黛まどか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黛まどか(まゆずみ まどか、1962年7月31日[1] - )は、日本俳人。本名:黛 円(読み同じ)。父は俳人の黛執

経歴[編集]

神奈川県足柄下郡湯河原町生まれ。1983年(昭和58年)フェリス女学院短期大学卒業。富士銀行勤務時代に杉田久女を知り俳句の世界に魅了される。1988年(昭和63年)「東京きものの女王」を受賞する。1990年平成2年)俳句結社「河」に入会し、吉田鴻司に師事する。 1994年(平成6年)「B面の夏」50句で第40回角川俳句賞奨励賞を受賞、初の句集『B面の夏』を出版する。同年、女性のみの俳句結社「東京ヘップバーン」を立ち上げる。1996年(平成8年)女性会員による俳誌『月刊ヘップバーン』を創刊、代表となる。

1999年(平成11年)サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路約900kmを徒歩で踏破。2001年(平成13年)から翌年にかけて韓国釜山からソウルまでを徒歩で踏破する。2002年(平成14年)句集『京都の恋』で第2回山本健吉文学賞を受賞する。2006年(平成18年)『月刊ヘップバーン』を通算100号で終刊。2010年より1年間、文化庁文化交流使としてフランスにて俳句を指導する。

2014年4月現在、「日本再発見塾」呼びかけ人代表、「公益財団法人東日本鉄道文化財団」評議員、「国立新美術館」評議員、「文化庁文化審議会」臨時委員、「公益社団法人日本ユネスコ協会連盟」未来遺産運動賛同人、「NPO法人日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会」理事、岐阜県大垣市奥の細道むすびの地記念館」名誉館長、福島県飯舘村「までい大使」、株式会社ワコールホールディングス顧問、京都橘大学客員教授。

現代俳句を代表する女流俳人の一人として活躍中であり、おしゃれ吟行会など数多くのイベントの選者を務めている。坂東三津五郎辰巳琢郎藤原正彦わたせせいぞう増田明美など著名人が名を連ねた会員制句会「百夜句会」(全99回で終了)の主宰でもあり、ポルノグラフィティ新藤晴一長谷川京子はこの句会がきっかけとなって結婚に至った[2]

作品[編集]

句集[編集]

著書[編集]

  • 『聖夜の朝』(1996年 朝日新聞社)のち講談社文庫 
  • 『恋する俳句』(1998年 小学館)のち文庫 
  • 『ら・ら・ら「奥の細道」』(1998年 光文社
  • 『ここにあなたのいる不思議』(1999年 PHP研究所)
  • 『星の旅人-スペイン「奥の細道」』(2000年 光文社)のち角川文庫 
  • 『サランヘヨ-韓国に恋をして』(2003年 実業之日本社
  • 『心に残る手紙の書きかた』(2004年 集英社be文庫)
  • 『コレカラカマクラ物語。』原田寛写真 冬花社 2004
  • 『知っておきたい「この一句」』(2004年 PHPエル新書)のち文庫 
  • 『17音の交響曲(シンフォニー)』(2005年 東京書籍
  • 『文豪、偉人の「愛」をたどる旅』集英社 2009
  • 『その瞬間 創作の現場ひらめきの時』角川学芸出版 2010
  • 『引き算の美学 もの言わぬ国の文化力』(2012年 毎日新聞社
  • 『うた、ひとひら』新日本出版社 2014

共編著[編集]

  • 『東京ヘップバーン』編著 メディアファクトリー 1995
  • 『一句、ください。 第11回「海の祭典」記念海の一句公募句集』編 学習研究社 1996
  • 『モナリザの告白 ダ・ヴィンチ俳句傑作選集』鈴木真砂女共選 リクルートダ・ヴィンチ編集部 1996
  • 『恋がすべて』鈴木真砂女共著 PHP研究所 1997
  • 芭蕉への手紙 「伊勢志摩国立公園指定50周年・吉野熊野国立公園指定60周年」記念三重県「旅の一句」公募句集』編 学習研究社 1997
  • 『愛の歳時記』編著 1999 角川mini文庫
  • 『道の一句』三重県俳句協会共編 PHP研究所 1999
  • 『祭の一句』三重県俳句協会共編 PHP研究所 2000
  • 『看護実感十七文字 看護のこころ春夏秋冬』選・監修 日本看護協会出版会 2003
  • 『古寺巡礼京都 新版 三千院小堀光詮共著 淡交社 2006
  • 『ニュージーランド 真夏の聖夜の旅』編著 若林直樹写真 東京書籍 2008
  • 『俳句脳 発想、ひらめき、美意識』茂木健一郎共著 角川oneテーマ21 2008
  • 『言葉で世界を変えよう 万葉集から現代俳句へ』茂木健一郎共著 東京書籍 2010
  • 『まんかいのさくらがみれてうれしいな 被災地からの一句』編 バジリコ 2012

翻訳[編集]

  • ユン・クビョン文 イ・テス絵「韓国の四季の絵本」小倉紀藏共訳 平凡社 2003
秋 おおいそがし、こいそがし』
冬 さいごにのこるの、だあれだ
春 スニちゃん、どこゆくの
夏 つまんなくってさ

その他[編集]

  • 北里大学校歌「生命の北辰(いのちのほくしん)」を作詞(2012年 作曲・編曲 千住明[3]

テレビ出演[編集]

※他「黛まどか Color of the season」(NACK5)、文化放送でラジオ番組あり。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.madoka575.co.jp/pages/profile.htm
  2. ^ 気ままにトーク2009年1月25日
  3. ^ 北里大学-記念事業-「北里大学校歌「生命の北辰(いのちのほくしん)」の完成披露発表会を開催しました」