チャーリー浜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャーリー浜
本名 西岡 正雄
(にしおか まさお)
生年月日 (1942-11-07) 1942年11月7日
没年月日 (2021-04-18) 2021年4月18日(78歳没)[1]
国籍 日本
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市浪速区
言語 日本語
師匠 花紀京
事務所 吉本興業
活動時期 1960年 - 2021年
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
1991年 新語・流行語大賞
テンプレートを表示

チャーリー浜(チャーリーはま、1942年11月7日 - 2021年4月18日[1])は、日本お笑いタレント喜劇俳優である。吉本興業所属。吉本新喜劇の座員であるが晩年の出演は不定期だった。本名は西岡 正雄(にしおか まさお)、旧姓は浜野(はまの)[2]大阪府大阪市浪速区出身。

来歴[編集]

父親は広島県因島の出身で大阪に出て事業を成功させた[3]。実家は大阪日本橋の履物問屋。近畿大学附属高等学校を卒業。

1960年花登筐が主宰する「笑いの王国」に入り(当初は大村崑のそっくりさんとして売り出された)このころに花紀京に出会い花紀の父横山エンタツの自宅に居候で寝食を共にし芸を磨く。その後、「笑いの王国」の先輩で浜が師事していた花紀と共に、1962年6月に吉本興業に移籍。京都花月の「ポケットミュージカルス」に参加したのちに新喜劇に入団。花紀から厳しく鍛えられた。

吉本新喜劇では「アメリカかぶれのキザなお坊ちゃん」「キザなヤクザ」などの役どころが多く、大阪離れした奇異な言葉遣い(「…じゃあ~りませんか」など)で印象をつけた後、劇の最後に大阪弁をまくしたててオチをつける、というコントラストで人気を得た。

元は「浜裕二」を名乗っていたが、1989年に事務所が東京へ進出及び「新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」の際、アメリカのテレビドラマ『チャーリーズ・エンジェル』にちなんで改名。「チャーリーズ・エンジェル」映画版の公開時には、「チャーリー浜ズ・エンジェル」として宣伝に参加した。

1990年1991年には2年連続でNHK紅白歌合戦に応援合戦で出演。

1991年、自身も出演したサントリー「ポケメシ」のテレビCMで、新喜劇で長く使われていたギャグ「…じゃあ~りませんか」が全国区のブームに。同年の第8回日本新語・流行語大賞(自由国民社)で年間大賞に選出され、同時進行で行われていた吉本興業の東京進出に大きく貢献、初の東京公演や全国ネットでも新喜劇が大きく取り上げられるなど、新喜劇ブームの火付け役となった。これをきっかけに、新喜劇では重鎮ポジションに昇格した。

師匠の花紀や弟弟子にあたる間寛平と同様、南海時代からの熱心なホークスファンとして知られ、南海時代にはなんばグランド花月の近くにあった大阪スタヂアムで開催されていたファン感謝デーへ毎年のように参加していた。また、1999年のダイエーホークス優勝時にはスポーツ新聞にファン代表の一人としてお祝いの言葉を寄稿した。

自宅でハリハリ鍋を食べていた際、酒に酔った浜がトイレへ行こうとして足でガスコンロの栓を外してしまい、そのままガス漏れで一時意識不明となって入院した。復帰後の舞台で、後遺症のため「ごめんください」「ありがとう」「こんにちは」がまともに言えず、自暴自棄で酒を飲み二日酔いで立った翌日の舞台で「ごめんください」を「ごめんくさい」と言い間違えてしまったことが、新ギャグ誕生・ブレイクのきっかけとなった[4]松本人志は『放送室』の中でこの「ごめんくさい」を好きな一発ギャグとして挙げ、まだ全国区のギャグとして認知される前の気の抜けた言い方が良いと語っている。

横山やすしオール巨人中田カウスと並ぶスパルタ吉本芸人として知られ、『アメトーーク』の企画としておぎやはぎ小木博明が新喜劇の舞台に立った際にも他のメンバーが優しく指導している中で一人厳しく接していたほか、「山田花子をビンタした」「舞台中にセリフの順番を間違えた上ごまかそうとしたアドリブもすべってしまい客の失笑を買った若い芸人に『お客さんや、お客さんを笑わせるんや。お客さんから笑いをもろうてどうするん』『失敗は誰でもある。お客さんはこの1回しか舞台を見れないかもしれない。真剣勝負なんや』」と諭した、などの逸話を持つ[5]

