原口忠次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

原口 忠次郎(はらぐち ちゅうじろう、1889年11月12日 - 1976年3月22日)は官僚政治家。第12代神戸市長。工学博士、参議院議員

来歴・人物[編集]

佐賀県小城郡芦刈町(現小城市)生まれ。

1916年(大正5年)京都帝国大学工学部土木工学科を卒業後、内務省に入省、東京土木出張所、新京国道建設所長、神戸・中国・四国などの土木出張所長を歴任した。

1945年(昭和20年)神戸市の局長、1946年(昭和21年)復興本部長、神戸市助役を務め、1947年(昭和22年)の神戸市長選挙に落選後、1948年(昭和23年)参議院議員に当選。1949年(昭和24年)神戸市長に当選し、1969年(昭和44年)まで5期20年務めた。

「技術屋市長」として、山を削った土で海面を埋め立ててポートアイランドなどを整備し、山を削った跡をニュータウンなどとして開発する事業(いわゆる「山、海へ行く」と呼ばれた事業。鶴甲渦森台住吉川も参照)を行ったほか、六甲山トンネルを含む六甲有料道路神戸ポートタワー神戸高速鉄道さんちか(地下街)等の事業の実施・明石海峡大橋の実現に向けた調査などに行政手腕をふるった。

参考文献[編集]

  • 原忠明「激動期 六人の神戸市長」(1988年)
公職
先代:
小寺謙吉
Flag of Kobe.svg 神戸市長
第12代(民選第2代) : 1949年 - 1969年
次代:
宮崎辰雄
その他の役職
先代:
金刺不二太郎
全国市長会会長
第7代 : 1956年 - 1957年
次代:
高田富與