毒まんじゅう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

毒まんじゅう毒饅頭、どくまんじゅう)とは、の入ったまんじゅうのこと。

史話の毒饅頭[編集]

慶長16年(1611年3月徳川家康豊臣秀頼二条城での会見の直後、会見場で秀頼を護衛した加藤清正が急死する。それを受けて、まことしやかな「毒饅頭暗殺説」が巷間ささやかれ、後に歌舞伎の題材にもなった。

それによると、家康は会見場において秀頼の毒殺を図り、意を受けた腹心の平岩親吉は遅効性の毒のついた針を刺した饅頭を自ら毒見した上で秀頼に勧めたが、それを察した清正は自ら毒饅頭を食べてしまい自分の命と引き換えに秀頼を守ったという。

史実においても清正と平岩は会見後に死去している。しかし、清正が死去したのは同年6月24日であり、平岩の死去は12月30日であることから、同じ毒の影響にしてはあまりにも差があること、またこのような遅効性の毒は知られていないため歌舞伎の内容は俗説と見られている。また、この会見から2年ほどの間に浅野幸長池田輝政など、会見に参加した豊臣氏恩顧の大名が死亡しているが、これらについても毒殺であるという憶測がたてられることがある。

政界・業界での例え[編集]

旨そうな話に乗り相手の術中に落ちてしまうことを例えて、「毒まんじゅうを食う」と言う。悪徳グループの仲間入りをすることを揶揄した言葉。東京佐川急便事件以来、賄賂(特に人事を約束するもの)受け取ることの隠語でもある。

2003年の橋本派[編集]

2003年平成15年)の自民党総裁選挙において、橋本派の会長代理である村岡兼造が自派の藤井孝男ではなく森派小泉純一郎を支持したことに、野中広務が「(村岡氏は)毒まんじゅうを食らったのではないか」と発言した。村岡は「私は毒まんじゅうなんか食べてない。食べたら死にます」と強く否定した。2003年第20回「流行語大賞」年間大賞を受賞した。また、当時テレビ朝日の記者が、村岡兼造の自宅前にまんじゅうを置いて激怒させたという。

名指しされた村岡は、2003年衆院選で落選し引退。その後、橋本派の日歯連闇献金事件で刑事訴追された(一審で無罪、二審では有罪となり、2008年(平成20年)最高裁上告棄却され、禁錮10ヶ月・執行猶予3年が確定)。

野中は、流行語大賞授賞式で「上手に食った人もいるが、食い損ねて大変な傷を負った人もいる」と皮肉った。

2008年の菅直人[編集]

2008年(平成20年)、菅直人民主党代表代行が東京都町田市の街頭演説会で、麻生内閣景気対策として提案している定額給付金を『毒まんじゅう』として「(通常国会召集の日までに)毒まんじゅうを分離する予算修正案を用意し、国会に出したい。毒まんじゅう分離法案野党で通して雇用対策などを実行し、解散して国民信を問うべきだ」と語った[1]

同和対策事業[編集]

同和対策事業実施のよりどころとなった1965年に出された内閣同和対策審議会(同対審)の答申に対する評価をめぐって部落解放同盟日本共産党が対立し、後者は同対審答申を「毒まんじゅう」と批判して答申の受け入れと事業の実施を主張する前者と袂を分かった。

饅頭の名称[編集]

  • 北海道室蘭市にあるチキウ岬(地球岬)のお土産に「炎の毒まんじゅう」があり、一つだけ激辛のまんじゅうが混ざっている。
  • 沖縄県の土産に「ハブの毒まんじゅう」というものがある。これも一つだけ唐辛子が入った激辛まんじゅうが入っている。
  • 仙台市の(株)松栄堂の菓子「どくまんじゅう」は、独眼竜(伊達政宗)の独を由来にしており、毒とは関係ないが、伊達家のお家騒動(伊達騒動)を描いた歌舞伎の演目「伽羅先代萩」には、毒饅頭の場面が出てくる。

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』2008年12月24日

関連項目[編集]