パシフィック・ミュージック・フェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
公益財団法人パシフィック・ミュージック・フェスティバル組織委員会
団体種類 公益財団法人
設立 2010年
所在地 北海道札幌市
法人番号 3430005006343
ウェブサイト https://www.pmf.or.jp/
テンプレートを表示

パシフィック・ミュージック・フェスティバルPacific Music Festival 略称:PMFピー・エム・エフ)は、1990年に20世紀を代表する指揮者、作曲家のレナード・バーンスタインロンドン交響楽団とともに北海道札幌市で創設した国際教育音楽祭[1]

PMFのコンサート主会場の一つ、札幌芸術の森・野外ステージ(2017年)
PMFのコンサート主会場の一つ、札幌芸術の森・野外ステージ(2017年)

概要[編集]

毎年7月に札幌市を中心に開催され、アメリカの「タングルウッド音楽祭」、ドイツの「シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭」とともに、世界三大教育音楽祭のひとつとされる[2]公益財団法人パシフィック・ミュージック・フェスティバル組織委員会と札幌市が主催する。

「PMFアカデミー」が音楽祭の中核をなし、オーディションで選ばれた若手音楽家(アカデミー生)が、世界一流の指揮者や、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団シカゴ交響楽団などの現役団員らで構成された教授陣の指導を受け、演奏会で成果を披露する[3]

創設の経緯と存続[編集]

バーンスタインは、環太平洋地域の若手音楽家を集めたアジアでの教育音楽祭を企画していた。彼は長年故郷に近いボストンの「タングルウッド音楽祭」で若手演奏家の指導に尽力してきたが、それをアジアにも拡大したいと願った。最初の構想では開催地は北京であったが、1989年6月の天安門事件の発生により、当地での開催を断念し、ロンドン交響楽団とともに札幌でPMFを創設した。第1回の音楽祭では、約900人のオーディション受験者の中から123人の若手演奏家がアカデミー生に選ばれ、バーンスタインは彼らにシューマンの交響曲第2番を教えた[4]

バーンスタインは第1回の開催後、肺癌により急逝(10月14日)したため、PMFにはこの時が最初で最後の参加となった。彼の死後、札幌市が以後の開催と協力を宣言し、1991年の第2回以降は札幌市が中心となり任意団体「PMF組織委員会」を発足。2002年には文部科学省(文化庁)許可の財団法人、2010年からは内閣府所管の公益財団法人に移行して、毎年の音楽祭の運営にあたっている。

これまでにPMFで学んだアカデミー生(PMF修了生)は、世界76カ国・地域から延べ約3,500名を数え、200を超える世界各国・地域のオーケストラに在籍している。

主な参加音楽家[編集]

PMFオーケストラ指揮者[編集]

芸術監督

首席指揮者

客演指揮者

指揮者

ソリスト[編集]

ピアノ

ヴァイオリン

その他

オーケストラ[編集]

アカデミー教授陣[編集]

オーケストラ(器楽)[編集]

ヴァイオリン

ヴィオラ

チェロ

コントラバス

フルート

オーボエ

クラリネット

ファゴット

ホルン

トランペット

トロンボーン

パーカッション

ティンパニ

ハープ

※所属は参加当時

弦楽四重奏[編集]

  • 篠崎史紀コンサートマスター率いるN響メンバー(2005年)
  • 東京クヮルテット(2005年-2009年)

ヴォーカル(声楽)/鍵盤楽器/ピアノ[編集]

コンダクティング(指揮)[編集]

コンポジション(作曲)[編集]

年表[編集]

1990年(平成2年)-1999年(平成11年)[編集]

1990年(平成2年)

1991年(平成3年)

1992年(平成4年)

  • 札幌芸術の森での「ピクニックコンサート」が始まる
  • 北海道内外で公演を行い、広島で平和祈念コンサートに出演
  • レジデント・コンポーザーの招へいを始める

1993年(平成5年)

  • 「教育セミナー」が始まる
  • 北海道南西沖地震被災者への義援金募集活動を各演奏会場で行う

1994年(平成6年)

1995年(平成7年)

  • 国連50周年/国連大学20周年記念コンサート出演
  • 五嶋龍(当時7歳)、PMFでヴァイオリニストとしてデビュー

1996年(平成8年)

  • オペラをテーマに開催、モーツァルト、チャイコフスキーなどの作品を取り上げる
  • PMFオーケストラにより武満徹を偲ぶ追悼演奏を行い、武満の作品をプログラムに取り入れる。

1997年(平成9年)

