永田秀次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
永田秀次郎
永田 青嵐
Hidejirō Nagata 1.jpg
生年月日 1876年7月23日
出生地 兵庫県三原郡長田村(町村制後:倭文村、現:南あわじ市倭文長田)
没年月日 1943年9月17日
出身校 旧制第三高等学校
前職 内務官僚

日本の旗 第9代 拓務大臣
内閣 廣田内閣
在任期間 1936年3月9日 - 1937年2月2日

日本の旗 第18代 鉄道大臣
内閣 阿部内閣
在任期間 1939年11月29日 - 1940年1月14日

選挙区 勅選
在任期間 1918年9月21日 - 1943年9月17日
テンプレートを表示

永田 秀次郎(ながた ひでじろう、1876年明治9年)7月23日 - 1943年昭和18年)9月17日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の官僚政治家俳人随筆家。第18代官選三重県知事、第8代・第14代東京市長、第4代拓殖大学総長、貴族院勅選議員広田内閣拓務大臣阿部内閣鉄道大臣を歴任。俳名筆名永田 青嵐(ながた せいらん)で出版した著書も多い。

長男は自由民主党衆議院議員永田亮一

来歴[編集]

兵庫県三原郡長田村(町村制後:倭文村、現:南あわじ市倭文長田)に永田実太郎の次男として出生。弟に京都市土木局長、横浜市電気局長を務めた永田兵三郎がいる。

姫路中学校第三高等学校(現在の京都大学の前身のひとつ)を卒業。

内務省官僚を務めた後、第8・14代東京市長拓殖大学第4代学長、貴族院議員を歴任。関東大震災では市長として復興に尽力[1][2][3]

1932年のロサンゼルスオリンピックで女子平泳ぎ200mで銀メダルを獲得した前畑秀子に「なぜ金メダルを取れなかった」と言った。前畑は水泳を引退するつもりだったが、永田の言葉により現役続行を決意。4年後のベルリンオリンピックで金メダルを取ることになる。当時、永田は東京市長としてベルリンの次の1940年(昭和15年)のオリンピックを東京に誘致しようと熱心だった[4]。そのためには女子の金メダリストがいれば有利だと考えていたという。

満67歳で死去。辞世は「震災忌我に古りゆく月日かな」[5][6]

人物[編集]

大変な釣り好きとしても知られる[10]。また、日本サッカー協会(当時は大日本蹴球協会)創立時の賛助者として名を連ねている[注釈 1]

後藤新平東京市長の下で(第一)助役を務めた際には、後藤から同じ助役の池田宏前田多門とあわせ「畳」と称され厚く信頼された[注釈 2]

主な職歴[編集]

  • 旧制洲本中学校第3代校長(1902年11月[13] – 1904年9月、26歳で就任)
  • 大分県視学官(1904年9月 – )
  • 京都府警察部長(1913年11月 – )[14]
  • 官選三重県知事(1916年4月[15] – 同年10月)
  • 内務省警保局長(1916年10月[16] – 1918年10月)
  • 東京市助役(1920年12月22日 – 1923年5月29日)
  • 東京市長(1923年5月29日 – 1924年9月8日、1930年5月30日 – 1933年1月25日)
  • 拓殖大学学長(1929年5月 – 1943年9月)[17]
  • 貴族院勅選議員(1918年9月21日[18] – 1943年9月17日)
  • 拓務大臣(広田内閣、1936年3月9日[19] – 1937年2月2日)
  • 鉄道大臣(阿部内閣、1939年11月29日[20][21] – 1940年1月14日)

著書・関連書[編集]

永田秀次郎 名義
昭和5年出版の著書『梅白し  青嵐随筆』より
永田青嵐 名義

栄典[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 大正10年度の大日本蹴球協会会報第1号(大正10年12月現在)に、賛助員としてウィリアム・ヘーグ英国大使館参事官、大谷光明(西本願寺大谷光瑞の実弟でゴルフ場設計に腕を振るった)、および見島叡吉郎と並んで永田秀次郎の名がある[11]
  2. ^ 畳の旧字体「疊」は3つの「田」の下に「宜」があり、後藤はこれをもじって「田」の字を名前に含む永田・池田・前田の3人に市政を任せれば「宜(よろ)しい」と称した[12]

出典[編集]

