水谷昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

水谷 昇(みずたに のぼる、1896年5月23日[1] - 1988年7月31日[2])は、日本の政治家衆議院議員(4期)。桑名市長(5期)。

経歴[編集]

1896年(明治29年)生まれで三重県出身。1916年(大正5年)三重師範学校[2]。小学校訓導、桑名高等女学校教諭を経て[2]、桑名町議、同議長、桑名市議、同議長、木曽岬村長、三重県議などを歴任し[2]1946年第22回衆議院議員総選挙で三重県から立候補するが、次点に終わった。しかし、翌年に当選者の1人が辞職したため、繰り上げ当選となった。以来連続4期務め、衆議院図書館運営委員長、第3次吉田内閣で文部政務次官を務めた[2]1953年第26回衆議院議員総選挙で落選。落選後の1959年、桑名市長に当選し、5期20年務めた[1]。のちに桑名市から名誉市民を贈られた[2]1988年(昭和63年)死去。

このほか、三重鋳物工業組合理事長、三重軽金属工業社長、日本書道連盟副会長などを歴任した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、646頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員』、624頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。