有田義資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有田義資

有田 義資(ありた よしすけ、1854年1月24日(嘉永6年12月26日[1] - 1940年昭和15年)8月12日[2])は、幕末佐賀藩士明治大正期の内務官僚政治家県知事津市長、錦鶏間祗候

経歴[編集]

佐賀藩士・有田伝蔵の長男として佐賀城下水の江に生まれる。藩校弘道館で学ぶ。戊辰戦争に従軍し、会津戦争に小隊副指令(嚮導)として参加。

1875年明治8年)1月、内務省に入り地理寮雇となる。以後、栃木県師範学校副幹事、栃木県八等警部島根県警部、福島県警部、青森県属・庶務課長、同県警部、青森県警部長埼玉県警部長福岡県警部長山口県警部長、島根県・大分県岡山県の各書記官などを歴任。

1900年(昭和33年)4月、徳島県知事に登用された。以後、福島県知事群馬県知事三重県知事を歴任した。1911年(明治45年)9月、三重県知事を辞して退官した。1916年(大正5年)2月9日、錦鶏間祗候となる[3]。同年10月14日、津市長に就任した[4]

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「有田義資三重県津市長就任ノ件」
  2. ^ 『官報』第4083号、昭和15年8月15日。
  3. ^ 『官報』第1056号、大正5年2月10日。
  4. ^ 『官報』第1264号、大正5年10月16日。
  5. ^ 『官報』第4436号「叙任及辞令」1898年4月18日。
  6. ^ 『官報』第5106号「叙任及辞令」1900年7月11日。
  7. ^ 『官報』第7581号「叙任及辞令」1908年10月1日。
  8. ^ 『官報』第5395号「叙任及辞令」1901年6月28日。
  9. ^ 『官報』第6595号「叙任及辞令」1905年6月26日。
  10. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。

伝記[編集]

  • 中野邦一編、有田満寿著『有田義資翁』有田満寿、1943年。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 高橋哲夫『ふくしま知事列伝』福島民報社、1988年。
  • 内閣「青森県警部有田義資警部長ニ昇任ノ件」明治20年。国立公文書館 請求番号: 本館-2A-018-00・任A00156100
  • 内閣「有田義資三重県津市長就任ノ件」大正9年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-019-00・任B00943100