  1. ^ 越沢明 『東京の都市計画』 岩波新書、1991年、54-55、59-62、86頁。ISBN 978-4004302001
  2. ^ 越澤明 『復興計画 幕末・明治の大火から阪神・淡路大震災まで』 中公新書、2005年、58-67、85-86頁。ISBN 978-4121018083
  3. ^ 越澤明 『後藤新平 大震災と帝都復興』 ちくま新書、192-194、244-256、289頁。ISBN 978-4480066398
  4. ^ 本の万華鏡(第15回)もう一つの東京オリンピック」、『国立国会図書館月報』第636号、2014年3月、 35頁、2018年6月16日閲覧。
  5. ^ ぶらっと淡路島 2010-2011 秋冬、2010年9月15日、淡路島観光協会
  6. ^ 〈小伝〉 永田秀次郎〜淡路初めての大臣〜”. ぶらり散歩 淡路島 歴史の小径. 2013年10月9日閲覧。
  7. ^ 永田秀次郎 「一五、沙魚釣」『青天の白鷺』 敬文館、1921年、229-255 (コマ番号120-133)。2018年6月16日閲覧。
  8. ^ 『九十五点主義』73-86頁 (コマ番号44-51)
  9. ^ 永田秀次郎 「キヤタツ釣り」『処世読本』 大日本雄弁会講談社、1936年、184-187 (コマ番号98-99)。2018年6月16日閲覧。
  10. ^ 著書に息子の亮一と釣りを楽しむ情景を描いている[7]。『九十五点主義』には「釣と句と旅と」という章があり[8]、『処世読本』にも釣師の自慢話を取り上げた[9]
  11. ^ 今村次吉 [Jikichi IMAMURA]”. 日本サッカーアーカイブ. 2018年6月16日閲覧。
  12. ^ 越澤『後藤新平』、193頁。
  13. ^ 叙位及辞令」、『官報1903年01月15日』第5858号、 217 (コマ番号3)、2018年6月16日閲覧。
  14. ^ 叙任及辞令/警保局警務課長ヲ命ズ 内務書記官 永田秀次郎」、『官報. 1913年11月11日』第386号、 222 (コマ番号4)、2018年6月16日閲覧。
  15. ^ 叙任及辞令」、『官報. 1916年04月29日』第1121号、 248 (コマ番号7)、2018年6月16日閲覧。
  16. ^ 大正五年十月十一日/任内務省警保局長/叙高等官二等/三重県知事正五位勲四等 永田秀次郎」、『官報. 1916年10月12日』第1261号、 248 (コマ番号2)、2018年6月16日閲覧。
  17. ^ 歴代総長 > 第四代学長 永田 秀次郎 ながた ひでじろう”. 2018年6月16日閲覧。昭和4年~昭和18年、兵庫県出身。京都大学卒。三重県知事、貴族院議員、東洋協会副会長、東京市長、帝国教育会長、拓務大臣、鉄道大臣、本学学監等を歴任。
  18. ^ 叙任及辞令/大正七年九月二十一日/貴族院令第一条四項ニ依リ貴族院議員ニ任ズ/正五位勲四等 永田秀次郎」、『官報. 1918年09月23日』第1843号、1918年9月23日、 441 (コマ番号5)、2018年6月16日閲覧。
  19. ^ 叙任及辞令/昭和十一年三月九日/従四位勲三等永田秀次郎/任拓務大臣」、『官報. 1936年03月09日(官報号外)』第2753号、 16 (コマ番号34)、2018年6月16日閲覧。
  20. ^ 叙任及辞令/昭和十四年十一月二十九日/従三位勲二等 永田秀次郎 任鉄道大臣」、『官報. 1939年11月29日(物価号外)』第3870号、1939年11月29日、 (コマ番号18)、2018年6月16日閲覧。
  21. ^ ◎親任式/去月二十九日午後三時三十分親任式ヲ行ハセラレ従三位勲二等永田秀次郎ヲ鉄道大臣ニ正五位勲一等秋田清ヲ厚生大臣ニ任ゼラレタリ」、『官報. 1939年12月01日』第3872号、 16 (コマ番号9)、2018年6月16日閲覧。
  22. ^ 河東 碧梧桐 『子規言行録』 吉田精一 [監修]、日本図書センター〈近代作家研究叢書〉、1993年、[復刻版]。ISBN 4820592343NCID BN08698566
  23. ^ 叙任及辞令/大正五年一月十九日/従五位勲五等 永田秀次郎/叙勲四等授」、『官報. 1916年01月20日』第1038号、 313 (コマ番号2)、2015年1月25日閲覧。
  24. ^ 叙任及辞令/昭和十八年九月十七日/従三位 永田秀次郎/叙正三位」、『官報. 1943年09月21日』第5009号、 430 (コマ番号4)、2018年6月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 永田秀次郎 [述] 「區劃整理に就て市民諸君に告ぐ」『帝都土地区劃整理に就て』 工政会 [編]、工政会、東京、1924年、別刷1-15 (コマ番号4)。NCID BB253298452018年6月16日閲覧。 — 演説「区画整理について:市民諸君に告ぐ」の書き起こし
  • ―――― 『永田秀次郎選集』 潮文閣〈精神文化全集〉、1942年NCID BA44487449
  • 越沢 明 『東京の都市計画』 岩波書店〈岩波新書〉、1991年ISBN 978-4004302001NCID BN07030898
  • ―――― 『復興計画 : 幕末・明治の大火から阪神・淡路大震災まで』 中央公論新社〈中公新書〉、2005年ISBN 978-4121018083NCID BA73117487
  • 『永田秀次郎 : 自然体の伝道者』 拓殖大学創立百年史編纂室、拓殖大学、2005年NCID BA72024970
  • 越沢 明 『後藤新平 : 大震災と帝都復興』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2011年ISBN 978-4480066398NCID BB07262709

外部リンク[編集]


公職
先代:
永井柳太郎
日本の旗 鉄道大臣
阿部内閣:1939 - 1940
次代:
松野鶴平
先代:
児玉秀雄
日本の旗 拓務大臣
広田内閣:1936 - 1937
次代:
結城豊太郎
学職
先代:
後藤新平
日本の旗 拓殖大学総長(学長)
第4代:1919 - 1943
次代:
宇垣一成