中津江村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 大分県 > 日田市 > 中津江村
中津江村
なかつえむら
—  地区  —
中津江村の位置(大分県内)
中津江村
中津江村
座標: 北緯33度8分10.9秒 東経130度56分14.6秒 / 北緯33.136361度 東経130.937389度 / 33.136361; 130.937389
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Oita Prefecture.svg 大分県
市町村 Flag of Hita, Oita.svg日田市
地域 津江地域
日田市編入日 2005年3月22日
行政
 - 村長(合併時) 坂本休
面積
 - 計 81.91km2 (31.6mi2)
標高[1] 371m (1,217ft)
人口 (2014年5月31日)[2]
 - 計 918人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 877-0301(栃野)
877-0302(合瀬)
市外局番 0973
ナンバープレート 大分
ウェブサイト 中津江村 日田市Webサイト
座標は中津江村振興局の住所

中津江村(なかつえむら)は、日田市の一地域である。かつて大分県日田郡に属していたであったが、2005年3月22日に同じ日田郡の前津江村上津江村大山町天瀬町とともに日田市へ編入合併し、行政地域としては消滅した。しかし、前津江村、上津江村は「村」の名称を廃止しているのに対し、編入後も「大分県日田市中津江村」として「村」の名称を残した形で地名は残された[3]
2002年に開催された日韓ワールドカップの際、中津江村は村内のスポーツ施設の有効活用を目的に公認キャンプ地として名乗りを上げ、その結果アフリカカメルーン代表のキャンプ地に選ばれた[4]テレビ朝日の番組「ニュースステーション」でメインキャスターの久米宏が「いちばん小さな自治体のキャンプ地」として着目し、現地から歓迎の様子を生放送すべく乗り込んだものの、同国の選手団の到着が遅れたことなどから、当時の村長の坂本休とともに国内で有名になった。

地理[編集]

大分県西部に位置し、周囲を山に囲まれた村である。津江山系県立自然公園内に位置し、周囲には、渡神岳、猿駈山、三国山、尾ノ岳、酒呑童子山などが連なる。

河川[編集]

  • 津江川
  • 鯛生川

湖沼[編集]

歴史[編集]

なかつえむら
中津江村
廃止日 2005年3月22日
廃止理由 編入合併
前津江村中津江村上津江村大山町天瀬町 → 日田市
現在の自治体 日田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 大分県
日田郡
団体コード 44482-1
面積 81.91km²
総人口 1,194
(平成17年国勢調査、2005年10月1日)
隣接自治体 日田郡上津江村前津江村福岡県八女郡矢部村熊本県山鹿市菊池市阿蘇郡小国町
中津江村役場
所在地 877-0301
大分県日田郡中津江村大字栃野353
外部リンク 中津江村Internet Archive
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

中世に長谷部信連の末裔を名乗る一族が土着し、長谷部および津江を称する。『日田郡志(下巻)』では「歴代津江ノ庄七ヶ村ヲ領ス(抜粋引用)」とある。俗に津江殿と呼ばれた。居城や館は、現在の栃原の田ノ原にある伝来寺とその裏山の「城山」と呼ばれる山にあったと伝えられる。南北朝時代の1338年に長谷部信堆は肥後国の僧、大智禅師に館を寄進して伝来寺を開かせたのである。その後の津江氏、長谷部氏の氏族としての盛衰は不明であるが、津江新左衛門尉ら3名が豊臣秀吉の文禄・慶長の役の際、大友吉統に従軍している[5]。大友氏が改易されると、津江地域を含む日田郡は豊臣政権下の蔵入地となり、代官支配(宮城豊盛)、のちに毛利高政の知行となった。毛利氏佐伯移封後は、そのほとんどの期間が徳川幕府の直轄領とされた。

江戸時代中期には、日田地方でも1716年ごろからスギの挿し木による栽培が行われるようになり、中津江村丸蔵では1750年に1万本の挿し木が行われた記録がある[5]

地名の由来[編集]

古代、この地域は津江と呼ばれ、その中ほどに位置することから名付けられた。津江の名は、「潰える」に通じ、崩壊地やそうした地域の多い山地において名付けられた。

沿革[編集]

  • 1875年 - 野田村と栃原村が合併し、栃原村が成立。梅野村と中西村が合併し、合瀬村が成立する。
  • 1889年4月1日 - 町村制の施行により、栃原村と合瀬村が合併し、中津江村が成立する。
  • 1918年5月 - 範多範三郎により鯛生金山株式会社が設立され、鯛生金山の採掘が本格化。
  • 1969年 - 下筌ダムが完成。
  • 1972年 - 鯛生金山が閉山する。
  • 2002年5月24日 - サッカーワールドカップ カメルーン代表が来村する。
  • 2005年3月22日 - 日田市に編入合併し、自治体として消滅。

村政時代の行政[編集]

村長[編集]

  • 坂本休(1996年 - 2005年)

