リポーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レポーターから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

リポーターまたはレポーターとは現場にて取得した情報を報告する人。

名称[編集]

英語reporter英語発音: [riˈpɔːrr]ータ)に由来し、各国語に外来語として取り入れられた。例えばフランス語には reporteurフランス語発音: [rəpɔrtœːr] ルポルトゥール)という言葉があったが、英語から入った外来語として reporterフランス語発音: [rəpɔrtɛːr] ルポルテール)も用いられている。

日本語には「記者」という言葉があるが「レポーター」「リポーター」の双方の表記が定着。因みに日本新聞協会加盟の新聞社放送局および日本雑誌協会加盟の出版社は「リポーター」に統一している[1]

概要・ジャンル[編集]

「手に入れた情報加工を伴わない情報提供者」が原義だが「自ら取材した情報」を新聞テレビ雑誌などマスメディアを通して一般市民に伝える人」が一般的である。

一方で、数人で結成される「取材班が取材を担当」し、リポーターは伝える部分に専念するという分業制がなされる場合もある。この場合リポーターには、より分かり易く、あるいは、より娯楽性を伴わせて伝えることが要求される。ワイドショー情報番組情報誌などでは、伝える部分に特化したリポーターが多く見られる。

得意とする分野ごとに住み分けられている場合も多い。

リポーターという職業につく者の前職は、記者アナウンサー芸能人モデルアイドルなど様々であるが、日本において技術や人気があるリポーターは新聞社・テレビ局などのマスメディアに所属せず、芸能事務所に所属している場合も多い。スポーツリポーターに関しては、元選手もかなり含まれる。放送席には別にMC(司会)や実況担当者を置いていることも多い。

使用されるマイクは多様だが、中でもハンドマイクを握っていると「安心する」[3]、「格好がつく」(水着の場合では違和感)[4]、などという意見がある。

脚注[編集]

  1. ^ 共同通信社発行「記者ハンドブック」の「外来語表記」欄を参照。
  2. ^ ヘルメット姿のびしょ濡れ台風レポーター目障りなだけ!必要な情報と映像しっかり伝えろ - J-CASTテレビウォッチ(文 ヤンヤン)
  3. ^ 愛するマイク - 山口始歩ブログ
  4. ^ ハンドマイクかガンマイクか?? - Video-Cam バイブル

関連項目[編集]