハイム交響楽団首席指揮者に就任。
2011年7月 原発の影響で来日をキャンセルした指揮者の代役としてパシフィック・ミュージック・フェスティバルのため来日。「こういう時期に自分の音楽で日本の人たちを勇気づけられたらと思った」と語る。[7]
2013年4月から2016年6月まで東京交響楽団の首席客演指揮者を務める。
2013年 ペンデレツキ生誕80年記念コンサートにおいて、クシシュトフ・ペンデレツキ作曲「広島の犠牲者に捧げる哀歌」を指揮。コンサートにおいてシャルル・デュトワヴァレリー・ゲルギエフと指揮台を共にする
2014年5月 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会にデビュー。
2015/2016年シーズンからは北ドイツ放送交響楽団(2016年7月より北ドイツ放送エルプフィルハーモニー交響楽団に名称変更)首席客演指揮者に就任。
2015年 クラシック音楽界で目覚ましい活躍をした若手音楽家に贈られる「レナード・バーンスタイン賞」受賞[8]
2015年 出身地ポーランド・パビャニツェの若い芸術家2名に奨学金を授与。[9]
2017年3月6日-15日 北ドイツ放送エルプフィルハーモニー交響楽団と日本ツアー予定[10]
現在、アメリカインディアナポリス交響楽団音楽監督、ノルウェー・トロンハイム交響楽団首席指揮者、北ドイツ放送交響楽団(2016年7月より北ドイツ放送エルプフィルハーモニー交響楽団に名称変更)首席客演指揮者。インディアナ大学音楽学部の非常勤教授も務める。

これまで、シカゴ交響楽団ロサンジェルス・フィルハーモニックワシントン・ナショナル交響楽団フィンランド放送交響楽団チェコ・フィルハーモニー管弦楽団フィルハーモニア管弦楽団バンベルク交響楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ニューヨーク・フィルハーモニックピッツバーグ交響楽団トロント交響楽団ロンドン交響楽団ウィーン交響楽団シュターツカペレ・ドレスデン大阪フィルハーモニー交響楽団などの客演を行う。

エピソードなど[編集]

本番は全て暗譜で行うだけではなく(協奏曲は除く)、リハーサルも暗譜で行うなどの能力を持ち合わせている。ページ番号、練習番号、各パート譜まで全て頭に入っている。
本人いわく、若い指揮者が指揮台で譜面の方を見ていると、団員はお喋りをしたり携帯をいじったりしてしまうので、覚えてしまうことにした。しかし、どのように覚えているか自覚はないが、スコアを勉強していたら自然に覚えてしまい1週間で暗譜している。しかし、いつも使っていない違う楽譜に譜面が変わると覚えられない。[11][12]

自国ポーランドの作曲家の作品を積極的に取り上げ、ヴィトルト・ルトスワフスキカロル・シマノフスキヴォイチェフ・キラールなどは大事なレパートリーである。

ワルシャワフィルのアシスタントコンダクターとしてキャンセルになった指揮者の代振りでイーゴリ・ストラヴィンスキー春の祭典を振った際、ラスト5分の最も難しい変拍子の部分で意識を失い、どのように振っていたのか記憶がない。
[13]

映画音楽をいくつか作曲しており、2007年「Little Holiday Symphony」でThe Grzegorz Fitelberg Nationwide Polish Composition Contestの優秀賞を受賞。

天文学、宇宙論、哲学などの科学に興味がある。[14]

ディスコグラフィー[編集]

CD
  発売日 タイトル レーベル
1st 2016年3月29日[15] Lutosławski Alpha
2nd      


DVD
  発売日 タイトル レーベル
1st 2014年6月21日[16] A Tribute to Krzysztof Penderecki

Accentus Music

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.muzyczna.pabianice.pl/index.php?id=116
  2. ^ https://www.marian.edu/newsroom/newsitem/2013/03/26/making-music-across-cultures-and-nations-the-vision-of-a-young-conductor
  3. ^ http://m.nuvo.net/indianapolis/mighty-maestro-isos-krzysztof-urbanski/Content?oid=2433174&storyPage=1
  4. ^ http://lso.co.uk/more/blog/422-interview-krzysztof-urbanski.html
  5. ^ http://m.nuvo.net/indianapolis/mighty-maestro-isos-krzysztof-urbanski/Content?oid=2433174&storyPage=2
  6. ^ http://culture.pl/en/artist/krzysztof-urbanski
  7. ^ 7月6日北海道新聞夕刊
  8. ^ http://m.kurier.at/kultur/polnischer-dirigent-urbanski-erhaelt-leonard-bernstein-award-2015/112.923.750
  9. ^ http://krzysztofurbanski.com/wordpress/index.php/2015/09/08/rozstrzygniecie-konkursu/
  10. ^ https://www.ndr.de/orchester_chor/elbphilharmonieorchester/vorschau498.pdf
  11. ^ http://www.classicajapan.com/wn/2012/08/131110.html
  12. ^ http://m.nuvo.net/indianapolis/mighty-maestro-isos-krzysztof-urbanski/Content?oid=2433174&storyPage=2
  13. ^ http://lso.co.uk/more/blog/422-interview-krzysztof-urbanski.html
  14. ^ http://lso.co.uk/more/blog/422-interview-krzysztof-urbanski.html
  15. ^ 国内流通版
  16. ^ 国内流通版