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前
中津江村栃野 2005年3月22日 大字栃野
中津江村合瀬 大字合瀬

交通[編集]

鉄道[編集]

当地区には鉄道は走っていない。最寄り駅は、九州旅客鉄道(JR九州)久大本線日田駅である。

バス[編集]

日田駅駅前に日田バスの日田バスセンターがあり、そこを起点とする杖立線に乗車し、松原ダムバス停にて下車する。そこから日田市営バス中津江線・栃原線に乗換。

道路[編集]

名所・旧跡[編集]

  • 鯛生金山
  • 伝来寺庭園
  • 宮園津江神社 - 大分県指定の無形民族文化財『麦餅つき祭り』が毎年7月15日に行われる

施設[編集]

  • 津江温泉
  • 鯛生家族旅行村
  • 道の駅鯛生金山
  • 鯛生スポーツセンター - 2002年サッカーワールドカップにてカメルーン代表がキャンプ地とした

教育機関[編集]

1995年4月に中津江村立鯛生小学校、中津江村立丸蔵小学校、中津江村立川辺小学校が統合し、中津江村立中津江小学校となる[6]。2012年に、中津江村立中津江小学校と上津江村立上津江小学校の2校が統合して中津江村立津江小学校となる。2014年から中津江村立津江中学校の校舎へ移転し、小中一貫校となった[7]
1979年に中津江村立鯛生中学校と中津江村立中津江中学校が統合して中津江村立津江中学校が誕生。1993年に上津江村立上津江中学校と統合し、上津江村中津江村中学校組合立津江中学校となる[8]。2014年から日田市立津江小学校が同校の校舎に移転し、小中一貫校となった。

カメルーンとの交流[編集]

カメルーンとの交流は、2002 FIFAワールドカップにて、中津江村が、出場国の事前キャンプ地に立候補し、カメルーンのキャンプ地に選ばれたのが始まりである。カメルーン代表チームの当初の来日予定は2002年5月19日だったが、選手による出場ボーナス増額要求交渉によって[9][10]、日本への出発が遅れ、カメルーン航空のチャーター機がフランスのシャルル・ドゴール空港を飛び立ったのが、5月22日1時(現地時間)であった。出発後も給油地のエチオピアインドで予定より数時間ずつ遅れた上、カンボジアベトナムの領空通過の許可を得ていないことが判明し、タイのバンコクで足止めとなった。そのため、代表チームの到着は更に遅れ、5月23日23時38分に福岡空港に到着し[11]、中津江村には5月24日3時すぎに到着した[12]。この騒動が日本中から注目を向け、同年12月に発表された新語・流行語大賞には「W杯(中津江村)」が選ばれた[13]

その後もカメルーンとの交流が続き、カメルーン駐日大使が来訪したり、当時の村長が公務でカメルーンを訪問する事もあった[14]。カメルーンが本大会に出場した2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会、2014 FIFAワールドカップブラジル大会では、旧村民あげてカメルーンを応援した[15][16]。また、2002年ワールドカップカメルーン代表のひとりでJリーグのガンバ大阪などでも活躍したパトリック・エムボマも引退表明後に旧中津江村でサッカー教室を開催した[17]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マピオン
  2. ^ 自治会別人口統計表(中津江村に属する野田・川辺・丸蔵・鯛生の各自治会の外国人を含む総人口)
  3. ^ 町又は字の区域の変更等について 日田市 平成17年3月18日 告示第25号
  4. ^ 2002FIFA WORLD CUP 国内キャンプ地一覧”. 2002年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月27日閲覧。
  5. ^ a b 長順一郎著『総合村落史考 - 日田の歴史研究 -』歴研 2001年
  6. ^ 中津江小学校校長室より
  7. ^ 津江小学校学校案内
  8. ^ 津江中学校 平成23年度 学校経営方針
  9. ^ “カメルーン代表遅刻「賃金闘争」が原因?”. 毎日新聞(朝刊): p. 28. (2002年5月22日) 
  10. ^ フランス報道官によると選手の一部がW杯にあたって45,734ユーロ(当時のレートで約535万円)の手当を求めていた
  11. ^ “カメルーンやっと来日”. 毎日新聞(朝刊): p. 29. (2002年5月24日) 
  12. ^ カメルーン騒動記
  13. ^ 自由国民社. “2002 年間大賞 W杯(中津江村)”. 2014年6月30日閲覧。
  14. ^ 中津江からカメルーン応援団再び 南アで「恩返し」へ
  15. ^ W杯でカメルーン応援 2002年キャンプ地旧中津江村
  16. ^ ブラジルW杯:「おらが代表」カメルーン応援 旧中津江村
  17. ^ エムボマがサッカー教室 W杯ゆかりの中津江村で

参考書籍[編集]

  • 『角川日本地名大辞典 44 大分県』 角川書店、1980年11月、初版第1刷。ISBN 978-4040014401

 

外部リンク[編集]