このため、「他人には厳しいが、自分にはとことん甘い」と他の新喜劇メンバーからは批判されることも多い。一方ファンサービスには非常に熱心で、街中などで声をかけられるとギャグを披露するなど、プライベート面での評判は良いといわれる[5]

晩年は新喜劇には1か月に1週から2週ほど出演するが、若手(「金の卵」組)並みに出演時間が短くなっている。ストーリーの本筋にさほど影響しない役柄(主に村長や町内会長役)で、持ちギャグを披露して3分ほどで退場することがほとんどである。2010年以降はNGKでの出演はほとんど無く、祇園花月や地方公演に出演のみとなっている。これはNGKだと一日のうちに新喜劇の公演が多いときで4回あり、拘束される時間が長いことに対して不満があったためである[6]。以前のような新喜劇での活躍を期待する声も多く、もう少し舞台に積極的に出てはどうか、と言う批判も少なくなかった。

このような自ら舞台へ溶け込もうとしない姿勢については、積極的に若手と交流する桑原和男と意見が対立しているとも言われ、前出の「他人には厳しいが、自分にはとことん甘い」態度の表れと見なす者もいた。小籔千豊は『オールザッツ漫才2005』においてほぼ名指しに近い形(名前は伏せたが語尾に「じゃあ~りませんか」を付けていた)の浜批判ネタを行った。 2005年12月20日に大阪のシアターBRAVA!で開かれた「ファン感謝祭」では、小籔進行によるフリートークコーナーで「もう帰っていいですかね」と発言。レイザーラモンHGに対して「お前はものすごいスピードで間違った方向に進んどるわ」と発言した際も、「面白いやん」と肯定する桑原と意見が対立した。ファン感謝祭以降、浜と桑原の共演機会はなくなり、2006年7月の公演で久々に両者が出演した際も、同時に舞台に立つシーンは無かった。

毎年の確定申告は大抵初日に一番乗りで行っており、「あなたどなた? 僕チャーリー」のギャグで職員がコケるシーンや、「確定申告は早めに済ませようじゃあ~りませんか」と締め括るシーンが、関西圏のニュースで例年取り上げられている。

前述のとおり、顔が大村崑に似ていたために、無名時代『頓馬天狗』の殺陣のシーンでは一部代役を行った経験があり、また最終回では、頓馬天狗に間違えられて捕らえられる者の役で、台詞付きで出演もしている。それが縁で後に舞台で「ザ・コンチャンズ」として共演したこともある。浜自身、大村を師匠と呼んで慕っており、その際に大村から受けた「下品なネタはするな」「シモネタはするな」「舞台で弱者を苛めて笑いを取るな」の教えを終始、頑なに守っていた。

最後の仕事は、2020年3月30日よしもと祇園花月で開催された配信イベント「チャーリー浜をもっと知ろう!」であった[7]

2020年7月に体調を崩す[7]2021年4月18日呼吸不全誤嚥性肺炎のため大阪府 大阪市内の病院で死去[1][8]。78歳没。

人物・逸話[編集]

  • 自分の弟子以外の芸人に「師匠」と呼ばれることを非常に嫌い、呼ばれると「師匠言うな、馬鹿野郎!」などと激怒する。そのため「チャーリー」、「チャーリーさん」と呼ばれている[9]
  • 祇園花月の楽屋の片隅に自分のスペースを持っており、そこからドアまでの動線に荷物を置くと室伏広治ばりの大声を張り上げて天井にぶち当たるぐらい投げる。また、楽屋の出入口に大量に並べられている靴で足の踏み場がないときは、靴を蹴散らすとのこと[9]
  • 祇園花月の空き時間は皆出払ってしまうため楽屋に一人でいることが多い[10]
  • 京都の有名な老舗パン屋「志津屋」で、カルネというフランスパンの間にハムとスライスオニオンを挟んだパンを幾つか買って、それを新喜劇の後輩達に与えているがなぜか一部の漫才芸人(ブラックマヨネーズ千鳥大悟、ダイアンなど)には与えない。すっちー曰く、「自分が本物と認めた芸人しかもらえない」。また、千鳥ノブはカルネを「おい、そこのほら、漫才」と言って渡され、大悟は「お前にはやらん!」と言われもらうことができなかった。しかし、これはボケであり声のボリュームがボケに聞こえないだけであるという[11][12]
  • 兄がいる。兄が若手座員の瀧見信行に似ているという。
  • 競馬が趣味である。シャンプーハットてつじが競馬の予想を当てないことを怒っている[13]
  • 清水けんじによると、楽屋でパンツ姿になりながら「ワシ今日ズボン穿いてきたんかな」と言いながらとうろついていたことがある。

