松浦正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松浦 正人
まつうら まさと
生年月日 (1942-09-10) 1942年9月10日(75歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国江西省九江市
出身校 早稲田大学第二政治経済学部
現職 防府市長
所属政党 無所属→)
自由民主党→)
無所属
公式サイト 松浦正人(まつうらまさと)

当選回数 5回
在任期間 1998年 - 現職

選挙区 防府市佐波郡選挙区
当選回数 3回
在任期間 1987年 - 1998年

Flag of Hofu, Yamaguchi.svg防府市議会議員
当選回数 1回
在任期間 1980年 - 1984年
テンプレートを表示

松浦 正人(まつうら まさと、1942年9月10日 - )は、日本政治家山口県防府市長(5期)、全国市長会会長(第29代)。防府ライオンズクラブの会員でもある。


山口県議会議員(3期)、防府市議会議員(1期)を務めた。

来歴[編集]

中華民国江西省九江市に生まれ、終戦に伴い日本へ引き揚げ。山口県立防府高等学校早稲田大学第二政治経済学部卒業。大学卒業後、西武クレジット勤務を経て、家業の製茶業「株式会社松うら」の経営を継いだ。その傍ら、防府商工会議所商業第二部会長を務める[要出典]

1980年防府市議会議員選挙に無所属で出馬し、初当選。1984年防府市長選挙に無所属で出馬したが、現職の原田孝三に敗れ、落選した。1987年山口県議会議員選挙に自民党公認で防府市・佐波郡選挙区から出馬し、当選。以後、1998年まで山口県議会議員を3期11年間務める。

1998年、土木業者に便宜供与を図った疑惑が取り沙汰された吉井惇一防府市長が辞職。それに伴う防府市長選挙に山口県議会議員を辞職して出馬し、吉井市長及び新人の竹安由利子を破り当選した。2002年の防府市長選では、前防府市議の原田洋介を破り、再選。2006年の防府市長選では山口市・防府市の合併反対を訴え、新人の元下関市副市長・陶山具史を下し、3選を果たした。2010年の防府市長選では、島田明山口県議会議長の長男・島田教明の挑戦を受けるが、島田を下して4選。

2011年2月、地域政党「とことん防府」を結成[1]。同年4月の山口県議会議員選挙に「とことん防府」推薦で松浦の後援会長である神田義満を擁立し、当選させた。当選後、神田は山口県議会で一人会派「会派とことん」を結成[要出典]

2014年の防府市長選挙では、無所属新人の32歳の牛見航、同じく無所属新人72歳の木村練を破り5選を果たした。

2016年9月6日に、全国市長会会長を務めていた新潟県長岡市長の森民夫が、2016年新潟県知事選挙立候補を理由に長岡市長及び全国市長会会長を辞職したために、全国市長会会長が新たに選任されるまでの間、副会長の松浦が会長代理に指名されおよそ9ヶ月に渡り務め[2]、その後2017年6月7日に、総会を経て正式な会長に就任した[3]

人物[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]


先代:
吉井惇一
Flag of Hofu, Yamaguchi.svg 山口県防府市長
1998 -
次代:
現職