憧れのハワイ航路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

憧れのハワイ航路」(あこがれのハワイこうろ)は、1948年(昭和23年)にキングレコードより発売された歌謡曲。また、それを基にした1950年(昭和25年)公開の新東宝映画。

[編集]

本来小畑実が歌う予定で作られたが、たまたま小畑が東京を離れていて、岡が譲り受けた経緯がある[1][2]

作詞した石本自身、ハワイ航路(横浜 - ホノルル - サンフランシスコ。戦前は日本郵船の花形航路)への乗船経験が無かった。そのため、かつて郷里(広島県大竹市)の山から眺めた瀬戸内海を航行する大阪商船の別府航路の姿に、映画や小説で知ったハワイのイメージを重ねて作詞したという[3][4][5]

岡の没後は、岡を敬愛する若原一郎が番組で披露した他、坂上二郎が歌い継いでいる。近年では氷川きよしもカバーしている。サザンオールスターズ1981年に行ったコンサートツアー「そちらにおうかがいしてもよろしいですか?」のオープニングでこの曲をカバーしている[6]

映画[編集]

憧れのハワイ航路
Hibari Misora.2.jpg
左が岡田秋夫役の岡晴夫
右が君子役の美空ひばり
監督 斎藤寅次郎
脚本 八住利雄
原作 サトウハチロー
出演者 岡晴夫
美空ひばり
音楽 上原げんと
撮影 友成達雄
照明 秋山清幸
配給 新東宝
公開 1950年4月1日
上映時間 78分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「この日この時 1970・5・19 歌手・岡晴夫没」、毎日新聞1992年5月19日付夕刊(東京本社版)、9面。
  2. ^ 斎藤茂 『この人この歌 : 昭和の流行歌100選・おもしろ秘話』 広済堂出版1996年、44頁。ISBN 4331505251
  3. ^ 鳥山輝「この歌に 憧れのハワイ航路(2) 若さぶつけた明るい詞」読売新聞1990年10月28日付朝刊(東京本社版)、日曜版、4面。
  4. ^ 「もののねだん 暮らしの50年(5) 余暇 豊かさの象徴、海外旅行」毎日新聞1995年8月8日付朝刊(東京本社版)、17面。
  5. ^ 「うたの旅人 岡晴夫「憧れのハワイ航路」 戦後日本に希望の歌声」、朝日新聞2010年11月20日付朝刊(東京本社版)、be on Saturday、e1面。
  6. ^ そちらにおうかがいしてもよろしいですか?

外部リンク[編集]