主なギャグ[編集]

共演者がコケるギャグ
  • 「ごめんくさい」「あ、こりゃまたくさい」「あーくさ~(「セッシボン」「長万部」「シャングリラ」「祇園花月」の時もある。静岡県の営業で、「エスパルス」と言った時はすべったと藤本敏史が語っている[14]。)」→他の人がコケたのを見て「ありゃりゃ?みなさんお若いのに足腰弱いですね~[15]
  • 「君たちがいて、僕がいる」
  • 「君たち元気かい? 頑張ってるかい? そうかいそうかい瀬戸内海
  • 「…じゃあ~りませんか」
  • 「どこ(いずこ)へ~?」
  • 「あなた○○さん? 僕チャーリー」
  • 「あのさ、僕さ、どっこいさ」
  • 「実はサ、僕サ、ぁホイサッサ♪」
  • 「肝心なことを言い忘れたわ」→「…あ、どうもっ♪」
以下のギャグは共演者がコケない場合がほとんど
  • 「馬鹿なこと言っちゃ~、あ、いけないよ」
  • 「私、○○(会長・社長他)をなさっております…」
  • 「アンドレと申します。おんどれ(ら)は?」
  • 「初めての初対面ですな」
  • 「何たることをサンタルチーア」
  • 「朝夕めっきり冷え込んで参りました今日このごろ、如何お過ごしでございましょうか?」
  • 「網走から小走りでっ…」

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー番組
単発番組

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]


CM[編集]

その他の出演[編集]

作品[編集]

CD[編集]

吉本新喜劇オールスターズとして

YSPオールスターズとして

  • ECSTACY-OSAKA
  • ECSTACY TKREMIX|ECSTACY TK(小室哲哉)REMIX

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 吉本新喜劇のチャーリー浜さん死去 78歳 「…じゃあ~りませんか」ギャグなどブームに”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年4月21日). 2021年4月21日閲覧。
  2. ^ よしもと新喜劇 座員紹介 第20回 チャーリー浜”. MBS. 毎日放送. 2021年4月21日閲覧。
  3. ^ “吉本新喜劇因島公演 因島と縁深いチャーリー浜さん”. せとうちタイムズ. (2005年1月22日). http://0845.boo.jp/times/archives/11810 2021年4月22日閲覧. "父親正太郎さんは因島市三庄町出身で大阪に出て事業を成功させた" 
  4. ^ 素のよしもと』『ごきげんライフスタイル よ〜いドン!』などで語られた。
  5. ^ a b 「ごめんくさい」のチャーリー浜さんが記者に見せた意外な素顔(2/2)”. AERA.dot. p. 2 (2021年4月22日). 2021年4月23日閲覧。
  6. ^ 2013年11月3日放送の「なるみ・岡村の過ぎるTV」での、すっちーの発言より
  7. ^ a b 吉本新喜劇のチャーリー浜さん(78)が18日に死去”. テレ朝news. テレビ朝日 (2021年4月21日). 2021年4月21日閲覧。
  8. ^ タレントのチャーリー浜さん死去 「〜じゃあーりませんか」で人気”. 一般社団法人共同通信社 (2021年4月21日). 2021年4月21日閲覧。
  9. ^ a b 2016年5月3日放送 ケンゴローサーカス団での「チャーリー浜の不可解な言動」より。
  10. ^ 2013年3月15日放送 くせになるややこしさ ブラックマヨネーズのハテナの缶詰より。
  11. ^ 2012年12月28日放送 八方・今田の楽屋ニュース2012の千鳥の発言より
  12. ^ 今ちゃんの「実は…」清水けんじの発言より。
  13. ^ 2016年8月21日放送 新喜劇4時間スペシャルのシャンプーハットてつじの発言より
  14. ^ 2012年5月8日のテベ・コンヒーロにて
  15. ^ 「けったいな挨拶するから」もしくは「こかしたから」などと主に座長からツッコミが入る。

外部リンク[編集]