坂口力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
坂口 力
さかぐち ちから
生年月日 1934年4月1日(81歳)
出生地 三重県一志郡白山町
(現:津市
出身校 三重県立大学医学部
三重県立大学大学院医学研究科
(いずれも現:三重大学
前職 衆議院議員
所属政党 公明党→)
(公明新党→)
新進党→)
(新党平和→)
公明党

内閣 第2次森改造内閣(中央省庁再編後)
第1次小泉内閣
第2次小泉内閣
在任期間 2001年1月6日 - 2004年9月27日

日本の旗 第86代 厚生大臣
第69代 労働大臣
内閣 第2次森改造内閣(中央省庁再編前)
在任期間 2000年12月5日 - 2001年1月6日

日本の旗 第58代 労働大臣
内閣 細川内閣
在任期間 1993年8月9日 - 1994年4月28日

選挙区 比例東海ブロック
当選回数 11回
在任期間 1972年12月11日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

坂口 力(さかぐち ちから、1934年昭和9年〉4月1日 - )は、日本政治家医師医学博士公明党特別顧問(厚生労働担当)。

衆議院議員(11期)、労働大臣(第5869代)、公明党副代表、厚生大臣第86代)、厚生労働大臣(第123代)などを歴任。

略歴[編集]

人物・政策[編集]

  • 省庁再編で統合された厚生労働省の初代大臣である。政府として初めてハンセン病患者に対する国の責任を認め、2001年5月11日熊本地裁の「ハンセン病国家賠償請求訴訟判決」を受け入れ、控訴しないことを決定。患者・元患者に対して謝罪した。
  • BSE感染牛が発見されたことをきっかけに始まった全頭検査は、政治的判断や感情論が大きな背景にあったといわれる。これについて坂口は「風評被害があり、(全頭検査をしなければ)国民の安心が得られない」と説明している[4]
  • 2003年労働者派遣法改法案が議論されていた際、厚生労働大臣として国会で「厳しい雇用失業情勢や働き方の多様化などに対応いたしまして、迅速、円滑かつ的確な労働力需給の結合を促進し、企業活動に必要な労働力の確保を図りますとともに、一人でも多くの方が雇用の機会を得られるようにするためのもの」「今回の直接雇用の促進の措置を法律に明記することにより、さらに派遣労働者から直接雇用に移る労働者がふえるものと確信しているところでございます」と答弁した[5]が、実際には派遣労働者は雇用の調整弁として使われることになった[独自研究?]
  • 2004年3月、鳥インフルエンザが拡大している最中、記者会見において狙いすまして「牛やら鶏やら、モウ、ケッコウ」と発言。会見では大いにウケたが、その後「冗談を言っている場合ではない」と抗議が相次ぎ、結局謝罪に追い込まれた[6]
  • 労働者派遣法をめぐっては、規制緩和を唱えるオリックス宮内義彦およびザ・アール奥谷禮子と、労働者保護を唱える民主党次の内閣・雇用担当大臣」の城島光力が激しく対立。結果として宮内・奥谷路線が政策として採用されたが、議論の過程で宮内の文書や奥谷の行動が問題となり、城島の質問主意書に対して衆議院厚生労働委員会は宮内と奥谷の一連の行動について「議会制民主主義の基本的なルールを踏みにじるかつてない暴論である」との見解を正式に決定した[7]
  • 菅直人とは若手議員の頃からの親友である。かつては坂口、菅、伊藤茂社会党)、米沢隆民社党)の4人で「仲良しクラブ」を結成し、定期的に勉強会や研修旅行をしていた。2008年末には衆院第1議員会館で体調を崩した坂口を菅が発見し、腕を抱えて坂口の部屋まで送り届けたこともあった。しかし、菅が総理大臣に就任してからは厳しい視線を送っており、「友人 菅総理に贈る最後の言葉」と題して退陣を促すコメントを発表した[8]
  • 坂口が代表を勤める政治団体である「公明党衆議院比例区東海第二総支部」が、当時の現職社長が脱税容疑で逮捕された医療廃棄物輸送企業「メスキュード三重」(現:メスキュード中央)から計334万円の政治献金を受けていたことが2012年6月に発覚している[9]
  • 日中国会議員書画展へ書画を提供している[10]

語録[編集]

政治家は、個人を犠牲にする覚悟があって初めてできる職業です。好きでやっている人がいるとすれば、それは政治屋です。
誰しも自分に犠牲を強いることは楽しいことではありません。政治家とは、自分を抑えて、みんなのために生きなければならない職業の一つなのです。
そして私は政治家である前に一人の人間であり、医師であることも忘れてはいません。これまで、そう信じてやってきました。これからもまた、頑迷にそう信じて「タケノコ医者」の私は政治に携わってゆくつもりです。

坂口力 『タケノコ医者』(2001年12月、光文社

役職歴[編集]

公明党[編集]

  • 特別顧問(厚生労働担当)
  • 副代表
  • 参議院選挙対策本部副本部長
  • 社会保障制度調査会顧問
  • 税制調査会顧問
  • 憲法調査会顧問
  • がん対策推進本部顧問
  • 三重県本部顧問

内閣[編集]

議員連盟[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 廣新二 『日本政治史に残る三重県選出国会議員』 275ページ (1985年〈昭和60年〉)
  2. ^ 坂口・元厚労相ら公明6衆院議員、今期で引退2012年8月23日
  3. ^ 公明、特別顧問に坂口、遠藤両氏 執行部は留任:日本経済新聞
  4. ^ ジェイ・キャスト2012年1月8日
  5. ^ 国会会議事録検索システム 第156回通常国会衆議院本会議 平成15年04月22日 [1]
  6. ^ モウケッコウで厚労相陳謝 首相は「冗談言えないね」 47NEWS 2004年3月5日
  7. ^ サンデー毎日
  8. ^ 産経新聞 2011年6月23日付 『公明・坂口氏が首相に退陣勧告 友人として「心配で見ていられない』
  9. ^ 坂口元厚労相支部、脱税容疑の業者から政治献金 読売新聞 2012年6月16日
  10. ^ [2]NPO法人日中国会議員書画展実行委員会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
創設
日本の旗 厚生労働大臣
初代:2001年 - 2004年
次代:
尾辻秀久
先代:
津島雄二
日本の旗 厚生大臣
第86代:2000年 - 2001年
次代:
廃止
先代:
吉川芳男
村上正邦
日本の旗 労働大臣
第69代:2000年 - 2001年
第58代:1993年 - 1994年
次代:
廃止
羽田孜鳩山邦夫