森民夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
森民夫
もり たみお
Tamio Mori cropped 2 Tamio Mori 20110219.jpg
生年月日 (1949-04-09) 1949年4月9日(69歳)
出生地 新潟県長岡市
出身校 東京大学工学部建築学科
前職 国家公務員建設省
所属政党 無所属
称号 工学士

当選回数 5回
在任期間 1999年11月21日 - 2016年9月6日
テンプレートを表示

森 民夫(もり たみお、1949年4月9日 - )は、日本政治家建設官僚。第14代新潟県長岡市長(5期)、全国市長会会長(第28代)。

概要[編集]

新潟県長岡市生まれ。長岡市立四郎丸小学校長岡市立南中学校新潟県立長岡高等学校を経て、1972年東京大学工学部建築学科を卒業し、民間の設計事務所である市浦都市開発建築コンサルタンツ(現:市浦ハウジング&プランニング)に入社した。退職の後、1975年建設省に入省し住宅局建設指導課に配属される。1987年茨城県土木部住宅課長、1990年建設省住宅局建設指導課建設専門官、1992年建設省住宅局住宅整備課地域住宅計画官を歴任した。建設省では東京ドーム建設計画に関わり、また1995年兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)では建築物危険度判定支援本部長を務めた。1995年からは2年間、中華人民共和国建設部に、国際協力事業団住宅新技術開発プロジェクト団長として、住宅の建築技術の指導のために派遣されている。1997年に建設省を退官し、1998年に故郷の長岡市に戻り有限会社ヒューマンネット長岡を設立[1]

1999年11月、長岡市長選挙に無所属で出馬する。前市長の日浦晴三郎の任期途中での辞職に伴う市長選では、日浦の後継候補である大原久治も出馬したが、699票の僅差で森が大原を破り、初当選を果たした。なお出馬に際しては主な政党の支援は受けず、長岡高校のかつての同級生やボランティアによる草の根運動的な選挙戦を展開した。そのため長岡市議会は事実上のオール野党体制であり、森は当初は各会派に対し、等しく距離を置く姿勢を取っていた[2]

1期目は、日浦前市長時代のバブル景気に乗ったスペースネオトピア事業等の失敗により、悪化した長岡市の財政再建に奔走。2003年の長岡市長選挙では無投票で再選された。長岡市長が無投票で再選されるのは、戦後初の出来事であった。

2期目の途中、2004年6月に平山征夫新潟県知事が、10月の県知事選への不出馬を表明。このため森が保守陣営の有力候補の1人に目され、本人も知事選出馬に意欲を示していたが、新潟県内の首長や県議、財界人で構成された「新しい新潟県知事を考える有志の会」(座長・小川竹二豊栄市長)が特定候補の推薦を見送り、自由民主党公明党は、民主党渡辺秀央参議院議員が推した経産官僚泉田裕彦の推薦を決定。なおかつ長岡市は市町村合併を間近に控えていたため、森は8月23日に知事選不出馬を表明し、その後2005年4月、2006年1月の2回にわたり、周辺9市町村が長岡市に合併した。

知事選直後の2004年10月23日、新潟県中越地震が発生。就任したばかりの泉田裕彦知事らが対応に追われる中、森が建設省の官僚だったころに阪神・淡路大震災の復興に深く関与した経験が役立つ結果になった。市長2期目はほぼ、震災からの復興に追われて任期が終わった[3]

2006年12月、地元後援会「志民の会」を結成し、長岡市選出の保守系県議会議員や財界人が多数参加した。2007年11月、長岡市長選挙で日本共産党推薦の宍戸末雄をトリプルスコアで破り、3選を果たす。しかし、市民の間で反対の声が根強い長岡市役所の長岡駅前への移転に反対する宍戸も2万票を上回る票を獲得した。長岡市長選挙で、共産党単独推薦の候補が2万票以上の票を獲得したのは初めてであった。ただし、移設については市長選が行われる以前に、長岡市議会で可決されている。

2008年1月、元三重県知事北川正恭が発起人代表を務める「地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合(通称「せんたく」)」に参加し、発起人に名を連ねる。知事が多い発起人の中で唯一の市長であった。2008年3月、同会の設立総会で市町村長の世話人・幹事に就任した。

2009年全国市長会会長(第28代)に就任。就任にあたり、挨拶で河井継之助小林虎三郎ら、郷土の長岡が輩出した先人の取り組みを紹介しながら、地方分権の推進に全力を尽くしていく所信を述べた[4]2011年11月に4選、2015年11月に5選[5]された。

2016年8月4日知事選出馬で調整[6]8月5日、東京電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に前向きな一部の県議から支援を受けると報道された[7]8月6日、首長有志が森に知事選出馬要請[8]。これを受けて森は出馬を決意し、選挙戦の準備に入り[9][10]8月10日に新潟県知事選出馬を正式表明[11]

2016年9月6日に長岡市長を辞職した[12]。2009年から務めていた全国市長会会長も辞任し、松浦正人(山口県防府市長)に会長代理を委ねた[13]

同年10月16日新潟県知事選挙の投開票が行われ、野党統一候補の米山隆一に敗れた[14]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 略歴 公式サイト
  2. ^ 朝日新聞 2003年10月31日号 新潟版
  3. ^ 森自身、2007年11月の市長選で「復旧に追われたことから、市民の望む政策の実現は夢の途中」(毎日新聞 2007年11月3日号 新潟版)として3選出馬への理解を訴えた。
  4. ^ 第28代全国市長会 会長 森民夫(長岡市長) 就任挨拶(平成21年6月3日就任)”. 全国市長会. 2016年10月16日閲覧。
  5. ^ 長岡市長に森氏5選 人口減対策を推進 新潟 産経ニュース2015.11.10
  6. ^ 森民夫氏、知事選出馬へ調整”. 新潟日報. 2016年8月4日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ 新潟知事選に長岡市長出馬へ…原発前向き派支援 (読売新聞 2016年08月05日 配信)
  8. ^ 首長有志が森氏に知事選出馬要請”. 新潟日報. 2016年8月8日閲覧。
  9. ^ 森民夫氏、知事選出馬へ10日表明 泉田氏との選挙戦の公算”. 新潟日報. 2016年8月9日閲覧。
  10. ^ 森民夫氏の出馬に期待感 国定三条市長”. 新潟日報. 2016年8月9日閲覧。
  11. ^ 【速報】森氏が知事選出馬正式表明”. 新潟日報. 2016-08-010閲覧。
  12. ^ “森氏 新潟知事選へ本格始動 長岡市長を退任、2党と面談”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2016年9月7日). http://www.sankei.com/region/news/160907/rgn1609070054-n1.html 2016年9月30日閲覧。 
  13. ^ 会長代理・副会長名簿(平成28年9月7日現在) 全国市長会公式サイト
  14. ^ “敗れた森氏「全て私の実力不足」 新潟知事選”. 日本経済新聞. (2016年10月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H3D_W6A011C1CC1000/ 2016年10月16日閲覧。 

外部リンク[編集]


先代:
日浦晴三郎
Flag of Nagaoka, Niigata.svg 新潟県長岡市長
1999年 - 2016年
次代:
磯田達伸