小林正美 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小林 正美(こばやし まさみ、男性、1912年(明治45年) - 1960年(昭和35年)11月12日)は日本の政治家日本社会党衆議院議員三重県四日市市出身。衆議院議員の2期目を目指していた1960年(昭和35年)の第29回衆議院議員総選挙中に急逝した。

年譜[編集]

  1. 三四百貨店社長
  2. 四日市商連会長
  3. 三重県連商連会長
  • 労働問題に取り組んでいた事から日本社会党に入党して日本社会党の三重県書記長・日本社会党所属の三重県議会議員を経て、衆議院議員に初当選した。以下の日本社会党の要職を務めた。
  1. 日本社会党の中央委員
  2. 日本社会党の組織中小企業対策部長

政治経歴[編集]

参考文献[編集]

  • 廣新二『日本政治史に残る三重県選出国会議員』(1985年刊)、「小林正美」の項目。
  • 『三重県史』資料編 近代1 政治・行政 1
  • 『三重県史』資料編 近代2 政治・行政 2

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「日本政治史に残る三重県選出国会議員」の233ページの記述。(著者)廣新二。出版年は1985年(昭和60年)三重県選出日本社会党議員の「小林正美」の項目。