北川正恭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
北川 正恭
きたがわ まさやす
生年月日 (1944-11-11) 1944年11月11日(72歳)
出生地 三重県鈴鹿市
出身校 早稲田大学商学部
現職 早稲田大学名誉教授
早稲田大学プロジェクト研究所顧問
所属政党 自由民主党→)
新党みらい→)
新進党→)
無所属
称号 商学士
親族 父・北川正雄
公式サイト 北川正恭オフィシャルウェブサイト

三重県の旗 公選第14-15代 三重県知事
当選回数 2回
在任期間 1995年4月21日 - 2003年4月20日

選挙区 三重県第1区
当選回数 4回
在任期間 1983年12月19日 - 1995年3月

選挙区 鈴鹿市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1972年4月 - 1983年11月
テンプレートを表示

北川 正恭(きたがわ まさやす、1944年(昭和19年)11月11日 - )は、日本政治家政治学者

三重県知事(第4代、2期)、衆議院議員(4期)、三重県議会議員(3期)を歴任。早稲田大学大学院公共経営研究科名誉教授、および早稲田大学マニフェスト研究所(プロジェクト研究所)顧問・前所長。富士通株式会社社外取締役四日市大学客員教授。

家族は妻と2男。父は北川正雄(元三重県議会議長)[1]。伯父(母の兄)に久保田藤麿(元衆議院議員、元参議院議員)がいる[2]

来歴・人物[ソースを編集]

三重県鈴鹿市出身。三重県立神戸高等学校早稲田大学商学部卒業学位商学士(早稲田大学)

1983年(昭和58年)の第37回衆議院議員総選挙自由民主党から出馬し、初当選(当選同期に田中直紀熊谷弘二階俊博野呂田芳成額賀福志郎衛藤征士郎田中秀征尾身幸次町村信孝伊吹文明自見庄三郎中川昭一大島理森野呂昭彦鈴木宗男甘利明など)。自民党時代は福田派→安倍派→三塚派に所属していたが、1994年(平成6年)の細川内閣総辞職を機に、鹿野道彦ら自民党議員5名と共に離党して、鹿野を党首とする新党みらいを結党。その後、他の政党会派と合併して、新進党に加わった。

1995年(平成7年)、同じ三重県出身の岡田克也に推されて、議員辞職して三重県知事選挙に出馬した。自民党公認等候補を破って当選を果たして、2期務めた。当初は新進党が支援母体であり、2期目は事実上は自社公民4党による相乗りオール与党体制だったが、公式には政党・団体の推薦・支持を得なかったため「無党派知事」といわれた。

2003年(平成15年)に長期政権は癒着が生じると不出馬を表明した。国政復帰も囁かれたが、政治の根本を変えるには若い政治家を育てる必要性があると説き、早稲田大学大学院公共経営研究科教授に就任した。2015年(平成27年)退任。

選挙における政党の政権公約としてのマニフェストを提唱し、日本に広めた。21世紀臨調共同代表。せんたく発起人代表。

テレビではTBS系『ブロードキャスター』(レギュラーとしては2004年秋から2008年秋まで)、『みのもんたの朝ズバッ! → 朝ズバッ!』(2010年春から2014年3月まで)にコメンテーターとして出演をしていた。

知事在職中の業績[ソースを編集]

1995年(平成7年)に三重県知事選挙で当選した後、岩手県増田寛也宮城県浅野史郎高知県橋本大二郎東京都石原慎太郎らとともに「改革派知事」として注目された。その改革内容については賛否両論ある。

おもな業績を以下に記す。

  • 県庁の組織を再編し、カタカナ表記の部署を多く設置した。(これについては、県民から分かりにくいとの苦情もあり、後任の野呂昭彦知事によってほとんどがもとの名前に戻された)
  • 1997年(平成9年)に「三重のくにづくり宣言」を発表した。
  • 中部電力南島町紀勢町の境界に建設を計画していた芦浜原子力発電所を、住民の賛同が得られているとはいえないとして、2000年(平成12年)に白紙撤回した。これを受けて中部電力は計画を断念した。
  • 三重県下で人口10万人当たりの交通死亡事故発生率が全国ワースト1位となったことを受け、2000年11月13日、「交通死亡事故多発非常事態宣言」を発表した。
  • 2001年(平成13年)に産業廃棄物税を導入した。これにより、事業者に対して産業廃棄物1トンあたり1000円の税金が課されることとなった。
  • リサイクル製品の認定制度を充実させた。しかし、石原産業によるフェロシルト問題の誘引ともなった。
  • トップセールスによりシャープの工場建設を積極的に誘致した。亀山市とあわせて135億円の補助金(多額の税金)を一社に提供し、2002年(平成14年)にシャープは亀山市に液晶テレビなどを製造する工場を建設すると発表した(参考、クリスタルバレー構想)。しかし2010年(平成22年)に稼動した堺工場完成後は、液晶テレビの主力工場は亀山工場より堺工場に移る。また、中国での液晶製造を発表し、亀山工場の施設の一部を移転すると示唆している。2009年(平成21年)9月に売却対象のうち補助金で購入した設備に関し、三重県は条例に基づき補助金の一部返還を求める方針を決定した。
  • 廃棄物固形燃料によるごみの有効利用を推進した。しかし2003年(平成15年)に多度町の発電プラントで火災事故が起こり、作業員や消防士7人が死傷、サイロは解体に追い込まれた。県民の間では導入を急ぎすぎたとして非難の声も上がっている。初期工事費650億円を投じ、その後の追加工事費を含め1000億円以上費やした廃棄物固形燃料プラントRDFプラントは2016年廃止が三重県議会で発表されている。建設工事をおこない、メインテナンスを担当した富士電機は施工・メンテナンス実績が皆無であったことも事故の原因であった。北川の地元鈴鹿市に工場があり、天の声が下った怪しさが伊勢新聞に報道されている。

略歴[ソースを編集]

  • 1972年(昭和47年):三重県議会議員選挙に鈴鹿市選挙区から立候補して、当選をする(連続3期)。
  • 1983年(昭和58年):衆議院旧三重1区から衆議院選挙立候補して当選をする(連続4期)。
  • 1990年(平成2年):文部政務次官に就任する。
  • 1995年(平成7年):三重県知事選挙に立候補して、当選をする(連続2期)。
  • 2003年(平成15年):三重県知事を引退する。早稲田大学大学院公共経営研究科教授に就任する。
  • 2009年(平成21年):富士通社外取締役に就任する。
  • 2015年(平成27年):早稲田大学大学院公共経営研究科教授を退任。

文献[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

共著[ソースを編集]

関連文献[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 『大政変 65人の主役たち』木下厚・編著(フットワーク出版) より
  2. ^ 早稲田大学大学院公共経営研究科教授 北川正恭氏 第1回(取材協力:日刊建設工業新聞)1/2 - 建設WALKER より

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]