対馬嘉三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大岡助右衛門水原寅蔵石川正蔵・対馬嘉三郎を顕彰した中島公園の「四翁表功之碑」

対馬 嘉三郎(つしま かさぶろう、1836年12月14日天保7年11月7日[1])- 1914年大正3年)12月24日[2][3][4])は、幕末弘前藩士明治期の実業家政治家衆議院議員、初代札幌区長

経歴[編集]

陸奥国津軽郡弘前城代官町[5](現弘前市)で弘前藩士・対馬利助の息子として生まれる[3][5]箱館戦争に従軍[6]。弘前藩公用人を経て[6]、明治4年7月1871年青森県に出仕[5]。明治5年4月1872年開拓使に転じ十一等出仕となり、同年11月12月)開拓中主典に昇進[5]。会計整理、教育、衛生普及、商工業振興などを担当し[3]1878年7月に退官した[5][7]

その後、実業界に転じ、開拓使経営の醸造場の払下げを受けて酒造業を経営[5]。また、元開拓使官吏・堀基らと共に札幌の商社の嚆矢である「大有社」を創設し、米穀雑貨輸入販売、海産物輸入業を営んだ[2]1889年、北海道電燈舎の設立に尽力し、1891年11月、火力発電により営業を開始し札幌に初めて電灯が灯った[2][8]

その他、北海道拓殖銀行設立委員、札幌区会議員、札幌農学校商議員、函樽鉄道監査役などを務めた[5][6]1899年札幌区が設置されると初代区長に就任し、1902年、区長を辞任して第7回衆議院議員総選挙に北海道庁札幌区から出馬するも落選[8]1903年3月の第8回総選挙では当選し衆議院議員を一期務めた[6][8]。その後も出馬をしたが落選し資産を傾け、札幌商業会議所初代会頭を経て、1912年資産を整理して東京へ移った[5][8]

脚 注[編集]

  1. ^ 衆議院『第十八回帝国議会衆議院議員名簿』(第十八回帝国議会衆議院公報第一号附録)〔1903年〕、29頁。
  2. ^ a b c 『札幌人名事典』201頁。
  3. ^ a b c 「故 対馬嘉三郎(内務省経由・北海道)」
  4. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』408頁では「12月10日」没。
  5. ^ a b c d e f g h 『北海道人名辞書』第二版、652-653頁。
  6. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』408頁。
  7. ^ 「故 対馬嘉三郎(内務省経由・北海道)」では明治10年(1877年)に退官。
  8. ^ a b c d 『北海道歴史人物事典』235-236頁。

参考文献[編集]

  • 札幌市教育委員会文化資料室編『札幌人名事典』〈さっぽろ文庫66〉北海道新聞社、1993年。
  • 北海道新聞社編『北海道歴史人物事典』北海道新聞社、1993年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 金子信尚編『北海道人名辞書』第二版、北海民論社、1923年。
  • 内閣「故 対馬嘉三郎(内務省経由・北海道)」大正4年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-040-05・贈位00004100