ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス
管弦楽団
Gewandhausorchester Leipzig
Gewandhaus.jpg
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ ザクセン州 ライプツィヒ
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1743年 -
共同作業者 カペルマイスター
アンドリス・ネルソンス
公式サイト www.gewandohaus.de

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団ドイツ語: Gewandhausorchester Leipzig)は、ドイツライプツィヒに本拠を置くオーケストラである。

概要[編集]

1743年、世界初の市民階級による自主経営オーケストラとして発足した。 それまでの宮廷専属(歌劇場含む)オーケストラと異なり、このオーケストラの誕生で、自らの城や宮殿等を「演奏会場」として音楽を聞いていた王侯貴族のような身分・階級でなくとも、入場料さえ払えば誰でもオーケストラ演奏を聞けるようになった。

1835年メンデルスゾーンがゲヴァントハウス・カペルマイスター(楽長)になると、技術的にも、そして楽員の年金制度創設など待遇面でもより基盤が固まり大きく飛躍することになった。ベートーヴェンシューベルトメンデルスゾーンシューマンブラームスブルックナーをはじめ、多くの作曲家の作品を初演してきたことでも知られる。

現在のホールは1981年完成の3代目であり、1781年の初代以降、代々のホールに、このオーケストラのモットーが掲げられている。ライプツィヒ歌劇場のオーケストラも兼ねているが、ウィーンやドレスデンのように歌劇場管弦楽団が限られた期間にコンサートを行うのではなく、多人数のローテーションに拠っているため、オペラ、コンサートともにフル稼働している。

関連演奏団体[編集]

楽員による自主運営団体については、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団やゲヴァントハウスバッハオーケストラがある。前者は、1808年に結成され、2008年に結成200周年を迎えた世界最古の弦楽四重奏団で、結成から現在まで継続して首席奏者達により演奏活動が行われている。歴代メンバーには、メンデルスゾーンブラームスチャイコフスキー、これら3つのヴァイオリン協奏曲の各初演ヴァイオリニストの3名が名を連ねている。[1][2] 声楽では、ゲヴァントハウス合唱団、ゲヴァントハウス児童合唱団がある。前者は、1861年、ゲヴァントハウス・カペルマイスターのカール・ライネッケにより創設され、1869年2月18日、カール・ライネッケ指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団により初演されたブラームスドイツ・レクイエムで合唱を担当している。

年表[編集]

  • 1918年 12月31日 第一次世界大戦の終結とドイツ革命の起こったこの年、「平和と自由」の願いをこめて、バーネット・リヒトとアルトゥール・ニキシュのコラボにより、ベートーヴェン第九が演奏され、「年末の第九」がゲヴァントハウス管弦楽団の伝統となった。
  • 1933年 ユダヤ系だったワルターに対し、ナチスは演奏活動の禁止を命じる。ワルターはカペルマイスター辞任に追い込まれ、オーストリア、スイス、フランスを経てアメリカに亡命。
  • ワルターに対しては、第二次世界大戦後その功績を称え、ライプツィヒ市から「ニキシュ賞」(1957年)、ゲヴァントハウス管弦楽団から「名誉団員」の称号(1961年)が贈られている。
1961年4月、初来日時のゲヴァントハウス管弦楽団
竣工した新しい「ゲヴァントハウス」での最初のコンサート(1981年)
  • 1981年11月25日 旧市街アウグストゥス広場に「現ゲヴァントハウス」が竣工。
  • 1998年 ヘルベルト・ブロムシュテットがカペルマイスターに就任。
  • 2005年 リッカルド・シャイーが第19代カペルマイスターに就任。シャイーはライプツィヒ歌劇場の音楽監督も兼務している。
  • 2008年 来日公演が予定されていたが、シャイーの急病により直前に中止となった。この時のプログラムは、ブルックナーの交響曲第4番を中心とするもの、マーラーの交響曲第1番を中心とするものの2種類用意されていた。
  • 2009年 前年に中止となった来日公演の予定曲目(ただし、それぞれのプログラムの前半、ソリストは異なる)による来日公演が行われた。

指揮者[編集]

音楽監督[編集]

カペルマイスター[編集]

メンバー(楽器順)[編集]

コンサートマスター[編集]

弦楽器[編集]

木管楽器[編集]

金管楽器[編集]

初演作品[編集]

モットー[編集]

Res severa verum gaudium

1743年の発足から38年後、1781年、ゲヴァントハウスの初代ホールがオープンした時から、古代ローマの政治家・哲学者・詩人であるセネカのこの言葉がホールに掲げられており、今日に至るまで、このオーケストラのモットーMotto)となっている。(発音:レース セウェーラ ウェールム ガウディウム)

このラテン語の文言について、ゲヴァントハウス公式ホームページに、ドイツ語訳と英語訳が記載されている。ドイツ語訳「Wahre Freude ist eine ernste Sache」、英語訳「True pleasure is a serious business」。

現在の三代目ゲヴァントハウス(1981年完成)では、客席正面のアレキサンダー・シュッケ社製オルガンに、大きくこの文言が刻まれている

脚注[編集]

  1. ^ アドルフ・ブロツキーの結成したブロツキー弦楽四重奏団をゲヴァントハウス弦楽四重奏団の歴史に含めた場合。
  2. ^ QuartetWeb[1]
  3. ^ Andris Nelsons soll 21. Gewandhauskapellmeister werden(ゲヴァントハウス管弦楽団公式サイト)

外部リンク[編集]