高田富與

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高田富與
たかだ とみよ
生年月日 1892年5月11日
出生地 福島県石城郡大野村
没年月日 (1976-10-17) 1976年10月17日(84歳没)
出身校 中央大学専門部
親族 従兄の子:鯨岡兵輔(元衆議院副議長)

当選回数 3回
在任期間 1947年 - 1959年
テンプレートを表示

高田 富與(たかだ とみよ、1892年5月11日 - 1976年10月17日)は日本の弁護士政治家札幌市議、第5代札幌市長(在任1947年 - 1959年。3期。初代公選市長)、自由民主党衆議院議員(2期)。

略歴[編集]

福島県石城郡大野村(現・いわき市)生まれ。従兄の子に鯨岡兵輔がいる。11歳で渡道し、豊平村(現・札幌市豊平区)の知人宅に身を寄せる。100日余で野幌兵村(現・江別市野幌)の親戚を頼って転居。高等小学校卒業までの3年半を過ごす。卒業後、札幌郵便局通信伝習生養成所で学び、電信の取り扱いを習得。修了後は郵便局職員として岩見沢に赴任。1908年7月から江別郵便局勤務。

1923年中央大学専門部を卒業し弁護士[1]1930年からは札幌市議を3期務める。この間、北海道綴方教育連盟事件1941年)の弁護に当たる[2]

1947年、第5代札幌市長に初当選。在任中の1950年、第1回さっぽろ雪まつり開催。1957年、第8代全国市長会会長を務める。1959年、3期12年務めた市長を退任。第28回衆議院議員補欠選挙に北海道1区から自由民主党公認で立候補し当選。1960年第29回衆議院議員総選挙で再選[3]

著書[編集]

  • 市政私記(1954年、私家本)
  • 綴方連盟事件(1958年)
  • なぎさのあしあと(1970年、柏葉書院)
  • 市政史記(1972年、私家本)

脚注[編集]

  1. ^ 学員名簿 昭和2年11月』 中央大学学員会、1927年、203頁。 
  2. ^ 佐竹直子 2014
  3. ^ 第29回衆議院議員総選挙一覧』 衆議院事務局、1961年、2-3頁。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]