松浦勝人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松浦 勝人
別名 masato "max" matsuura
生誕 (1964-10-01) 1964年10月1日(57歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市港南区
学歴 日本大学経済学部卒業
ジャンル J-POPユーロビートダンス・ミュージック
職業 音楽プロデューサー
実業家
活動期間 1988年 - 現今
公式サイト avex.com

松浦 勝人(まつうら まさと、1964年10月1日 - )は、日本の音楽プロデューサー実業家エイベックス株式会社代表取締役会長、元CEO。通称:Max Matsuura(マックス・マツウラ)。

神奈川県横浜市港南区出身。血液型O型[1]

略歴[編集]

  • 1988年4月 エイベックス・ディー・ディー株式会社 (現:エイベックス株式会社) 設立、取締役に就任
  • 1991年3月 専務取締役に就任
  • 2004年8月 専務取締役および取締役を辞任。直後に復帰し、執行役員に就任
  • 2004年9月 代表取締役社長に就任
  • 2005年4月 エイベックス・エンタテインメント(株)代表取締役社長、エイベックス・プランニング&デベロップメント(株)取締役
  • 2005年10月 エイベックスネットワーク(株)(現:エイベックス・エンタテインメント(株))代表取締役会長
  • 2007年6月 コンプライアンス委員長
  • 2009年1月 エイベックス・マネジメント(株)代表取締役社長
  • 2009年4月 エイベックス通信放送(株)代表取締役会長
  • 2010年4月 代表取締役社長CEO(現任)、社長室管掌(現任)
  • 2012年10月 (株)UULA 代表取締役会長
  • 2013年7月 Avex International Holdings Singapore Pte.Ltd.(現:Avex Asia Pte. Ltd.) 取締役(現任)
  • 2013年10月 エイベックス・マネジメント(株) 代表取締役会長
  • 2014年12月 AWA(株) 代表取締役会長
  • 2016年6月 エイベックス通信放送(株) 取締役(現任)、当社グローバル・アーティスト戦略室管掌
  • 2016年12月 エイベックス・ベンチャーズ(株) 代表取締役社長(現任)
  • 2018年6月、エイベックス代表取締役会長CEOに就任[2]
  • 2020年6月、エイベックスCEOを退任(代表取締役会長には留任)[3]

来歴[編集]

  • 両親である松浦治と、ひろ子との間に長男として生まれ、妹(由貴)が一人いる。
  • 実家は保土ケ谷区で中古車販売業を営む。
  • 横浜市西区御所山町で生まれ、生後四か月で鎌倉市、横浜市神奈川区三ツ沢、小学六年時に横浜市港南区野庭団地[4]、横浜市戸塚区柏尾町へ移り住む[5]
  • 横浜市立三ツ沢小学校横浜市立野庭中学校横浜市立金沢高等学校を経て、日本大学経済学部産業経営学科卒業。
  • 高校生の頃、アマチュアバンドのドラマーとして活動していた。
  • 大学生になり、ユーロビート、ダンスミュージックに目覚め、都内の貸レコード店やディスコに出入りして知識を深めていった。
  • 1985年4月、日本大学在学中(3年)に貸レコード店「友&愛」港南台店でアルバイトを始めた[6]。この時、一緒にアルバイトをしていたのが、現・エイベックス株式会社取締役COOの林真司、元・取締役の小林敏雄であった。林、小林は共に松浦と同じ横浜市立金沢高等学校の同級生である。12月には正式に店長となり、その年末に「友&愛」港南台店の来店客として当時高校生だった後のEXILEHIROと出会っている[7]。奇遇にも彼も高校の後輩であり、以後、高校の学園祭にDJ役で顔を出したりして、親交を続けた。
  • 1986年、アルバイト先の「友&愛」港南台店のオーナー重野正昭(後のエイベックス監査役)に商才を認められ、重野と松浦の父である松浦治の共同出資により、株式会社ミニマックスを設立。代表取締役に就任。6月6日、横浜市港南区上大岡駅前にフランチャイズの貸レコード店「友&愛」上大岡店を開業させる[8]。後にEvery Little Thingでデビューする五十嵐充もアルバイトとして勤務しており、後に店長となる。
  • 1988年4月11日、エイベックス・ディーディー株式会社(現・エイベックス株式会社)を設立。同社、取締役就任。レコードCDの輸入卸売業を始めた。
  • 1990年、エイベックスのメインレーベル・avex traxを設立。1991年に専務取締役となった。
  • 1992年5月頃に、当時MaharajaやKing&Queenなどのディスコを全国展開したNOVA21グループに出入りしていた千葉龍平(後のエイベックス・グループ・ホールディングス株式会社代表取締役副社長CSO)を介して、キャピトル東急ホテルにて初めて小室哲哉と会い、リミックスアルバム(TMN SONG MEETS DISCO STYLE)制作の話を持ち掛けている[9]
  • 1995年、後に歌手としてデビューをする浜崎あゆみとクラブで出会う。その後、ニューヨークへ飛び、2年間にも及ぶレッスンやトレーニングを経て、1998年のデビューまでの準備に入る。
  • 1998年4月3日から、オールナイトニッポンRプロデューサーズナイトで、3年半の間、月1回パーソナリティを務めた。
  • 1998年12月、エイベックスのアーティストオーディションを行う為、テレビ東京のオーディション番組ASAYANに出演した。
  • 2001年2月、元会長の依田巽の助言により、松浦真在人に改名(後に2002年10月4日より、本名に戻す)。
  • 2001年9月、アメリカのニューヨークで起きた同時多発テロ事件をきっかけに小室哲哉と共に特別ユニットを作る。
  • 2004年9月28日、エイベックス・グループ持株会社エイベックス・グループ・ホールディングス(現:エイベックス株式会社)の代表取締役社長に就任。
  • 2009年 第四回渡辺晋賞受賞[10]
  • 2019年夏、浜崎あゆみの自伝「M 愛すべき人がいて」で、浜崎と1996年〜1999年まで恋仲だった事が公表される。
  • 2020年4月〜前年話題となった「M 愛すべき人がいて」がテレビドラマ化。

