板垣武四

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いたがき たけし
板垣 武四
生誕 (1916-02-13) 1916年2月13日
北海道上川郡和寒町
死没 (1993-08-12) 1993年8月12日(77歳没)
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
出身校 東京帝国大学法学部卒業
職業 地方公務員
活動期間 1946年 - 1991年
肩書き 札幌市長
任期 1971年 - 1991年
前任者 原田與作
後任者 桂信雄
配偶者 板垣満子(2011年5月没)[1]

板垣 武四(いたがき たけし、1916年2月13日 - 1993年8月12日)は1971年初当選の第7代札幌市長北海道上川郡和寒町出身。

来歴[編集]

小学校のとき札幌に移る。山鼻小、札幌一中(現札幌南高)、旧制第一高等学校東京帝国大学法学部卒業。三菱電機神戸製作所入社。1946年札幌市役所勤務。1971年より札幌市長。5期20年にわたって務める。

この間、地下鉄の開通、政令指定都市への移行があった。また、アジアで初めてとなった冬季オリンピックの開催による遠大な都市基盤の整備は20年先取りしたと言われるほどのものであった。冬季ユニバーシアードパシフィック・ミュージック・フェスティバルなど文化面でも多くの功績を残す。札幌市に大きな遺産をもたらしたその市政から、大市長であったといっても過言ではない。(「さっぽろ文庫」より)

略歴・業績[編集]

長期政権であったため、業績や逸話は数多い。

  • 1950年 札幌市経済部長
    • この年、第1回さっぽろ雪まつり開催。「当時の札幌は、まだ敗戦のショックが色濃く残っており、食料や燃料の不足な時だった。市全体の暗いムードを吹き飛ばし、少しでも明るい感じにもっていくためにはどうしたら良いか。それが市政の課題とも言える時代だった。そんなころ、映画館で見たニュースに、小樽あたりの子供が校庭の雪を固めて、ナタやノコギリで刻んで小雪像を作っているものがあった。私が学んだ札幌一中の雪戦会と雪像を結びつけたらどうだろうか」(下記「札幌市文化資料室」より抜粋)。
  • 1956年 札幌市助役(1970年まで)
  • 1971年 札幌市長に初当選
  • 1971年 札幌市営地下鉄開通(ゴムタイヤ方式地下鉄の導入)
  • 1972年 第11回オリンピック冬季札幌大会開催
  • 1972年 政令指定都市移行・区制施行
  • 1976年7月24日 「札幌市こども人形劇場こぐま座」(全国初の公立人形劇場)オープン
    • ミュンヘン(札幌市の姉妹都市)にある市立人形劇場や小屋がけの人形芝居を見て、札幌にも夢のある施設を造ろうと発案し、「こぐま座」を完成させる(下記「ウェブシティさっぽろ・歴史の散歩道・中央区版」より)。
  • 1982年 北方都市会議を提唱
  • 1984年 札幌市交通事業振興公社設立
  • 1987年 田村正敏に圧勝し5連続当選
  • 1990年 第1回パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF、レナード・バーンスタイン提唱の若手音楽家研修会・発表会)開催
  • 1991年 第15回ユニバーシアード冬季札幌大会開催
  • 1991年 市長を退任
  • 1992年11月 著書「思い出すまま」刊行
  • 2002年「随筆と私」(「札幌随筆集」(さっぽろ文庫)収録)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 市長交際費(平成23年度分)”. 札幌市長のページ. 札幌市 (2016年5月18日). 2016年11月25日閲覧。