  • 札幌コンサートホールKitara開館、新たな主要演奏会場となる
  • 阪神・淡路大震災復興チャリティーコンサートとしてPMFオーケストラ神戸公演を実施
  • アジア地域の音楽教育強化対応として、ジュニア・フェロー・プログラムを開始(-2002年)

1998年(平成10年)

  • 「ピアノコース」の名称を「鍵盤楽器コース」と改め、チェンバロとオルガン奏者も募集
  • 「声楽コース」、合唱に重点を置き「バッハ・プログラム」を取り上げる

1999年(平成11年)

  • PMF第10回を記念し、修了生選抜メンバーによる「PMFインターナショナル・オーケストラ(PMF IO)を編成
  • ウィーン・フィル首席奏者とPMFオーケストラ・メンバーによる、初の「大通公園コンサート」を実施

2000年(平成12年)-2009年(平成21年)[編集]

2000年(平成12年)

2002年(平成14年)

  • 「コンポジション(作曲)コース」を新設(-2009年)
  • PMF組織委員会が財団法人となる(4月)

2003年(平成15年)

  • 新型肺炎SARS感染拡大の対応として中国・台湾居住のアカデミー生7人の参加を保留。翌年オーディションの免除し招待する
  • 札幌芸術の森・野外ステージ改修工事のため、ピクニックコンサートは休止し、札幌コンサートホールKitaraで終日コンサートを行う

2004年(平成16年)

  • 札幌芸術の森・野外ステージ<レナード・バーンスタイン・メモリアル・ステージ>がリニューアルオープンし、ピクニックコンサートを再開する
  • PMF第15回記念式典を行う
  • 野外ステージに設置したレナード・バーンスタイン・メモリアル・プレートの除幕式に、バーンスタインの長男アレキサンダーが出席

2005年(平成17年)

  • 「弦楽四重奏コース」新設(-2009年)
  • 大通公園コンサートの会場を西8丁目から西6丁目に移す
  • 愛知県で開催された「愛・地球博」に公式参加

2006年(平成18年)

  • 武満徹没後10年「トリビュート・トゥ・タケミツ」演奏会を札幌交響楽団とPMFオーケストラの共演で開催

2008年(平成20年)

  • バーンスタイン生誕90年を祝うガラコンサートをPMFオーケストラと札幌交響楽団の共演により開催
  • 北海道洞爺湖サミットに関連してPMFアカデミー・アンサンブルによる湖上コンサートを開催

2009年(平成21年)

  • PMF創設20回を記念してPMFアニバーサリー・オーケストラ(PMF AO)を編成。バーンスタインが1990年に指揮したシューマン「交響曲第2番」をエッシェンバッハの指揮で演奏(札幌・苫小牧)

2010年(平成22年)-[編集]

2010年(平成22年)

2011年(平成23年)

  • 3月に発生した東日本大震災の影響も懸念されたが、ファビオ・ルイジをはじめ多くの音楽家から参加の意思を受け「がんばれ日本 がんばろう日本」をスローガンに開催
  • バーンスタインが実施して以来21年ぶりにコンダクティング(指揮)・アカデミーを開催

2012年(平成24年)

2013年(平成25年)

2014年(平成26年)

  • 25回目の開催を記念し、創設者バーンスタインを讃える特別コンサート、北海道初演となるR. シュトラウスのステージオペラ「ナクソス島のアリアドネ」などさまざまな公演を実施
  • バーンスタインの立像を制作し、中島公園(札幌市)に新設された「バーンスタイン プレイス」に設置(7月)

2015年(平成27年)

2016年(平成28年)

  • 創設者バーンスタインにちなんだ曲で構成された「バーンスタイン・レガシー・コンサート」を開催

2018年(平成30年)

  • バーンスタイン生誕100年にちなみ、各プログラムでバーンスタインの作品を取り上げた
  • 19年ぶりに広島公演を開催。公演に先立ち芸術監督とアカデミー生が広島平和記念公園などを訪問
  • 「PMF~豊かな風土に根差した世界につながる教育音楽祭~」として北海道遺産に認定される

参考文献[編集]

  • 木之下晃(写真・文)、財団法人PMF組織委員会(編)『青春の音楽 PMF-Sapporo』北海道新聞社、2009年。 - 「主な参加音楽家」への資料として
  • 『PMF-20 Years』財団法人PMF組織委員会(編)、2009年。 - 「主な参加音楽家」「年表」への資料として

脚注[編集]

  1. ^ 公式ウェブサイト「PMFとは」[1]
  2. ^ “パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF) 若手音楽家 成長の場に”. 北海道新聞. (2018年7月6日) 
  3. ^ “巨匠の魂 奏でる”. 北海道新聞. (2018年6月26日) 
  4. ^ 公式ウェブサイト「アーカイブ」

外部リンク[編集]