人物[編集]

釣りを趣味としており、近年は大分県沖縄県に住宅を借りて釣りに出ることが多く、時には滞在先からリモートで会社業務をこなすこともあるという[11]

2021年には大分県杵築市千葉県山武郡九十九里町の漁業発展のために松浦が私財を寄付したことにより、日本政府より5月12日付で紺綬褒章が授けられた[12]

2022年6月19日、ユーチューブでの生配信中に女性タレントたちについて以下のような発言をした[13]

  • 「言っちゃ悪いけど、レースクイーンって、本当に言いたくないけど、ブスしかいないよ。ホント、マジで。六本木のキャバクラはブスしかいないんだけど、そんな感じ」
  • 「本田翼はよく見た。本田翼ファンには申し訳ないけど、向こうも興味ないと思うけど、俺も興味ないわ」
  • 「広瀬すず、それはかわいいと思います。けど、広瀬すずってウチの子に聞いたら性格が悪いって。女同士のやつだからわかんないじゃん、でもさぁ」
  • 「深田恭子? 友達の彼女じゃん。中条あやみって、知り合いの事務所じゃん。なっちゃうんだよ、全部そういうふうに。深キョンはもうババアだろ」
  • 「北川景子、人妻じゃん。北川景子も昔はかわいかったと思うけど、どっかいじったのか知らんけど、それから全然かわいいと思わねーなあ」
  • 「菜々緒とか、全然だめ。うすらでっかい女だろ」
  • 「長澤まさみだって俺の友達と前彼女だもん。米倉涼子の性格……、なんでもない! 米倉涼子は和田アキ子に怒られているときにさ、俺味方してやったら、『あんた黙ってて』って言われて、俺大っ嫌い、それから。なんだ、この女。助けてやってるのに、アッコさんが怒ってたよ」
  • 「持田香織、人妻。やっぱ女より車だよな。内田有紀はもうおばあさんでしょ。17歳のときに『17才』ってドラマの主題歌やってんだよ、俺。そんなの、いまさらでしょ」
  • 「石原さとみも友達の彼女で、聞いてるもん。なんか、いちいちなんか誕生日だと二人でって。要するにめんどくさいって、言ってたよ、友達が」

現代において、立場のある人間による公の場での発言としては問題とされ得る内容が多分に含まれているものの、テレビではほとんど報道されていない。これは、エイベックス社から放送各社への圧力又は放送各社からのエイベックス社への忖度と考えられる。

私生活[編集]

1995年、モデルの原口香と結婚。結婚記念楽曲『THE STORY OF MAX AND KAORI / HRG UNITED』がEUROBEAT FLASH VOL.5(1996年1月発売)に収録された。その後、離婚している。

2003年11月、モデルの畑田亜希と再婚。2004年3月31日に第1子女児、2006年5月30日に第2子男児、2007年10月24日に第3子女児が誕生した。

2020年1月、畑田とは2016年に離婚していたと報じられた。2013年頃より別居していたという[14]

小室哲哉との関係[編集]

