黛まどか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黛まどか(まゆずみ まどか、1962年昭和37年)7月31日[1] - )は、日本俳人神奈川県足柄下郡湯河原町出身。本名:黛 円(読み同じ)。

経歴[編集]

神奈川県足柄下郡湯河原町生まれ。父は俳人の黛執1983年(昭和58年)フェリス女学院短期大学卒業。富士銀行勤務時代に杉田久女を知り俳句の世界に魅了される。1988年(昭和63年)「東京きものの女王」を受賞する。1990年平成2年)俳句結社「河」に入会し、吉田鴻司に師事する。 1994年(平成6年)「B面の夏」50句で第40回角川俳句賞奨励賞を受賞、初の句集『B面の夏』を出版する。同年、女性のみの俳句結社「東京ヘップバーン」を立ち上げる。1996年(平成8年)女性会員による俳誌『月刊ヘップバーン』を創刊、代表となる。

1999年(平成11年)サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路約900kmを徒歩で踏破。2001年(平成13年)から翌年にかけて韓国釜山からソウルまでを徒歩で踏破する。2002年(平成14年)句集『京都の恋』で第2回山本健吉文学賞を受賞する。2006年(平成18年)『月刊ヘップバーン』を通算100号で終刊。2010年より1年間、文化庁文化交流使としてフランスにて俳句を指導する。

2014年4月現在、「日本再発見塾」呼びかけ人代表、「公益財団法人東日本鉄道文化財団」評議員、「国立新美術館」評議員、文化審議会臨時委員、「公益社団法人日本ユネスコ協会連盟」未来遺産運動賛同人、「NPO法人日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会」理事、岐阜県大垣市「奥の細道むすびの地記念館」名誉館長、福島県飯舘村「までい大使」、ワコール顧問、京都橘大学客員教授。

現代俳句を代表する女流俳人の一人として活躍中であり、おしゃれ吟行会など数多くのイベントの選者を務めている。

作品[編集]

句集[編集]

著書[編集]

  • 聖夜の朝(1996年 朝日新聞社
  • 恋する俳句(1998年 小学館
  • ら・ら・ら「奥の細道」(1998年 光文社
  • ここにあなたのいる不思議(1999年 PHP研究所)
  • 星の旅人-スペイン「奥の細道」(2000年 光文社)
  • サランヘヨ-韓国に恋をして(2003年 実業之日本社
  • 心に残る手紙の書きかた(2004年 集英社
  • 知っておきたい「この一句」(2004年 PHP研究所)
  • 17音の交響曲(シンフォニー)(2005年 東京書籍
  • 引き算の美学 もの言わぬ国の文化力(2012年 毎日新聞社

その他[編集]

  • 北里大学校歌「生命の北辰(いのちのほくしん)」を作詞(2012年 作曲・編曲 千住明[2]

テレビ出演[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.madoka575.co.jp/pages/profile.htm
  2. ^ 北里大学-記念事業-「北里大学校歌「生命の北辰(いのちのほくしん)」の完成披露発表会を開催しました」