小室哲哉とは、1991年にエイベックスが本格的に音楽制作に参画した当初から、タイアップ交渉・所属会社の壁を越えた撮影チーム結成に対するための融通、カラオケ画面でのアーティスト本人のPV映像の上映を実現するためのコーディネートに奔走する等[15]公私に渡るパートナーであったものの、制作・セールス方針、印税の分配等[注釈 1]で松浦・千葉と小室の意見が決裂、1990年代半ば頃から険悪化し、1997年から長期間絶縁状態にあった。その後はエグゼクティブ・プロデューサーとして企画のチェックに関わる事はあっても、マネジメント等の協力・プライベートの交流は皆無に等しかった。

しかし、2008年に小室が逮捕された際、被害弁済から約6億5000万円を個人的に融資した。TRF安室奈美恵globe等、エイベックスの礎は小室哲哉によって生み出されたものであり、小室哲哉無くしてEvery Little Thing浜崎あゆみ倖田來未等は誕生しえなかったと述べており、恩師としての小室を思い出し、今後の音楽活動に賭けてみようと決心したという。また、弁済融資の他、社内に小室専用の部屋・制作スタジオも用意した[17][18]

小室は「レコード会社から驚異的な資産を生み出したリチャード・ブランソンデヴィッド・ゲフィンの2人に似ている」と称している[19]

手掛けたアーティスト[編集]

プロデュースやエグゼクティブプロデュース、スペシャリーコーディネイト等

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時小室はソニーに所属していたことからglobeをエイベックス・エピックのどちらでデビューさせるか一悶着があった、丸山茂雄の要請で華原朋美をエイベックスの事務所がマネジメントする、戦略上の事務所同士の権力争い等[16]

出典[編集]

  1. ^ プロフィール ameba
  2. ^ “エイベックス、松浦勝人氏が6月22日に会長就任 新規事業の創出に注力”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年5月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2111208/full/ 2020年5月15日閲覧。 
  3. ^ "エイベックス・松浦勝人氏、CEO退任へ 制作に専念すると表明「後進の育成にも励んでいきたい」". ORICON NEWS. oricon ME. 15 May 2020. 2020年5月15日閲覧
  4. ^ 松浦勝人の青春2022年06月19日閲覧
  5. ^ J-POPに新しい風を生む2022年06月19日閲覧
  6. ^ 松浦勝人の起業史仕事が遊びで遊びが仕事 2021年12月15日閲覧
  7. ^ 【松浦勝人 プログラミング】プログラミングを理解していない社員はいらない2021年12月15日閲覧
  8. ^ 愉しかった「友&愛」時代2021年12月15日閲覧
  9. ^ 5-5 小室、avexと接触20 Years After -TMN通史- 2022年5月6日閲覧
  10. ^ 第四回渡辺晋賞渡辺音楽文化フォーラム 2020年2月11日閲覧
  11. ^ 牧野武文「【松浦勝人】家賃月6万円の家を借りた。そんな拠点を10ヵ所借りても、別荘を建てるより安上がり」『GOETHE』、幻冬舎、2020年12月6日、2021年7月13日閲覧。
  12. ^ "エイベックス・松浦勝人会長が紺綬褒章を受章 "漁業に役立てて"杵築市、九十九里町へ寄付". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 13 May 2021. 2021年7月13日閲覧
  13. ^ エイベックス松浦会長がYouTubeで「深田恭子」「北川景子」を中傷 聞くに堪えない暴言の中身とは(デイリー新潮)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年8月6日閲覧。
  14. ^ 松浦勝人氏 離婚していた。7年前から別居生活、2016年に成立”. スポニチ (2020年1月2日). 2020年1月2日閲覧。
  15. ^ 【転機 話しましょう】(60)音楽プロデューサー、小室哲哉さん ちょっとした感謝が身を救う 栄光、挫折、復帰…すべての場面にいた“戦友””. msn産経ニュース (2012年4月21日). 2012年4月21日閲覧。
  16. ^ “エイベックスの歴史”. 松浦勝人オフィシャルブログ「仕事が遊びで遊びが仕事」Powered by Ameba. (2006年12月16日). https://ameblo.jp/maxmatsuura/entry-10518384040.html 2006年12月16日閲覧。 
  17. ^ 【小室被告第2回公判(2)】「浜崎あゆみも倖田來未も小室さんなしには生まれなかった」 Archived 2009年3月15日, at the Wayback Machine.より
  18. ^ 扶桑社刊 「SPA!」2010年8月3日号「『エッジな人々』 小室哲哉 『ドン底を経験したからって、開き直っちゃったら上れない』」pp.134-137より。
  19. ^ 「第84回 小室 哲哉 氏 音楽プロデューサー / ミュージシャン | Musicman-NET」より。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]